common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ダイエットの鍵を握る「GI値」。知っておくべき、高GI値・低GI値の食材リスト

2018.7.17
美腸に特化し、食からキレイと幸せを作る専門機関『インナービューティーダイエット協会』にて、インナービューティープランナーとして活動中の片山真美さんによる連載コラム。今回は、GI値について。太らない食材の選び方が分かるようになりますよ。

知れば痩せられる!太らない食べ物の選び方

夏になると、誰もが求める「スリムな体」。ダイエットを加速させたい時期ですよね!そのダイエットを左右するのは、日々の食事であることはご存じの通り。

日々、私たちが何気なく口にしている食材には、“痩せやすい食べ物”と“太りやすい食べ物”があります。毎食時に良質な“痩せやすい食べ物”を摂取できれば良いですが、飲み会や会食、友達との外食など、全ての食事をコントロールするのはなかなか難しいですよね。

友達とランチ

大事なのは、“太りやすい食事”をした後のメンテナンス。また、外食の中でも“痩せやすい食事”を選択することもできます。

その食べ物が私たちの体にどう影響するのかをまず知ることが、ダイエット成功の秘訣だと言えるでしょう。今回は日々のお食事の選択に活用できる、太らない食材の選び方をお伝えします。

ダイエットを左右する“GI値”について

“GI値”という言葉を耳にしたことはありますか?

GI値とは、食後の血糖値の上昇を示す指標、グライセミック・インデックス(Glycemic Index)の略です。食品に含まれる糖質の吸収度合いを示し、摂取2時間までの血液中の糖濃度を測ったものです。1981年に、カナダ・トロント大学のデヴィッドJ.ジェンキンズ博士らが、食品による血糖値の上がり方の違いを発見し広く知られるようになりました。

GI値60付近の物が理想とされ、オーストラリアのシドニー大学では、GI値が70以上の食品を高GI食品、56~69の間の食品を中GI食品、55以下の食品を低GI食品と定義しています。

Posted by admin