common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

空腹を“感じる”だけ!空腹ダイエットで痩せる具体的な方法

2019.12.28
空腹ダイエット

空腹を活かしたダイエットは、一部の医師や専門家からも支持されていて、多くの現代人に有効なようです!しかし間違った方法だと、空腹で太ってしまうこともあるみたい。今回は、空腹でしっかり痩せるためのダイエット方法、注意点などをご紹介していきます。

飲むだけで2キロ痩せた!味噌汁ダイエットに挑戦して感じた効果とは

空腹でダイエットできる理由

そもそも、空腹時間をつくることで痩せる、ダイエットができると言われるのはなぜでしょう。空腹でダイエットできる理由には、こんなことがありました。

1、食べ過ぎを辞めることができるから

多くの現代人は、食べ過ぎの状態が続いています。空腹になる前に食べるということは、今の体にとって必要以上のエネルギーを摂取しているということ。使われずに余ったエネルギーは脂肪になってしまうので、太ることになります。

空腹時間をつくることで、この食べ過ぎを防ぐことができます。

2、内臓を休ませることができるから

空腹を感じる間もなく、365日食べ続けていると、胃腸が疲労していきます。すると、消化不良が起きやすくなり、代謝も下がってしまいます。

内臓機能を活性化させ、代謝の良い痩せやすい体になるためにも、空腹時間は必要なのです。

3、脂肪をエネルギーに変えるから

食べ物からエネルギー補給がない状態が続くと、代わりに脂肪がエネルギー源と使われていくと言われています。空腹時間をつくれば、脂肪が燃焼されやすくなり痩せることができるのです。

成人のカロリー消費量ってどれくらい?男女別・年代別にご紹介!

嘘の空腹で太ってしまう!

ピザを食べる女性

「空腹なら毎日感じているのに何故痩せないの!?」と思ったあなた。

その食欲は、果たして“本当の食欲”でしょうか。

実は、人間が感じる食欲には、2種類あります。エネルギーが減ったことで起こる“本当の食欲”と、そうではない“嘘の食欲”です。

嘘の食欲は、以下のようなことがきっかけで起こります。

嘘の空腹が起こる理由

  • 嗅覚や視覚を刺激されたとき
  • 寂しさ、孤独、ストレスを感じたとき(※エモーショナルイーティング
  • 暇、手持無沙汰なとき
  • 1日3食などと決めてしまっている場合

食事をしっかりしたあとに、美味しそうなデザートメニューを見てしまったとき、失恋をしたとき、仕事でイライラが溜まったとき、予定がなく家で暇な時間を過ごしているとき、何となく食べてしまうことってありますよね。

また、前日の夜に食べ過ぎてしまいあまりお腹が空いていなくても「朝は絶対に食べないと!」と思い込んで食べている方は多いと思います。

しかし、嘘の空腹にしたがって食べてしまうと、必要以上のカロリーを食べ物から摂取することになってしまいます。

そして、使われず余ってしまったエネルギーは、脂肪に変えられてしまいます。太ってしまうのは、この嘘の空腹を真に受けて食べ過ぎてしまうからなのです。

お腹が鳴ったら“本当の空腹”のサイン!?

女性の胃腸

では、空腹でダイエットできるという“本当の空腹”は一体どんなものなのでしょうか。

いろいろな云われがありますが、例えば糖尿病の検査のために空腹時血糖を測定する際の“空腹時”の定義は、「10時間位前から何も食べない、糖質を含む飲み物を飲んでいない。状態」とされています。

体からのサインで空腹を見分けるなら、お腹が「ぐー」と鳴ったときです。

お腹からでる「ぐー」という音は、胃の中がほぼ空っぽになった状態で、収縮運動が起きることで空気が振動し鳴ります。

最近、お腹が鳴ったことはありますか?全然ないという場合は、やはり食べ過ぎで“本当の空腹”から遠のいてしまっているかもしれません。

空腹で太る人もいる!?空腹で太ってしまう原因とは

冒頭でご紹介したとおり、空腹はダイエットに多くに役立ちます。しかし中には、空腹が長く続いたせいで太ってしまったというケースもあるようです。空腹で太る原因を探っていきましょう。

1、ドカ食いしてしまった

お腹が空きすぎて、ドカ食いしてしまうと血糖値の急上昇に繋がります。急激に上がった血糖値を下げるために、インスリンというホルモンが分泌され、脂肪が溜まりやすくなってしまいます。

また、空腹の反動によるドカ食いで、いつもよりも食べすぎて摂取カロリーが増加し太ってしまうことにもなります。

2、炭水化物から食べてしまった

空腹時間が長くなると、手っ取り早くエネルギー補給をしなくてはという本能が働きます。そのため、ダイエットや健康を意識するならサラダや汁物から食べるべき・・・と分かっていても、ついおにぎりやサンドイッチ、ラーメンなど炭水化物から食べてしまうことになるのです。

これも血糖値の急上昇に繋がり、太る原因になってしまいます。

3、筋肉が分解されてしまった

空腹=エネルギーが不足した状態です。そのまま頭を使ったり、運動をしたりしようとするとエネルギーをつくるめに筋肉が分解されてしまうことがある、と言われています。

筋肉が分解され減ってしまえば、ダイエットにとって重要な基礎代謝が低下してしまう可能性もあります。

空腹ダイエットをする具体的な方法

考える女性

空腹ダイエットをするなら、このような事態は避けなくてはいけません。それでは、具体的に何をして良いのか見ていきましょう。

1、空腹時間を意識する

先ほどご紹介した“本当の空腹”を知る方法を参考に、1日のうちで空腹時間を意識的につくるようにしましょう。「あ、今空腹だな!」と感じることが空腹で痩せるための第一歩です。

1日3食と決めてしまわずに、胃腸が疲れている、お腹があまり空いていないと感じたら、食事を摂るのは辞めてみてください。

2、空腹を感じたら水を飲む

空腹を感じたら、まずは本当の空腹かどうかを自分で確認してみましょう。水や白湯、ハーブティー、お茶など糖質の含まれていない飲み物を、ゆっくり飲んでみてください。嘘の空腹なら、おさまっていくことがほとんどです。

それでもお腹が空いていると確信したら、その空腹時間を少し楽しんでから、食べるようにしましょう。

3、温かい汁物から食べる

空腹で太る原因となる血糖値の急上昇を抑えるために、温かい汁物から口にするようにしましょう。海藻類やきのこ類、葉野菜など食物繊維の多い食べ物から食べることでも血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

4、夜から朝にかけて10時間以上空腹時間をつくる

寝ている間の適度な空腹はダイエットを加速させるのに最適です。胃腸の調子も整い、代謝の良い体を目指せます。夜から朝にかけて10時間以上空腹つくるようにしましょう。

5、朝ごはんにタンパク質を食べる

空腹時間をつくることは大切ですが、朝食は食べるのがおすすめです。ダイエットに大切な体内時計をリセットする役割があるからです。ただし、パンだけ、おにぎりだけといったメニューだと血糖値が急上昇し、その後急降下することで、すぐに空腹が訪れてしまいます。

そうなってしまわないように、朝ごはんにはタンパク質源をとりいれましょう。空腹による筋肉の分解を防ぐためにも大切なことです。

 

空腹を意識するだけで簡単に痩せる!

空腹時間を意識すると、ダイエットが加速します。普段食べ過ぎている方なら、比較的に短期間で、健康的に痩せることができると思います。痩せにくくなった、と感じている方も、ぜひ空腹を意識する生活を始めてみてください!

文:common編集部

Posted by kamoshita