common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

なぜ高カロリーなものほど食べたくなる?糖質と脂質がアレを刺激していた

2019.11.4
高カロリーを欲する理由

気がついたらつい揚げ物を食べている、コンビニのお菓子や、ファーストフードをときより無性に欲してしまう・・・なんてことはありませんか?どうして人は高カロリーなものほど魅力を感じ、食べたくなるのでしょうか。栄養学とスポーツ科学を専門とする筆者が、その理由について迫ります。

つい高カロリーなものを食べてしまうのは何故?

霜降りステーキ、唐揚げ、ポテトチップス、ファーストフードなど、高カロリーな食べ物はおいしくてついお箸が進んでしまいます。

ダイエットをしていると、こうした油の多い食事は太ってしまうのでできるだけ避けたいですよね。しかし、おいしいのでつい食べたくなってしまい、ダイエットの成功率を下げてしまいます。

そもそもどうして私たちは油の多い食事を好むのでしょうか。その理由を知るとダイエットの成功に繋がるかもしれません。今回は、どうして高カロリーなものほど食べたくなるのか、その理由について解説したいと思います。

『空腹』は痩せる?太る?空腹ダイエットの気になる噂を徹底解明

食欲は胃ではなく「脳」で感じる

脳

そもそも、ものを食べたいという欲求には脳が関係しています。

私たちの体は食事からエネルギーを得ないと動かすことができません。体の中にある程度の栄養を蓄えることはできますが、蓄えられる量には限りがあり常に食事からエネルギーを補う必要があるのです。

体がエネルギー不足だと感じると、その情報が脳に届けられ、体に何か食べなさいという命令を出します。これが食欲の正体です。

また、本当の空腹ではなくても食欲を感じることがあります。エモーショナルイーティングとも呼ばれる、感情に支配された食欲のことです。寂しい、満たされない、つまらないといった気持ちを食べることで埋めようとする行動です。体はエネルギー不足ではなくても、脳が辛さを察知すると幸せを感じようと、体に何かおいしいものを食べるように命令を出すことがあるのです。

Posted by kamoshita