飲むだけで2キロ痩せた!味噌汁ダイエットに挑戦して感じた効果とは|common(コモン)

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

飲むだけで2キロ痩せた!味噌汁ダイエットに挑戦して感じた効果とは

2019.7.14

”味噌は医者いらず”。そう昔からいわれてきました。味噌は健康に良い食品の話題になると、必ずといっていいほど名前が出てきます。その味噌を使った料理といえば『味噌汁』です。今回は味噌汁を使ったダイエットのやり方と効果についてご紹介します。

話題の味噌汁ダイエットを試してみた!

テレビ番組の放送をきっかけに話題になった”味噌汁ダイエット”。元になった『医者が考案した長生きみそ汁』という本は、50万部のベストセラーになっているそうです。SNSでも話題になっており、多くの人がその効果を実感していました。

私は普段みそ汁を食べないのですが、せっかくの機会なのでみそ汁ダイエットに挑戦してみました!

その結果・・・10日間で2kg減!これには自分でも驚きました。

始める前よりも体調が良く、私には合うダイエットのようです。ただし個人差があるので、その効果は人それぞれ異なります。テレビ番組の実験だと1~3kgほど痩せた人が多いようですね。

味噌汁がダイエットに良いとされる理由

味噌汁

みそ汁でなぜ痩せることができたのでしょうか?その理由についてご説明します。

1.低カロリーで満足感がある

具なしのみそ汁一杯でおよそ、40kcal。豆腐やわかめ、ほうれん草などの具材を入れても、プラス20kcal程度です。ここまで低カロリーなのに、1杯飲むだけでお腹がかなり満たされます。食べ過ぎを防ぐのも大いに役立ちます。

2.整腸作用

味噌の原材料である大豆には乳酸菌が含まれています。乳酸菌は悪玉菌を減らし善玉菌を増やし、腸内環境を整える働きがあるそうです。腸内環境が整うと、『エネルギー消費』や『脂肪分解』、『便秘解消』効果が期待できます。

3.脂肪が溜まりづらい

味噌汁に含まれているメラノイジンは、食後の血糖値の上昇を緩やかにします。そうすると、糖を脂肪として蓄積するインスリンの分泌を抑制することができるそうです。ただし、食事の最初に食べないと、その効果は期待できません。

味噌汁ダイエットで痩せるなら、味噌汁ファースト

味噌汁ダイエットで痩せるなら、筆者のオススメは味噌汁ファーストです!

味噌汁を食べると血糖値の上昇が緩やかになり、脂肪が蓄積されづらくなります。食事を始めたら、最初に味噌汁を食べてください。

最初に食べると他の物を食べても血糖値の上昇を抑えやすくなります。血糖値の上昇が緩やかになれば、普段と同じ物を食べても太りづらくなるそうです。

また、満腹感が得られるので、食べ過ぎを防ぐことができます。筆者の場合は、この点が大きくダイエットに役立ったと思います。

温かい味噌汁を1杯飲むのは、結構時間がかかるんです。飲んでいる間に、空腹も落ち着き、がっつかずに食事ができます。お腹が空いていきなりメインの肉から!という食べ方だと太りやすくなってしまうかもしれませんよ。

味噌汁ダイエットは、一食置き換えも可能!?

味噌汁

味噌汁ダイエットのやり方には、もう一つあります。それが、『一日三食のうち、一食を味噌汁』だけにする方法。

この方法は、1日の摂取カロリーを大幅に抑えたい方におすすめです。ただし、栄養バランスが気になるので、なるべく具沢山な味噌汁にしましょう。

置き換えするのは朝昼夕のどれでもかまいません。しかし、味噌汁の整腸作用による便秘解消や腹持ちの良さも考えると、朝食に摂取した方がいいでしょう。空腹時間が長いと血糖値が急激に上がり太りやすくなるので、忙しい朝に味噌汁1杯を取り入れるといいかもしれません。

味噌汁ダイエットのおすすめの具材

味噌汁

味噌ダイエットは具材にもこだわると、もっと良い結果になると思います。おすすめの具材をご紹介しますので、試してみてください。

1.ほうれん草、さつまいも

味噌汁には塩分が多く含まれています。塩分の過剰摂取は『むくみ』の原因になりますので、注意しなければいけません。味噌汁以外にも味付けが濃いおかずが多いときは、『カリウム』を摂取してみましょう。ほうれん草やさつまいもに含まれているカリウムは、余分な塩分を排出する作用があります。

2.大根おろし

大根おろしの酵素には『血流改善』『免疫力向上』『脂肪燃焼効果向上』といった効果が期待できます。ただし熱には弱いので、食べる直前に味噌汁に入れるようにしましょう。

3.きのこ類

きのこのほとんどは水分でできています。豊富な食物繊維、低糖質低脂質、カロリーも100gあたり20kcalほどなので、たくさん食べても太りづらいでしょう。

味噌汁をダイエットに取り入れるときの注意点

味噌の種類によっては塩分が多く含まれています。特にお湯を注ぐだけの即席味噌汁は手作りの味噌汁よりも塩分が多いそうです。即席味噌汁の場合はカリウム豊富な、ほうれん草を入れてみましょう。

即席味噌汁だけではなく、基本味噌汁は塩分が多いので『一日一杯』、多くても二杯までにしてください。減塩味噌もおすすめです!

 

味噌汁ダイエットなら続けられる!

味噌汁ダイエットをご紹介しました。これまでの食事制限ダイエットとは違い、味噌汁を食べるだけで痩せやすくなるといった画期的なダイエットです!今までダイエットが長続きしなかった人でも、これなら無理なく続けられるのではないでしょうか。普段はあまり味噌汁を食べない人も、これを機会に習慣にしてみてくたさいね!。

松田 歩

松田 歩

猫好きな元インテリアアドバイザー。ほぼ毎日ジムに通っており、その知識はマニアのレベルに達している。男性の筋肥大から女性のダイエット、食事やサプリメントまで幅広く精通。野球、テニス、スノボー、スキューバーダイビングも大好き。