common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

食後のあくびは危険!しかも“太ってきたサイン”かもしれない

2019.12.25
食後にあくびがでる原因

食後、お腹がいっぱいになるとついあくびが出てしまいますよね。しかし、食後のあくびが頻繁な方は、実は身体からのSOSのサインかもしれません。今回は、栄養学とスポーツ科学を専門とする筆者が、食後のあくびの危険性、肥満との関係性をご紹介していきます。あくびが頻繁な方は、見直すべき項目もあるのでチェックしてみてくださいね。

いきなりお腹が痛くなる原因は?5つの解決策を伝授

食後のあくびは血糖値の上昇が原因!?

食後にあくびが出るのは、お腹がいっぱいになり眠くなるだけだからだと思っている方も多いと思います。しかし実は、別の原因があることも考えられます。

食後にあくびがたくさんでる原因は、「血糖値スパイク」のせいかもしれません。

血糖値スパイクとは、血糖値が急激に上昇し、その後急降下することを繰り返す現象。血糖値がジェットコースターのように変動することで、倦怠感や眠気、だるさ、あくびなどを引き起こすことがあるのです。

血糖値とは?

血液の中に含まれているグルコースという物質の量を表します。

血糖値の急上昇が起こる理由

食事の中には糖質がたくさん含まれています。糖質はグルコースがたくさん結合してできています。食事を食べると胃や小腸で糖質はグルコースに分解されて体内に吸収されます。
そのため、食後、特に糖質が多い食事をした後には血糖値が急上昇します。

食後のあくびが止まらないのは糖尿病の前兆!?

疲労の女性

血糖値スパイクはさまざまな病気の元凶になることが、医師からも指摘されています。特に密接な関係があるのが、糖尿病です。

食後のあくびが頻繁で気になるという方は、糖尿病に気をつけましょう。

血糖値が高い状態が続く病気を糖尿病と言いますが、糖尿病には2種類あります。1つはそもそもインスリンが分泌されないという人で、「Ⅰ型糖尿病」といいます。こちらはインスリン注射などが必要になってきます。

もう一つが、肥満などが原因でインスリンは分泌されていても、その効き目が悪くなっているという人です。こちらは「Ⅱ型糖尿病」と言います。

止まらない食欲。それって「血糖値スパイク」かも

Posted by kamoshita