common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

料理嫌いでも再現可能!「デブ味覚」を撃退させる「やせる出汁」の作り方

2021.7.20

ついつい太ってしまう食生活をやめられず、ダイエットが進まない。筆者も、何度同じ失敗でダイエット→リバウンドを繰り返したかわかりません…。

 

そんな太ってしまう食生活の原因になっているのが、こってり味付けや甘いものが大好きな「デブ味覚」の存在

 

日本人の食生活に深く根ざした「出汁(だし)」は、デブ味覚をリセットして健康的にやせやすい体質を作る手助けをしてくれるそうです。しかし、料理慣れしていない筆者には、そもそも出汁ってどう作るのかが分かりません。

 

そこで、ダイエット外来で活躍するイケメン医師・工藤孝文先生に、簡単に作れる「やせる出汁」の作り方を教えてもらいました。

たった4つで作れる!簡単「やせる出汁」レシピ

料理の隠し味などで目にする出汁ですが、実はとっても簡単に作ることができます。

たった4つでOK!「やせる出汁」の材料

材料 (約55g:毎日大さじ1杯で、10日〜14日保ちます)

  • かつお節(30g):市販で手に入るものならなんでもKOです!
  • きざみ昆布(10g):塩昆布ではなく、塩分を使用していないものを選びましょう。
  • 煮干し(10g):大きさは問いません。頭と内臓もそのまま使用します。
  • 緑茶の茶葉(5g):お好みで抹茶、ほうじ茶でもOKです。

3ステップで簡単に作れる!「やせる出汁」の作り方

レシピ

  1. 煮干しとかつお節を炒る
    フライパンは中火にして、煮干しをちぎりながら入れて水分を飛ばしましょう。パチパチ音がしたら、かつお節を入れて、空気をふくませるようにかき混ぜます。かつお節を手でさわって、ボロボロ崩れるようになったら火を止めましょう。
  2. ミキサーで混ぜ合わせる
    きざみ昆布→緑茶→先ほど炒った煮干しとかつお節の順番にミキサーへ入れ、混ぜていきます。
  3. 完成!
    パウダー状にまで混ざったら完成です。できた出汁はビンや密閉できる容器に入れて、冷蔵庫などに入れておきましょう。

ダイエット成功の秘訣とは?

ダイエットには運動も大事ですが、実は食事が8割なのをご存知ですか?

特に糖質を制限することによって、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌量を減らせば、脂肪がつきにくい体になります。糖質制限中の1日あたりの糖質量は70g~130g程度を目安にすると良いでしょう。摂りすぎた糖質を抑制すれば、ダイエットに繋がり、しかも病気のリスクを下げてくれます。

▼参考
ご飯茶碗一杯(150g)の糖質量:53.4g
食パン1枚当たり(6枚切り)の糖質量:26.6g

でも、食事の度に糖質量やカロリーの計算をするって大変ですよね…。そこでオススメしているのが、糖質制限された健康的な食事を宅配してくれるサービスです。これを活用すれば、楽に継続ができるため、ダイエット成功の近道となります。

最近では多くのサービスがありますが、ここでは「nosh(ナッシュ」をオススメしたいと思います。noshの特徴は、【低糖質】で【健康的】なことに加えて【安くて美味しい】ということです。

▼メニューの特徴
1.シェフと管理栄養士が開発
2.全てのメニューが糖質30g以下
3.全てのメニューが塩分2.5g以下


※画像をクリックするとメニューの一覧を見ることができます。

「nosh」がなぜここまで人気なのか?

単純ですが、コンビニ弁当よりも安くて、美味しくて、しかも糖質やカロリーが計算された健康的な食事を宅配してくれる便利なサービスだからです。メニューも豊富なので、飽きることもなさそうです。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。リンクを貼っておきますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

ミキサーがなかったらどうすればいい?

もしご自宅にミキサーがない場合は、粉末状になった市販の「かつお節粉」「煮干し粉」「昆布粉」「粉茶」を活用しても大丈夫!

これらを次の比率で混ぜれば、「やせる出汁」をつくれます。

 

  • かつお節粉:煮干し粉:昆布粉:粉茶=3:1:1:0.5

なるべく調理の手間を省きたい!という人も、こんな作り方がおすすめです。

もっともっと楽をしたい!市販の出汁でもいいの?

粉をミックスさせるのもめんどくさい。市販の出汁でもいいの?と聞かれますが、もちろん大丈夫です。

商品の選び方ですが、「塩分を含まないもの」を1つの目安にするといいでしょう。塩分の多い出汁の場合、味覚のリセット効果が薄れてしまいます。

使い方も超簡単!やせる出汁のダイエットメソッド

出汁と聞くと、やっぱり料理に使うものという印象ですよね。せっかく簡単に作れるやせる出汁を作っても、調理をするのはちょっと面倒…と考えてしまいます。

しかし、「やせる出汁」の使い方はとっても簡単です。

1日の始まりなど、マグカップや湯飲みに大さじ1杯の出汁を入れます。そこに150ml〜200mlのお湯を注いだら、1分ほど待って飲むだけ。

朝、お湯に出汁を入れて飲むだけでやせる

これを毎日続ければ、味覚のリセットをはじめとしたさまざまなダイエット効果が得られるのです!

やせる出汁の効果を実感!まずは2週間から

私は自分のクリニックで、患者さんに「やせる出汁」の効果を試していただいたことがあります。

すると、平均して2日〜5日経過する頃には、患者さんも味覚の変化を感じられるようになりました。

舌の味覚細胞が生まれ変わるのは、約2週間まずは2週間を目安に、やせる出汁を試してみてください。

 

まとめ

やせる出汁の作り方、簡単でびっくりした方も多かったのではないでしょうか?

どんなに強い意志で「ダイエットをするぞ!」と意気込んでも、濃い味付けや甘いものを食べたい!という強い意志にはなかなか勝てません。まずはやせる出汁で味覚を整えることから、ダイエットや健康への第一歩を踏みはじめてみませんか?

工藤 孝文

福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院を経て、福岡県みやま市の工藤内科で診療を行う。2017年よりスマホ診療を導入。日本糖尿病学会・日本東洋医学会・小児慢性疾病指定医。 「ガッテン!」「世界一受けたい授業」「ホンマでっか!?TV」などテレビ出演多数。(工藤孝文 :書籍はこちら

text:common編集部

Posted by sato