common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

今日から常備したい!痩せる「神食材」6選

2019.12.24
砂糖たっぷりのコーヒー

痩せるために食事に気をつけている方は多いと思います。しかし毎日買い出しに行くのは面倒なので、できれば痩せる食材をストックしておきたいですよね。今回は栄養学とスポーツ科学を専門とする筆者が、常備しておきたい神食材を紹介します。

▽1か月で4キロ減!日本一の美ボディ「ゆこ」が教える最新ダイエット方法3つ

そもそも太る食べ物を食べてない?

痩せる食べ物を取り入れる前に、まずは太る食べ物を知っておかなければなりません。「最近太った」「運動をしてもなかなか痩せられない」という方は、太る要素をたくさん含んだ食べ物を日常的に食べている可能性があります。

では、どんな食べ物が太るのでしょうか。大きく5つの特徴をご紹介していきます。

砂糖たっぷりのコーヒー

1、甘いもの

チョコレート、クッキー、ケーキ、アイスなどの甘いものは、カロリー・糖質が高い食べ物です。甘いものを食事プラス取り入れていれば、当然「摂取カロリー>消費カロリー」になり脂肪が増え太っていきます。

また甘いものはドーパミンを分泌させるため、再び甘いものが食べたくなるという依存性があることも確認されています。

2、甘い飲み物

意外と気づいていないのは、甘い飲み物から摂取するカロリー。甘い缶コーヒーやカフェラテ、清涼飲料水などには、驚くほど大量の白砂糖が使われています。

「なぜか痩せない」と思っている方の多くが、水やお茶ではない飲み物を選択してしまっています。

3、炭水化物

ご飯、パン、パスタ、うどんなどの炭水化物は、血糖値が上がりやすい食べ物です。血糖値の急上昇は、脂肪の蓄積を促してしまいます。また糖質も多く、運動量が少ない方の場合は食べ物から摂取した糖質がエネルギーとして使われる余ってしまい、脂肪になってしまいます。

食べ過ぎなければ問題ないですが、炭水化物をメインにしているとやはり太ってしまいます。

4、トランス脂肪酸

脂質は1gあたり9kalあります。糖質、たんぱく質は1gあたり4kalなので、同じ量を食べても倍以上のカロリーを摂取することになりますね。脂質の少ない鶏胸肉を蒸した一品と、皮のついた(脂質の塊)鶏モモ肉のから揚げとでは、3倍近くのカロリーの差があります。

特に気を付けたいのは、悪い油の代表である「トランス脂肪酸」。揚げ物、ファストフードに多く含まれています。

5、アルコール

お酒を頻繁にたくさん飲む方で、痩せている女性はほとんどいないのではないでしょうか。アルコールの過剰摂取で太る理由は、カロリーだけではありません。食欲が増えること、そして肝臓が疲労し代謝が落ちやすくなることにあります。

むくみも発生しやすくなり、フェイスラインのたるみなどにも繋がります。

 

これらの太る食べ物を常に食べていたら、どうしても痩せません。まずはこれらの食べ物を控えること。その上で、痩せる食べ物を食べると効果的です。ここからはダイエットを加速させる神食材をご紹介していきます!

痩せる神食材(1)卵

卵は1個80~90kcalと、カロリーの面だけ見ると野菜や海藻類などより高いのですが、卵にはダイエットをサポートしてくれる栄養素が豊富に含まれています。

特にボディラインを意識しているなら、筋肉の材料となるタンパク質の摂取は必須です。卵1個の中に女性が1日に摂取したいタンパク質の約1/8が含まれています。

さらに、筋肉を作るためにはビタミンDも必要になりますが、ビタミンDは卵1個で1日の必要量の約40%を補うことができます。

他にも鉄は1日の必要量の14%、亜鉛は1日の必要量の10%が含まれています。いずれも女性の貧血を防止するなど、ダイエット中の体調を整えるために欠かせません。

高タンパクで1個100kcal以下の卵は、間食にも最適です。ゆで卵を1個食べると、スナック菓子を食べるよりも満足感が続きますよ!

卵はこれまで1日1個までと言われてきましたが、最近はさまざまな医師から「卵は1日に何個か食べても大丈夫」という見解が示されています。まざまな調理法がありますし、お手頃な価格で節約レシピの味方にもなりますので、ぜひストックしておきましょう。

  • カロリーは1個80~90kcal程度
  • タンパク質が豊富
  • 満足感があり間食にも向いている

Posted by kamoshita