common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

女性の筋肉量の平均はコレ!無理なく筋肉量を増やす方法

2019.9.1

ダイエットするときに、「基礎代謝量を上げましょう」とよく言われると思います。基礎代謝量とは、体温維持や呼吸など、生命維持のために必要な最低限のエネルギーのことで、消費エネルギーのうちの70%を占めると言われています。消費エネルギー>摂取エネルギーとなることがダイエットの鉄則であるため、基礎代謝量が重要視されるのです。その基礎代謝量を左右するのが筋肉量です。今回は、ダイエットと深い関係にある筋肉量についての話をわかりやすくまとめてみました。

ダイエットに筋肉量が大事な理由とは?

女性は「痩せてスタイル良くなりたい」と思ったら、徹底してカロリー制限したり、糖質制限したりするなど、真っ先に食事を減らすことを考えがち。

しかし、この方法はリバウンドにつながる可能性が大きいです。なぜなら、少ない栄養素しか入ってこない状態によって、体が飢餓状態に陥り、入ってくる栄養素だけでまかなえるように、消費エネルギーを節約しようとしてしまうから。これにより、基礎代謝量が減り、ダイエットのつもりが逆に太りやすくなってしまうのです。

背中の脂肪

また、脂肪よりも筋肉の方が重いため、筋トレによって筋肉量が増えて体重が増加するのを嫌う人がいますが、筋肉によって引き締まった体はむしろ痩せてスタイル良く見えるはず。体重だけにとらわれず、筋肉量を増やすことがスタイル良くボディメイクする秘訣なのです。

女性としては筋肉質の筆者は、若いときはその筋肉質な体型を「女性らしくない」と嫌ってしまっていましたが、年齢を重ねてもそれほど大きな体重の変動やボディラインの崩れがないのは、筋肉のおかげだと身に染みています。健康的に美しく痩せるためには「筋肉量を増やすこと」が大切なんですね。

決してあなたを裏切らない筋肉を味方につけることが、ダイエット成功の近道なのです!

筋肉量の求め方

ではどうやって筋肉量を求めればいいのでしょうか?簡単にまとめてみました。

【体脂肪量を求める】

・体脂肪率を測る(体脂肪計)

・体重×体脂肪率=体脂肪量を測る(体重計)

例)体重50㎏×体脂肪率20%=10㎏=体脂肪量

【徐脂肪体重を求める】

・体重-体脂肪量=徐脂肪体重

例)体重50㎏-体脂肪量10kg=40㎏=徐脂肪体重

【筋肉量を求める】

・徐脂肪体重÷2=筋肉量

例)徐脂肪体重40㎏÷2=20㎏(筋肉量)

Posted by admin