高カロリー食で痩せる!?MEC食ダイエットの効果、失敗しないやり方とは- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

高カロリー食で痩せる!?MEC食ダイエットの効果、失敗しないやり方とは

2019.4.3

食事制限ダイエットは、辛くて続かないという方は多いはず。そんな方にオススメなのが、MEC食ダイエットです。MEC食はしっかり食べられて、痩せることができる食事法です。今回はMEC食とは何か、どのように食べればいいのかについて紹介していきます。

しっかり食べて痩せられるMEC食

ダイエットというと、食事制限を思い浮かべますよね。しかし、食事制限はストレスが溜まり、長続きせずダイエットが失敗に終わったという方は多いと思います。

ダイエット中でも、できるだけしっかり食べて痩せられる夢のようなメニューがあれば嬉しいですよね!実は、そんな食事があるのです。それが、今回紹介するMEC食というものです。

MEC食は、Meet(肉)、Egg(卵)、Cheeze(チーズ)の頭文字をとったもので、これらの食材をメインに食べる食事のことをいいます。

チーズは脂質が多いですし、お肉もヘルシーなイメージがないですが、どうしてMEC食はダイエットによいのでしょうか。今回はその理由や、実際にどのようにダイエットに取り入れればよいかを紹介していきます。

10のことを辞めるだけ。みるみる痩せる簡単な方法

MEC食で痩せられる理由

チーズ

まずはMEC食とは一体何か、どうして痩せられるのかを紹介していきます。

1、タンパク質が豊富でエネルギー消費が増える

冒頭でも述べた通り、MEC食は、お肉、卵、チーズをメインに食べる食事の方法です。この3つの食材に、タンパク質が豊富に含まれていることがダイエットに有利に働きます。

食事を食べ、栄養素を吸収するためには、エネルギーが必要となります。つまり、カロリーを消費することで、体内に栄養素を取り込んでいます。このように、栄養素の消化吸収で消費されるエネルギーのことを「食事誘発性熱産生」と言います。

食事誘発性熱産生は、栄養素の種類によって異なり、糖質や脂質に比べ、タンパク質は食事誘発性熱産生が5倍にもなります。タンパク質を多く含むMEC食を食べることで食事誘発性熱産生を高め、ダイエットに繋げることができるのです。

2、炭水化物、おやつを自然と控えられる

タンパク質を食べるメリットは他にもあります。それは、満足感を得やすいということ。腹持ちが良いので、ご飯や麺類といった炭水化物を食べなくても満腹になります。また、おやつを食べたくなる衝動にかられることもなくなります。

ダイエットにおいて最も重要なのは、無駄なカロリーを摂取しないということ。これに尽きます。良質なタンパク質源をしっかり食べることで、辛い思いをせずに食事制限をすることができるのです。

3、消化力アップ&満腹中枢を刺激

MEC食ダイエットでは、食べ方にも注意があります。それは、1口あたり30回咀嚼して食べるというものです。特に肉は、意識しなくても良く噛むことになりますよね。

噛むことは、ダイエットによい効果を発揮してくれます。よく噛むことで唾液が分泌され、消化力が高まります。また満腹中枢も刺激され、適量で満足することができます。

MEC食は糖質制限ダイエットと何が違うの?

「ダイエットというと糖質制限」というほどに、糖質制限の認知度は高まってきていますよね。今回紹介してきたMEC食は、糖質制限で食べていい食材ばかり。そこで気になるのが、MEC食と糖質制限とでは、何が違うのか、ということではないでしょうか。

MEC食は、糖質制限の一種と考えておけばよいと思います。糖質制限の中にMEC食がある、というイメージです。

一つ違いを挙げるとすれば、MEC食は30回咀嚼してから飲み込む、という食べ方のルールがあることです。また、MEC食のメリットは、とにかく分かりやすいということではないでしょうか。

糖質制限は、糖質を含まないものを食べる、という方法で、消去法的に食材を選ばなければなりません。スーパーで買い物をしているシーンを思い浮かべてみてください。糖質制限の場合はお肉や魚、野菜、ドリンクなどそれぞれのコーナーで、この食品には糖質が含まれているのか、ということを確認して買わなければなりません。

しかしMEC食の場合は、すでにお肉、卵、チーズと買うものが決まっているので、分かりやすく、間違えた食材を選んでしまう心配がありません。

今すぐメモ!糖質制限中に買うべき食材10選

MEC食ダイエットの実践方法

MEC食の食材

さて、ここからはダイエットにどのようにMEC食を取り入れればいいのかを紹介していきます。

・準備する基本の食材

MEC食を食べるにあたって準備する1日分の食材は以下になります。

お肉・・・200g
卵・・・3個
チーズ・・・120g (6Pチーズ1パック分)

糖質制限の場合は食材がたくさんあったり、どの食材を使ったらいいか分からなくなりますが、MEC食はこの3つでOKです。シンプルで分かりやすいですね。

カロリーを計算してみると以下の通りです。

お肉(200g)・・・約500kcal
卵(3個)・・・約250kcal
チーズ(120g)・・・約350kcal
合計:約1100kcal

女性が1日に消費するエネルギーは約2000kcalと言われているので、これだけ食べても、1日に必要なカロリーの半分と少ししか食べていない、ということが分かります。

・他の食材も食べてOK

基本的には1日で、紹介した食材と量を食べますが、満腹感が感じられなかったら、他のものを食べても構いません。糖質が多いものも食べてOKです。実際これだけの食事だと栄養も偏ってしまうので、野菜やご飯(できれば玄米!)を一緒に食べましょう。

ただし、30回咀嚼してから食べる、というルールは崩してはいけません。

・穀物が苦手になる!?

