common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

わらび餅はカロリー高め!?ダイエットに向いてない?気になるカロリーとおすすめの食べ方

2018.10.13

つるんと涼やかで柔らかく、見た目もヘルシーなわらび餅。見るからにダイエットに向いていそうですが、「わらび餅はカロリーが高い」という噂も・・・。確かに、言われてみると気になるのが、わらび餅には欠かせない「きな粉」と「黒蜜」のカロリー。今までヘルシーだと思って食べていた人も、不安になることがあるのではないでしょうか。わらび餅のカロリー、そしてきな粉や黒蜜のカロリーについて改めておさらいしていきましょう!

本わらび餅に抹茶味…スーパーでも買えるわらび餅のカロリーとは?

ぷるんぷるんの食感がクセになるわらび餅。大好きな女性も多いのでは?一見ヘルシーそうですが、一体カロリーはどのくらいなのでしょう。

まず、老舗の和菓子屋さんなどで売られているわらび餅のカロリーは、約180kcal。対して、近所のスーパーやコンビニでよく売られているようなわらび餅のカロリーは190~240kcalほど!60kcal以上もカロリーが高いとは驚きですね。

なぜここまでカロリーが変わってしまうのでしょうか。

タピオカは本当に高カロリーで太るだけ!?タピオカドリンクのダイエット効果や賢い食べ方とは

スーパーで買える抹茶わらび餅に本わらび餅!カロリーは?

わらび餅

スーパーのわらび餅のカロリーが高いのは黒蜜ときな粉のせい!?

和菓子屋さんで販売されているわらび餅には、きな粉しか付属していない場合などもありますが、スーパーやコンビニで買えるわらび餅には必ず黒蜜やきな粉の両方がついてきます。大さじ一杯分の黒蜜はカロリー53kcal、炭水化物13.7g。きな粉の場合は大さじ一杯(約7g)でカロリー31kcal、炭水化物2.17gです。黒蜜ときな粉を合わせると、それぞれ大さじ1杯ずつでも84kcalにもなるのですね。

たっぷり黒蜜をかけて食べれば、それだけで100kcal近く上乗せされてしまうこともあります。

コンビニで人気のわらび餅のカロリーは?

コンビニで販売されているわらび餅は、スーパーのわらび餅に比べるとさらにスイーツ感が強く、わらび餅の中に黒蜜やクリームが包まれているタイプが多いのが特徴的。カロリー調節が出来るという点では、スーパーで販売されているものはダイエット中はおすすめできます。

女性の間で人気の、ミニストップで販売されている「抹茶わらび餅~黒蜜包み~」を例にとると、カロリー166kcal、炭水化物は39.8g。特別な日の自分へのご褒美にとどめる方がいいですね。

気になるブランドのわらび餅のカロリー:ヤマザキ

ヤマザキのわらび餅、「わらび餅(黒糖蜜・きなこ入)」のカロリーは商品に記載されていません。スーパーでよく見かけるヤマザキのわらび餅ですが、同じく店頭で見かけることが多い明日香食品のわらび餅は公式サイトで1パック(餅のみ)で111kcalと記載されています。明日香食品のわらび餅は内容量が180gで111kcal(餅のみ)、ヤマザキのわらび餅も内容量は180gなので餅のみのカロリーは約100kcal以上あると見ていいでしょう。ネット上の情報だと、黒蜜ときな粉のカロリー込みで、約211kcalと紹介されているところもあります。

ヤマザキのわらび餅、抹茶味のカロリーは?

ヤマザキのわらび餅には、緑が鮮やかな抹茶味もあります。こちらもヤマザキの公式HPにカロリーが掲載されていないので、推定で考えていきたいと思います。抹茶味のわらび餅は内容量が160g。そして抹茶自体のカロリーが普通のお茶よりも高いことを考えると、抹茶味のわらび餅のカロリーは通常のわらび餅より高いことが考えられます。ですが、内容量が20g少ないこと、黒糖蜜がついていないことを考えると、多くても約200kcal前後かもしれません。抹茶味のわらび餅は現在、販売されていないようですが、もし今後抹茶味のわらび餅を買う機会があれば、通常のわらび餅とそれほどカロリーは変わらないと覚えておいた方が良さそうですね。

大容量!業務スーパーのわらび餅のカロリーは?

次に、業務スーパーのわらび餅のカロリーを見ていきましょう。業務スーパーのわらび餅は1kgサイズの大容量です。こちらは公式サイトにカロリーが掲載されており、100gあたり165kcalあります。業務スーパーのわらび餅は1kgのものを好きなサイズに自分で切って、食べることができるようです。なので、少なめにカットすれば、食べるときカロリーオフできるということですね。業務スーパーでわらび餅を取り扱っているのは、春と夏の間だけと書いてあるため、期間を逃さないように注意しましょう。業務スーパーのわらび餅は常温保存も可能ですが、食べる前に2〜3時間冷やして食べるのがおすすめです。

わらび餅の気になるカロリー:あわしま堂

次にあわしま堂のわらび餅のカロリーを紹介です。あわしま堂は中四国と九州にわらび餅を出荷しており、九州住まいの人はよく見かける商品でしょう。そんなあわしま堂のわらび餅のカロリーはわらび餅のカロリーが311kcal、きな粉小袋のカロリーが33kcalです。合計すると344kcal程のカロリーになるため、あわしま堂のわらび餅はかなりカロリーが高いと感じられます。内容量がわからないので、もしかすると量が多いため、高カロリーなのかもしれませんね。

わらび餅の気になるカロリー:かねすえ

昭和40年から続く香川県の老舗、松風庵かねすえのわらび餅は、2014年にモンドセレクションを受賞したことでも有名な絶品のわらび餅です。西日本での販売がメインなので、関東に住んでいる人はかねすえのオンラインショップか東京駅で購入するのがベストです。気になるわらび餅のカロリーはかねすえ公式のHPには記載されていませんが、内容量は他の商品よりも多いため、カロリーが高いと推定されます。ネット上では、かねすえのわらび餅のカロリーを100gあたり約196kcalと想定している人もいました。

「チョコレートが辞められない!」糖質依存から抜け出す6つの方法

こんにゃく?わらび餅?わらびもち風こんにゃくのカロリーは?

