common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

食欲が消える!?たった朝5分の習慣でストレス太りは防げる

2019.7.10
仕事が上手く行かなかったときや人間関係が上手く行かなかったときなど、人は大きなストレスを感じます。ストレスは体によくないことは知られていますが、実は太る原因にもなっているそうです。今回は毎日5分の習慣でストレス太りを防ぐ方法をご紹介します。

それ、ストレス太りかも!

ダイエットをしているのに思ったよりも痩せないときってありますよね?食べ過ぎが原因なのか、それとも元々痩せにくい体質なのか・・・。痩せない原因は人それぞれですが、最も身近な原因は『ストレス』ではないでしょうか。

ストレスで!?と思うかもしれませんが、実はストレスが原因で太ってしまっている人は多くいるそうです。

最近太ってきたという人は、ストレスを疑ってみるといいかもしれませんね!今回はストレスで太る原因、そしてしストレス太りを防ぐための朝5分の習慣をご紹介していきます。

ストレスで太る原因は?

ジャンクフードを食べる女性

適度なストレスは体にとって必要ですが、それが重なってしまうと不調を招きやすくなります。その結果、暴飲暴食がおきて『ストレス太り』になるそうです。

特に女性は25歳前後からストレスが原因の肥満になりやすいといわれています。女性には生理や出産などがあるため精神的に不安定なりやすく、ストレスを多く感じてしまうそうです。

ストレスを感じている女性に多いのが『エモーショナルイーティング』。これは肉体的には栄養もカロリーも足りているのに、食べたいという欲求が止まらなくなってしまう状態のことです。人は食べているときに幸せを感じるようにできています。そのため、食べることでイライラなどのストレスを解消しようとするそうです。

【医師監修】食欲が止まらない「エモーショナルイーティング」の原因と解決法

食欲を増進する原因は、ストレスを感じたときに脳から分泌される『コルチゾール』にもあります。コルチゾールは睡眠時以外は常に分泌されていますが、暑さ寒さや身体的なストレスを感じたときには特に多く分泌されます。このとき脳が危険と判断し、ストレスを和らげるために食欲を増進させるそうです。

以上のことからスムーズに痩せるためには、ストレスをできるだけ溜めない、ストレスを上手に解消することが大切だといえます。

Posted by admin