また、一度食べてみると分かりますが、糖質が多いものは穀物から作られているので、噛んでいるうちに粉っぽい味になってきます。パンやクッキー、麺類などがそうです。そのため、MEC食に慣れてくると自然と糖質を避けて食べるようになっていきます。

MEC食に足りない栄養素は?

MEC食はとても分かりやすい食事で、実践しやすいですね。しかし、一つ心配になるのが、足りなくなる栄養素はないか、ということですよね。

実は、この3つの食材のみ食べていると不足する栄養素が一つあります。それが、ビタミンCです。

卵は栄養素の宝庫と言われる食材で、特にタンパク質やビタミンD、亜鉛、鉄などの栄養素が豊富に含まれています。そんな卵ですが、実はビタミンCはほとんど含まれていないのです。

お肉も同様に、タンパク質やビタミンB群などは豊富に含まれていますが、ビタミンCは含まれていません。チーズにもビタミンCが含まれていません。

その他に、食物繊維も不足しがちになります。食物繊維が不足すると便秘気味になるので、腸内環境の悪化にもつながってしまいます。野菜を食べることも意識してみましょう。

・キウイがおすすめ!

これら2つの栄養素を同時に補える食品が、キウイです。フルーツにはビタミンCが多いというイメージがあると思いますが、キウイは、フルーツの中でもトップクラスにビタミンCが多いフルーツなのです。

また、キウイには100gあたり約3gの食物繊維が含まれているので、ビタミンCと同時に食物繊維も摂取できます。

また、食物繊維が多く含まれているものには、海藻類が挙げられます。カロリーもほとんどないので、太る心配なく食べられますね。栄養素の不足が気になる方はこうした食品も取り入れてみてください。

MEC食ダイエットで失敗しない方法

卵

MEC食を取り入れることでダイエットになりますが、中には太ってしまう人もいるようでうす。失敗してしまわないように、注意事項を紹介していきます。

・赤身肉、鶏むね肉を食べる

MEC食の指す肉に、細かい定義はありませんが、脂の多い高カロリーな肉ばかりを食べていると太りやすくなってしまいます。おすすめは赤身肉。もしくは鶏胸肉を食べるようにしましょう。

ラム肉で痩せたってホント?太る人もいる!?ラム肉のカロリーを部位別に比較

・飲み物はノンカロリー

MEC食で足りない場合は、他の食材を食べても良いと紹介しましたが、飲み物には注意が必要。清涼飲料水や甘いカフェラテなどには、砂糖がたっぷり使われています。食事はMEC食を中心にしているのに痩せないという方は、飲み物の選択で失敗している可能性がありますよ。ノンカロリーの水、お茶、ハーブティーなどを飲むようにしましょう。

白湯とコーヒー、ダイエットに良いのはどっち?痩せる飲み方は?

・シンプルなチーズを選ぶ

チーズ売り場にいくと様々な種類のチーズが売られていて、中にはデザートとして食べるための甘いチーズもあります。MEC食を実践する場合は、そういったチーズは避けるようにしましょう。シンプルなプロセスチーズ(6Pチーズ、スライスチーズなど)、ナチュラルチーズ(カマンベール、モッツァレラ、チェダーなど)にすることがダイエット成功の秘訣です。

・ストイックになりすぎない

肉、チーズ、卵を食べるMEC食ダイエットですが、ストイックにそれだけを食べる生活をしているとストレスが溜まり、長続きしません。厳しい糖質制限になってしまうので、体に不調が生じてしまうこともあるでしょう。

糖質を全く摂らないのではなく、1日1食はご飯を食べるなどして、エネルギーをしっかり補給しましょう。辛い思いをしないことがダイエットを長続きさせるコツですよ。

 

MEC食でしっかり食べてダイエット!

今回は、しっかり食べて痩せられるMEC食について紹介してきました。MEC食は、お肉、卵、チーズの3つの食材をメインに食べる食事で、食べる際には30回咀嚼してから食べる、という食事の方法です。MEC食は体を作るタンパク質もしっかり摂れるので、健康的に痩せることができます。これまで食事制限に失敗してきた、しっかり食べてダイエットを行いたい、という方にオススメの方法ですので、ぜひ試してみてください。

text:中野卓
スポーツ栄養学を専攻する大学院生。現在はトレーニングによるミトコンドリアの適応を促進させる栄養素について研究を進めている。水泳は、選手歴10年以上。筋トレが日課。アロマテラピー検定1級取得。

LINE@友達追加

美尻特集

オトナ恋愛部特集

ライター募集

RANKING

人気の高い記事をご紹介!
お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。

KEYWORD

人気のキーワードをご紹介!

common instagram

    View on Instagram