『全身コンプレックス』『ジムに行くお金がない』渋谷のIT企業で働く女性に本音を聞いてみた♡- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

『全身コンプレックス』『ジムに行くお金がない』渋谷のIT企業で働く女性に本音を聞いてみた♡

2018.7.16

今どきの働く女性にとって、ダイエットやフィットスとはどんな存在なのか。本音を探るべく、渋谷のIT企業で働く20代前半~30代前半の女性23名にアンケートを実施!気になる結果をご紹介します。

現代女性のボディ事情が知りたい♡

フィットネスは、続けることで確実にボディラインが変わり、気持ちまで前向きにしてくれるもの。ぐっすり眠れるようになった、疲れにくくなった、風邪を引くにくくなった、肌が綺麗になったという声も耳にします。

それほど良いものだと分かってはいても、忙しい毎日の中で時間を確保して実行するというのは、そう簡単ではありません。やらなきゃ!と思いつつ、行動できていない方も多いのでは?

そんな今どき女性の現状を知るべく、渋谷の道玄坂を上がったところにある、とあるIT企業に協力を依頼。そこで働く女性23名を対象にアンケートを行いました。おしゃれに気を遣いながらも、遅くまで忙しく働く彼女たちの本音とは!?

こちらの記事もチェック!
俺たちここを見てます!渋谷のIT企業で働く男性に聞いた「スタイルいいな♡」と判断するパーツ
堂々の一位はやっぱりあの人♡渋谷のIT企業で働く男性の「理想のカラダ」女性芸能人ランキング

100%の女性が、自分の身体に自信が持てない!

「自分の身体に自信がありますか?」という質問の答えに「はい」と答えた女性は、なんとゼロ人!common編集部が見る限り、スタイルが良い女性もいるのに、まさかこんな結果になるとはとても意外でした。向上心がありすぎるのか、はたまた日本人特有の自信の無さの表れなのでしょうか。

アンケート結果 身体に自信があるか


自信を持てずにいる女性ばかりというのは、何とも切ない現実です。

やっぱり!?お腹と下半身はコンプレックスの塊だった

では、具体的にどのパーツにコンプレックスを抱いているのか聞いてみました。すると、「お腹とお尻」「太もも、二の腕、下半身全体」など、複数回答する人が続出!みなさん、自分の身体に相当不満を持っているようです。

一番多かったのは「お腹(10名)」という回答。約半数の女性が、お腹周りにコンプレックスがあるようす。お風呂場で鏡を見るたびに、たっぷりと脂肪のついたお腹にげんなりしている女性も多いのではないでしょうか。その気持ち、とてもよく分かります・・・。

アンケート結果 コンプレックス

その後、「脚(6名)」「太もも(3名)」「お尻(3名)」「顔(3名)」と続きます。下半身全体をまとめると12名になり、お腹を超える結果に。脂肪がつきやすく、痩せにくい下半身はコンプレックスの塊なのかも。特に、キュッと上がったお尻がトレンドの今、垂れたお尻をどうにかしたいと思っている女性は多いことでしょう。

コンプレックス 女性のお尻

「すべて」と答えた人も2名いました。これはなかなか深刻。

見た目に自信が持てないでいると、行動や性格さえも変わってきてしまいます。commonとしては、そういった女性を一人でも減らしていきたいところ・・・。

運動に興味はあるけれど、現実は難しい!

身体のコンプレックスを解消するためにぜひ取り組んで欲しいのが、何らかの運動をすること。

そこで「フィットネス(運動)に、興味はありますか?」という質問をしたところ、21名の女性が「はい」と回答し、約90%がフィットネスに興味を抱いていることが分かりました。近年は女性のフィットネス市場が拡大し、運動経験があまりない方でも楽しみながらできるプログラムがたくさん登場しましたよね。以前より、フィットネスに興味を持つ女性は増えているように感じます。

アンケート結果 フィットネスへの興味

・・・が!!

実際にジムに通っているかどうかを聞いたところ、通っていると回答したのはわずか7名で3割ほどにとどまりました。残りの16名(内1名は、ジムに行っているけれど全然通っていないと回答)は通っていないという結果に。

詳しく話を聞いてみると、「時間がとれない」、「美容院やネイルが優先でジムまでお金が回らない」という理由があることが分かります。そう、悲しいけれどこれが現実なのかも!!!

働く女性 疲れている

気持ちでは挑戦したいと思っていても、時間やお金などの理由で一歩踏み出せていない方が多いようです。フィットネスの大事さは少しずつ認知されてきたものの、まだまだ優先順位は低いみたいですね。

こちらの記事もチェック!
「トレーニングに月いくらまで払える?」フィットネスガールの本音を大調査

 

フィットネスを日常的に取り入れているフィットニスタが増えてきた一方で、まだまだ運動まで手が回らず、自分の身体に自信が持てていない女性がたくさんいることが分かりました。忙しい中で、運動をする時間を作るのは確かに大変なこと。ですが、それを上回るほどのメリットがたくさんあることをcommonを通して、ぜひ知っていって欲しいと思います♡

text:common編集部

LINE@友達追加

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。