common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【医師監修】食欲が止まらない「エモーショナルイーティング」の原因と解決法

2018.7.29
お腹は満たされているはずなのに、食べてしまう「エモーショナルイーティング」。なかなか痩せられないという方は、この症状が原因になっているかもしれません。今回は、減量外来ドクターの工藤 孝文(くどう たかふみ)先生が食欲が止まらないエモーショナルイーティングの原因と解決法について徹底解説!イライラするとつい食べてしまうという方、必見です。

現代女性に多い!食欲が止まらないエモーショナルイーティングとは

忙しくストレスが多い女性たちに多いと言われ、問題視されているのが「エモーショナルイーティング」です。エモーショナル(Emotional)とは英語で「感情的に」という意味。お腹の中は満たされていて、カロリーも足りているのに、感情に左右されて食べてしまうことを指します。

食欲が止まらないエモーショナルイーティング

私の患者さまの中にも、3食しっかり食べているのに食欲が止まらない!と悩んでいる方がいらっしゃいます。これは、人間本来の“食欲”ではなく、何らかのストレスによるものだと考えられます。

辛いとき、寂しいときなどに何かを口にすると、その瞬間だけは幸せな感じがして、心が満たされる気がしませんか?

これは他の動物には無いことだと言えるでしょう。本来、食事をするのは栄養を補給し生きていくため。空腹でなくても食べる、というのは、豊かな感情を持つ人間ならではの行動だと思います。

本当の空腹とは違い、食事自体への満足感が低く、お腹が張るほど満腹にならないと満たされないというのがエモーショナルイーティングの特徴です。他にも、急にお腹が減る、衝動的に食べ物を口にする、場合によっては無意識で食べ物を口にしているということもあります。

そして、衝動的なものなので、ゆっくり食事を用意して食べるというよりは、すぐに食べられるスナック菓子やスイーツ、菓子パン、インスタントラーメンといった食べ物を口にすることが多い傾向があります。

食欲が止まらないエモーショナルイーティングが起こる時

食欲が止まらない時

では、具体的にどんな時にエモーショナルイーティングが引き起こされるのでしょうか。先ほどお伝えした通り、辛い、寂しいといった感情は、エモーショナルイーティングに陥る代表的な例です。

他にも、やることが無くて退屈なとき、肉体的な疲労感や眠気があるときにも、食べたい衝動に襲われることがあります。それぞれ特徴を詳しく見ていきましょう。

・イライラ、怒り

脳が強いストレスを感じると、ストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」が分泌されます。コルチゾールは、食欲を増進させる作用があることで知られています。さらに、食欲を抑える「レプチン」というホルモンの分泌が減少。そのため、ストレスが多いと食欲をコントロールできなくなってしまいます。

(欲しがちな食べ物:味の濃いもの、食感の良いもの、甘いもの など)

・寂しい、不安、孤独

満たされない気持ちを抱えているときにも、食欲が湧いてしまいます。口に何かを入れて、お腹をいっぱいに満たすことで、心も一時的にいっぱいになるような感覚があるからでしょう。その時だけは、寂しい気持ちから解放され食べることに集中できます。

(欲しがちな食べ物:幸せを感じやすい、柔らかくて甘いもの など)

・退屈、つまらない

1日中家でゴロゴロしていると、カロリーを消費していないのに何か食べたくなってしまうというのも、エモーショナルイーティングの一つだと言えます。退屈さを誤魔化すために、食べてしまっているのです。虚無感を埋めることはできますが、キリがないので要注意。

(欲しがちな食べ物:塩辛いもの、刺激が強いもの、固いもの  など) 

・疲れ、眠気

睡眠不足だったり、身体が疲れているときにも、エモーショナルイーティングが起こります。身体のだるさから解放されるために、食事に走ってしまうこともあるのです。特に眠気で頭がぼーっとしているときは、満腹中枢も麻痺しているのでくれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

(欲しがちな食べ物:柔らかくて食べやすいもの、甘いドリンク、インスタント食品)

Posted by admin