common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

いきなりお腹が痛くなる原因は?5つの解決策を伝授

2019.9.2

「ん?お腹が・・・イタタ」場所を選ばず突然やってくる腹痛。経験がある方も多いのではないでしょうか。自宅ならまだしも、電車内や会社で痛くなるとつらいですよね。しかし、なぜお腹が痛くなってしまうのでしょうか。今回は、いきなりくる腹痛を改善する方法をご紹介します。

急な腹痛に冷や汗・・・

誰もが経験したことがあるであろう辛い腹痛。前振りなく突然襲ってくることもあれば、「あっくるな」と前兆があるときも。どちらにせよ、毎回冷や汗をかきながら耐えるのもつらいものです。

では、どうしたら急な腹痛に襲われる事態を、回避することができるのでしょうか?

腹痛の女性

腹痛の原因はいろいろあります。しかし毎回同じタイミングで痛くなるなら原因はあるていど絞ることも可能です。そうすれば悩んでいた腹痛も改善できるかもしれません!

急にお腹が痛くなる原因

アイスを食べる女性

急にお腹が痛くなる原因は把握していますか?お腹が痛くなったら『我慢する』『薬を飲む』という人が多いと思いますが、根本的解決には至りません。まずは腹痛が起こる原因をご紹介します。

1.食べ過ぎ・飲み過ぎ

食べ過ぎや飲み過ぎは胃に負担がかかり食後にお腹が痛くなる場合があります。特に早食いや刺激物の大量摂取には注意してください。

2.ストレス・温度差

日常のストレスや室内外の温度差によるストレスがあると自律神経が乱れやすくなります。自律神経が乱れると、胃酸が過剰に分泌されて胃の粘膜に刺激を与えるそうです。胃痛がひどいときはストレスを疑ってみましょう。

3.冷たい飲み物・食べ物

お腹を冷やすと血流が悪くなるため体全体が冷えます。そうすると腸管の水分吸収が低下して下痢になるそうです。

4.腸内環境の乱れ

腸に異常がないのに急にお腹が痛くなったら、それは過敏性腸症候群かもしれません。過敏性腸症候群は腸内にある細菌のバランスに乱れがあると起こりやすくなるそうです。

急は腹痛を回避するには、腸内環境の改善が鍵!

お腹が痛くなる原因はさまざまですが、いずれにせよ『腸』が関係しています。関係しているとはいえ、病気以外で腸を調べても問題がないケースが多いようです。ではなぜ問題がないのにお腹が痛くなるのでしょうか?

1つ目の可能性は『腸疲労』

暴飲暴食や飲み過ぎが続くと腸が疲れを感じます。腸が疲れると『消化吸収力低下』『水分調整力低下』『腸活動低下』が起きるそうです。便秘や下痢、臭いおならがでるときは腸疲労の可能性があります。

2つ目は『腸内環境の乱れ』です。

実はまだ確実な原因はわかっていないそうですが、最近の研究で『腸内細菌』が関係している可能性があることがわかりました。

腸内細菌には善玉菌と悪玉菌がありますが、お腹が弱い人はその細菌バランスが崩れているといわれています。最近では腸内環境が乱れによって悪玉菌が増えると腹痛や不快感が起きやすいこともわかってきたそうです。

腸内細菌とは何か

腸内環境

理想の腸内細菌のバランスは『善玉菌20%:悪玉菌10%:日和見菌70%』。この比率に近いほど腸内環境が整うということになります。逆に腹痛が多い人はこの比率が崩れているということです。

・善玉菌
腸を活性化させる菌です。下痢の予防や免疫力を向上する働きがあります。腸内環境が整うと善玉菌が優位になりお腹の調子がよくなるそうです・

・悪玉菌
腸内に炎症を起こしたり下痢になったりなど、善玉菌とは正反対の菌です。腸内環境が乱れれば善玉菌よりも悪玉菌が優勢になるので、お腹の調子が悪くなります。

・日和見菌
善玉菌と悪玉菌の優位な方の菌の働きをします。善玉菌優位のときはそれほど影響はないのですが、悪玉菌が優位になるとより有害な作用を及ぼしてしまうかもしれません。

腸内環境を整えるためにやるべきこと

ではどうすれば腸内環境を整えることができるのでしょうか。『腸活』におすすめの方法をご紹介します。

1.プチ断食

食べ過ぎや食事回数が多いと胃腸が疲れて本来の働きができなくなってしまいます。疲れていると感じたら、半日~1日ほど食事を摂取しない日をつくって腸を休ませてみましょう。

2.発酵食品と食物繊維を摂取

納豆やキムチなどの発酵食品には善玉菌が含まれています。食物繊維やオリゴ糖には善玉菌の餌が含まれているので、毎日積極的に食べるようにしましょう。

3.睡眠にこだわる

睡眠不足は自律神経が乱れてしまいます。自律神経が乱れると腸の働きが悪くなるので、睡眠にはこだわるようにしましょう。

4.朝食は必ず食べる

朝食を食べることで寝ている腸が活発になります。便秘解消にもなりますので毎日朝食は食べるようにしましょう。お腹も温まるので冷えによる腹痛も予防できます。

5.腹筋を鍛える

腸を守る腹筋を鍛えると、腸の活動が活発になったり体温が上がります。通常の腹筋運動でもいいですが、脚を上げて1分間持続して腹筋に力を続けると、より中の筋肉が鍛えられます。腹筋を鍛えたら腹痛が減ったという人もいるので、普段筋トレをしない人はやってみてください。

腹痛がひどい場合は無理をしないこと

今回は腹痛の原因を食生活や精神面でお話ししました。しかしご紹介した原因ではなく、病気の可能性もあります。明らかにおかしいときや長く続くときは、医師に相談したほうがいいかもしれません。

病院に行っても改善しないときは腸内環境悪化が原因の可能性があるので、ご紹介した腸活をやって様子をみてみましょう。

 

腸内環境改善で急な腹痛にさよなら!

突然の腹痛の解決方法はいかがでしたか?今回のポイントは『腸内環境を整える』ことです。痛いのを我慢したり薬に頼るのはあまりよくありません。まずは腹痛の原因を把握するために、どのような状況で腹痛が起こるのかチェックしてみましょう。今回ご紹介した腸内環境を整える習慣は誰にでも続けやすいので、ぜひやってみてくださいね!

松田 歩

松田 歩

猫好きな元インテリアアドバイザー。ほぼ毎日ジムに通っており、その知識はマニアのレベルに達している。男性の筋肥大から女性のダイエット、食事やサプリメントまで幅広く精通。野球、テニス、スノボー、スキューバーダイビングも大好き。

Posted by admin