common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

寒い冬は実は痩せやすい!?冬ダイエットの効果的な始め方

2019.12.30
冬ダイエットの始め方

最近どんどん寒くなってきましたね。冬は部屋にこもってしまい、太りそうというイメージがありますが、実は寒い冬は痩せやすい時期なのです!今回は、スポーツ科学と栄養学を専門とする筆者が、寒い冬に効果的なダイエットの方法を紹介します。

「これで3kg痩せました」ダイエット成功者が食べていた食べ物とは?

冬にダイエットを始めるメリット

意外と知られていませんが・・・冬こそダイエットを始める絶好のチャンスなんです!まずは、冬にダイエットを始めるメリットをご紹介していきます。

冬と女性

1、余裕を持ってダイエット計画を立てられる

夏の直前にダイエットを始めたけど思うように痩せずに、体型が気になるまま、海やプールに行ったという苦い思い出があるという方は多い方でしょう。

ダイエットは、短期ではあまり成果がでません。1か月で激やせしようとして食事を減らしても、ストレスが増えるだけで、結果的にはリバウンドしてしまいます。

体脂肪を減らしてボディラインを変えるには、最低でも3か月は必要です。

冬からダイエットを始めると、夏まで半年近くあるのでかなり余裕を持ってダイエットに取り組むことができます。時間をかければ、無理のないダイエットプランで痩せられるので、精神的にもヘルシーでいられます。

2、年末年始の食べ過ぎを抑えられる

年末年始には忘年会や新年会が多くあり、つい食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまいますよね。またお正月には親戚が集まってお酒を飲んだりするので、そこでも食べ過ぎてしまうこともあると思います。

しかし冬からダイエットを始めていると、「ダイエットをしている」という意識があるので自然と食べ過ぎや飲み過ぎを防ぐことができます。

年末年始は太りやすいイベントが続きますが、冬からダイエットを始めることでそうしたイベントで太ってしまうのを防ぐことができます。周囲と差をつけるなら、冬なのです!

冬は1年の中で最も代謝が高い!

冬のベッド

さらに、冬は1年の中で最も人間の代謝が上がる季節です。なんとなく「冬は太りやすい」というイメージがあるかもしれませんが、実はその逆で「冬は痩せやすい」のです。

冬は気温が下がるので、必然的に体温も下がっていきます。しかし体温が下がると体がうまく機能しないので、そうしたことを防ぐために自然と体は体温を上げようとします。

体温を上げるためにはエネルギーが必要となります。エネルギーを作るには代謝を上げる必要があるので、冬は代謝が高くなります。

冬にダイエットを始めると、代謝が上がった状態でダイエットに取り組むので他の季節よりも痩せやすいと言えるでしょう。痩せやすい冬をみすみすと見逃すなんてもったいないですね!

冬にみんな太ってしまう1番の理由

代謝が高い=消費カロリーが増えるので、ダイエット効果が高い時期なのに、冬に太ってしまうという方は多いですよね。その一番の理由は、美意識の低下ではないでしょうか?

冬は、春や夏に比べてボディラインが隠れる服が多く、海に行く機会もありません。春や夏には「食べ過ぎたら太るから控えないと」と思っている方でも、冬は「まぁいいか」となってしまいがちです。

そして寒いので家にこもりがち。さらにさらに、夏バテなどの症状がないのでいつでも食欲が旺盛な状態です。

そのまま何となく好きなもの食べていると太ってしまいます。冬に太らないために、一番大事なのは、「意識」を持つことなのです。

冬に取り組みたいダイエット方法を紹介

スパイス

痩せやすい冬にこそダイエットに取り組みたいですが、どのような方法が効果的なのでしょうか。オススメのダイエット方法をご紹介していきます。

1、鍋ダイエット

冬はおでんやお鍋がおいしい季節ですよね。冬に食べたくなるおでんやお鍋を使ってダイエットをしましょう。

おでんは大根やはんぺん、こんにゃく、しらたきなどヘルシーな具材が多いです。おでんを食べる際はウインナーや餅巾着といったカロリーが高い具材を避けるとほとんどカロリーを摂取しないのでダイエットに最適な料理です。

またお鍋も具材次第ではあまりカロリーを摂取することがありません。白菜やネギ、大根、人参など野菜を中心としたお鍋にすればカロリーを抑えながらおいしく食べることができます。

体が温まる上にヘルシーでおいしく食べられるなんて嬉しいダイエット方法ですね。

鍋で太る原因はやりがちなアレ!鍋ダイエット成功のコツを管理栄養士が伝授

2、スパイスで体を温める

冬は体を温める食べ物をできるだけ食べたいですよね。体を温めてくれる食材にスパイスが挙げられますが、スパイスもダイエットに有効です。

スパイスの中には交感神経を活性化してくれる栄養素が含まれています。交感神経が活性化されるとエネルギー消費が促され、多くのカロリーを消費してくれます。

スパイスの種類としては唐辛子やシナモン、ブラックペッパー、山椒、生姜などがオススメです。

辛いものは体を温める効果があるので、寒い冬こそ体を温めてくれる辛い食べ物を意識して食べましょう。

3、寒いけど早く起きる

朝は特に気温が下がっていてずっと布団にくるまっていたくなりますが、朝早く起きる習慣をつけることで痩せやすい体質になれます。

朝早く起きると、布団の中でくるまっているのと比べて1日の中での活動力が増えるので、ダイエットに繋がります。

また朝早く起きることで朝日を浴びられるので、体内時計がリセットされます。布団にくるまったままだと体内時計がリセットされず、どんどん時計の針が狂っていきます。

この状態が長く続くと脂肪を溜め込みやすい体質になるので、朝はできるだけ早く起きて太陽の光を浴びるようにしましょう。

食欲が消える!?たった朝5分の習慣でストレス太りは防げる

4、お家で筋トレ

冬は外が寒いので外を走ったりジムに行くという気力が起こらないと思います。そんな時は、自宅でトレーニングに取り組みましょう。

自宅でトレーニングを行うことでエネルギーを消費できるだけでなく体を温めることもできるので、暖房代の節約にもなります。

自宅で取り組むトレーニングとしては筋トレがオススメです。特に大きな筋肉を鍛えるスクワットはエネルギー消費が大きい運動なので積極的に取り入れると痩せやすいです。

筋トレを行うと筋肉が刺激されて基礎代謝が上昇します。基礎代謝が上昇すると1日に何もしなくても消費するカロリーが増えるので、痩せやすい体質になれますよ。

小尻じゃ満足しない!ボリュームヒップが欲しい人向けトレーニング

 

寒い冬ならではのダイエットで効果的に痩せよう!

今回は、寒い冬にこそ取り組みたいダイエット法について紹介してきました。冬は太りやすいと思っている方も多いですが、実は冬は1年の中でも痩せやすい時期なのです。

今回紹介したダイエット法は、寒い冬ならではの方法ばかりです。痩せやすい冬こそ紹介してきたダイエット法を取り入れて脂肪を減らしていきましょう。

監修・執筆:中野卓
大学では栄養学、大学院では運動生理学を専攻。現在はスポーツ科学の研究に携わる。プライベートでは筋トレが日課。ダイエットやトレーニングに関する情報を発信していく。

Posted by kamoshita