common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ライザップ創設メンバーに聞いた、結果にコミットし続ける秘術。人の気持ちを動かす方法とは?

2019.7.13
今や全国各地に存在し、パーソナルジムとしての確固たる地位を築き上げた「ライザップ」。結果にコミットし続ける秘訣は、独自の“接客術”にあるといいます。果たしてどんな接客術なのか。『ゲストの心を離さない ライザップ式接客術』(講談社)の著者である教育開発部・幕田純部長に話を伺いました!結果を出させる方法、信頼関係の築き方など、トレーナーのみならず、ビジネスに携わるすべての人に響く話が飛び出しました。

ライザップ式接客“秘術”とは?

幕田さん

ライザップの創設メンバーの一人、33歳の幕田さん。笑顔が爽やか~!

common

 

ライザップって太っている人を大変身させたり、とにかく結果を出すイメージがあります。他のパーソナルジムと大きく違うのは、“接客術”だそうですね。幕田さん、今日はライザップ式接客術について、いろいろ教えてください!

幕田さん

 

はい、まずライザップ式接客術においてもっとも重要なことは、「やり切らせること」。この「やり切らせること」というのは、弊社代表である瀬戸がずっと大事だと主張していることです。

common編集部

 

ダイエットをやり切らせる?

幕田さん

 

ダイエットにおいて多くの人が「何をすればいいかは分かっている、分かっているけど実行できない」という状態に陥っているのが実情。これこそが“ダイエットの失敗の本質”なんです。

common編集部

 

まさに!これをやれば痩せるってことは頭では分かってるんですけど、なかなか続かなくて・・・。で、いつもダイエットは失敗に終わります。

幕田さん

 

そうなんです。だから、私たちは“どのようにダイエットをやり抜かせてあげるか”に重きを置いています。「正しい知識」と「メンタル(心の支え)」とが合わされば、ダイエット成功につながると考えています。

common編集部

 

ダイエット成功には、メンタル面の支えが必要なんですね。

幕田さん

 

そのために私たちトレーナーが重要視していることが3つあります。それが本書にまとめている

1、向き合う力

2、寄り添う力

3、つながり続ける力

です。

 

ダイエット成功には“目標”だけじゃなく“目的”を決めること

想いを語る幕田さん

普段の想いや考えをこの一冊にまとめたという。

common編集部

 

向き合う、寄り添う、つながり続ける・・・ふむふむ。

幕田さん

 

やり切らせるために重要なのはその3つ。でもまずは最初「目標設定」を行っていきます。ここがすごい大切で・・・。

common編集部

 

ダイエットの目標を決めるが大事だっていうのは聞いたことがありますね。

幕田さん

 

ダイエットを始めるときに、きちんと目標設定をしないで始めてしまう方は多いと思いますが、それが挫折の原因につながるんです。また、数値的な目標設定がきちんとできていても「何のために始めたのか」という“目的”が曖昧だと失敗につながりやすい。

common編集部

 

目的、までは確かに考えないです。そこも重要なんですね。

幕田さん

 

お客さまには、“目標”と“目的”を私たちトレーナーに共有していただき、あきらめそうになった時に再確認して「一緒に頑張ろう」という気持ちを伝えながらサポートをしていきます。

common編集部

 

目的はどんな風に設定すれば良いでしょうか? たとえば・・・「モテたい」は目的になるんでしょうか?(苦笑)

幕田さん

 

はい!「モテたい」もきちんとした目的の一つですよ。たとえどんな目的でも、お客さまの希望を叶えるのが私たちにとっての一番の任務です。

common編集部

 

どんな目的の人が多いんですか?やっぱり「モテたい」とかそういう?

幕田さん

 

私たちは、お客さまと信頼関係を築いたうえで、どうしてその目的を持ったかを聞いていくのですが・・・話を聞いていくと「太っていることを周りに言われて傷ついた」など、辛い経験があって、それが目的に繋がっているケースはとても多いんです。

common編集部

 

根底には、自分を変えたい!みたいなものがあるんですね。

幕田さん

 

人に言えないコンプレックスや辛い経験は誰にでもあるものだと思います。それを共有することで「今取り組んでいること(ダイエット)はすごく重大なこと」であるとお互いに意識するようになります。

Posted by admin