「わらび餅風こんにゃく」はこんにゃくとわらび餅、双方の良さを併せ持った商品です。わらびもち風こんにゃくは、あくまでこんにゃくではありますが、カロリーを抑えてわらび餅の食感を楽しむことができます。有名なのはマルキン食品と関越物産のわらびもち風こんにゃくです。

マルキンの「わらびもち風こんにゃく」のカロリー

大正4年創業の老舗、マルキン食品のわらびもち風こんにゃくは4種類の味が販売されています。スタンダードな黒蜜味、抹茶味、チョコ味、はちみつレモン味です。カロリーはそれぞれ黒蜜味が115kcal、抹茶味が82kcal、チョコ味が88kcal、はちみつレモン味が95kcalです。マルキンのわらびもち風こんにゃくはカットされて袋に入っているため、すぐに食べることが魅力のひとつです。こんにゃくのニオイを抑え、子供から年輩の方まで食べやすいのが人気の秘密です。

関越物産の「わらびもち風こんにゃく」のカロリー

1946年からこんにゃく類の販売を中心に手がけてきた、関越物産が販売しているわらびもち風こんにゃくのカロリーも見ていきましょう。関越物産のわらびもち風こんにゃくはこんにゃく110gあたり43kcalとカロリーが低いです。黒蜜は15gで43kcal、きな粉は10gで43kcalとなっています。なので、わらびもち風こんにゃく(135g)のカロリーは合計で129kcalです。

わらび餅でもカロリーゼロ!魅惑のわらび餅

ここまでわらび餅のカロリーは100kcal以上あるものばかりで、わらびもち風こんにゃくでカロリーオフができる商品を紹介しました。ですが、カロリーゼロのわらび餅も販売されているのです。株式会社遠藤製餡では「ゼロカロリーわらび餅」を発売しています。100gあたりのカロリーが5kcal未満のものをカロリーゼロと表記できるため、この商品も100gあたりのカロリーが5kcal未満ということになります。黒蜜風味仕立てのわらび餅がカロリーゼロなだけでなく、別添でついてくるきな粉をあわせてもカロリーゼロ(5kcal未満)という嬉しい商品です。

カロリーを抑えるなら本わらび餅!

わらび餅

老舗の和菓子屋さんでは、100%の「本わらび粉」を原料として使っています。一方、スーパーやコンビニだと「わらび餅粉」を原料としたものが多いです。わらび粉は、純粋にわらびの根からとれるデンプンを乾燥して作っているのに対して、わらび餅粉は、芋類からとれるデンプンを多く混ぜた原料となっています。

本わらび粉を使用しているわらび餅の方が、わらび餅粉を使用したわらび餅よりカロリーを低く抑えることができるのです。

わらびからとれる100%本わらび粉はわずかな量で、そのため流通量も少なく高価になります。また、日持ちしにくいという理由から、一般向けにはわらび餅粉がほぼ使用されているのです。

さらに、わらび餅粉を使用したわらび餅だとうま味が足りないため、うま味を出すために糖類を原材料に追加したり、きな粉・黒蜜などがたっぷりかけられたりしているのです。

ダイエット中でも食べてOK!食べても太らないお菓子・おやつって?

スーパーで買うよりヘルシー!カロリー控えめ手作りわらび餅レシピ 

わらび餅

ダイエット中なら手作りわらび餅がおすすめ

糖質、カロリーが気になる方は自宅で手作りがおすすめ。糖質量や黒蜜の量が気になる場合も、自分で量の加減ができます。

カロリー控えめ!「アガー」を使ったわらび餅もどき

自宅でわらび餅を手作りするのにおすすめなのが、「アガー」という食材。わらび粉やゼラチンとはまた違った面白い食感が楽しめます。アガーの特徴は「常温でも固まる」「暑くなっても溶けない」というところ。スーパーの製菓コーナーで150円位で売っています。プルプルつるつるの涼し気なデザートが手軽に作れるのでおすすめです!

≪材料(2人分)≫

アガー 5g(1袋)
水 200cc

200ccの水をお鍋に入れ火にかけたら、アガー5g(1袋)をだまにならないように混ぜながら加えましょう。軽く沸騰したら火からおろしてタッパーに入れて固めて、できあがりです。ここまでの工程の所要時間は時間にしてわずか5分ほど。1時間ほど常温で置いておくと、プルプルに固まります。ちなみにアガー5gのカロリーと糖質は、カロリー16kcal、糖質4.1g。圧倒的にヘルシーなわらび餅もどきを作ることができますよ!

アガーわらび餅もどきのアレンジカロリー

できあがったわらび餅もどきに黒蜜を5g加えると、プラス17kcal。抹茶や水出しのお茶の粉をかければプラス3kcalほど。それでも大幅にカロリーを抑えることができます。

砂糖・小麦粉不使用!「ブリスボール」のカロリー、糖質、作り方は?

 

わらび餅の食べすぎにはご注意を

わらび餅は、本わらび粉から作るものでない限り、意外とカロリーが高いもの。ご紹介した手作り方法なども活用しながら、カロリーオフしつつ手軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin