間違った“チートデイ”がダイエットを失敗させる!正しいやり方・ルールとは?- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

間違った“チートデイ”がダイエットを失敗させる!正しいやり方・ルールとは?

2018.6.18

ダイエットを成功させるためには、好きに食べて良い“チートデイ”を取り入れることが大事。そんな噂を耳にしたことがある方も多いのでは?しかし、間違った認識でいると反対にダイエットの妨げになることも!チートデイについて、しっかり知っていきましょう。

そもそもチートデイとは?

最近耳にするようになった、“チートデイ(Cheat day)”という言葉。英語の「cheat」には、だます、いかさまをする、浮気をするといった意味があります。

ダイエットで用いられるチートデイとは、自分の身体をだます日のこと。なぜ、だますことになるのかは後ほどお話しますが、簡単に言えばチートデイは「好きに食べても良い日」です!

ダイエット中なのに、自由に食べていいなんて何だか嬉しいですよね♡しかも、ダイエットの停滞期を乗り越えるために大事な役割を果たしてくれるんだとか!

チートデイ=ダイエットの停滞期を乗り切るメソッド

カロリーを制限しておこなうダイエットの間、必ずといって良いほど悩まされるのが「停滞期」です。するすると落ちていた体重がぴたりと止まってしまう現象のこと。

停滞期は、ダイエット中の食事量に身体が慣れてしまい、エネルギー消費がその量に対応してしまうことで起こると言われています。これは人間が生きていく上で大事な「恒常性維持」という仕組みによるもの。飢餓状態になっても、生命を維持できるようにできているのです。

チートデイとは

少量のエネルギーで活動できる身体になっているため、この時に普通の食事量の生活に戻してしまうとエネルギーが余ってしまい、脂肪となってしまいます。これがリバウンドの原因になっているのです。

その停滞期を打破するために用いられるのが、チートデイです!1日だけ摂取カロリーを増やして、飢餓状態でないことを身体にアピールすることが目的。脳をだますことによって、停滞期を抜け出しスムーズに痩せることができます。

間違ったチートデイはダイエットの敵!

チートデイ=ダイエット中でも好きなものを食べて良い日、というイメージだけが広がってしまっているせいか、適当にチートデイを取り入れている方も多くいるようです。ダイエット中のストレス発散のためでしょ?と思っているなら、それは大きな勘違い。

なかなか痩せられないのは、間違ったチートデイのせいかもしれません。ダイエットが失敗に終わらないように、しっかりとしたやり方・ルールを覚えておきましょう。

必読!失敗しないチートデイのやり方・ルール

① 停滞期に入ったら行う

失敗しないチートデイのやり方

あくまでチートデイは、停滞期を脱するための一つの方法です。停滞期というのは、ダイエットを始めて数キロ落ちたあとに訪れるものです。まだ体重が落ちてもいないのに、チートデイを取り入れるのは間違い!そもそも脳をだます必要はありませんよね。

2~3キロ落ちたけれど、そこから2週間以上経っても一向に動きが無い場合に取り入れてみましょう。

② 計画をしてから行う

そろそろ我慢できないから、今日はチートデイにしよう♡というノリで決めるのは辞めましょう。何となくで始めると、自然と頻度が上がってしまいます。停滞期にはいったと感じたら、あらかじめこの日に行うということを決めておくのがおすすめです。日程を決めておくと、一つの楽しみにもなりますよね。その日までは、体重が変わらなくても一途にダイエットを続けましょう。

③ 絶対に1日だけ!

チートデイという名前からも分かるように、1日だけ行うことがルールです。数日続けてしまえば、チートデイではなくただの挫折・・・。リバウンドしてしまう可能性も高まるので、絶対に辞めてくださいね。

④ 思い切って食べまくる♡

ダイエットの停滞期に食べる

「ここまで頑張ったのに、チートデイのせいで太ったらどうしょう」と不安になる気持ちも分かりますが、1日だけは気持ちを切り替えて、思いっきり好きなものを食べましょう!少し量を増やしたくらいでは、「恒常性維持」の仕組みに影響せず、意味がないと言われています。

普段は我慢している糖質多めのスイーツや丼もの、パスタ、ラーメンなどを食べてみて。日頃のダイエットのストレス発散にもなります!

⑤ 体重が増えても焦らない

食べたらその分体重が増えるのは当然のこと。チートデイを終えた直後1~3日は、体重が増えていることでしょう。ただしすぐに脂肪になるわけではないのでご安心を。数字を目にしてしまうとストレスになる!という方は、数日間は体重計にのらないようにしましょう!

▽“48時間リセット”で食べ過ぎをなかったことに♡減量外来ドクターが教える、3つの簡単メソッド

⑥ チートデイの力を信じる

チートデイを取り入れたことによる身体の中の変化は、目には見えないので実感しにくいのが難点。そこで大事なのが、チートデイによって停滞期を抜け出せた!と信じること。これで大丈夫だと前向きな気持ちになることで、この先のダイエットにも、やる気が湧いてきます。プラシーボ効果が発揮されることもあるでしょう。

※プラシーボ効果=偽薬効果:薬でないものでも、薬だと信じて飲むと症状が回復することがあるというもの。実際に、実験結果でも実証されている。

⑦ それでも痩せなければダイエット方針を見直す

チートデイ効果

チートデイを取り入れても変化が見られない場合、そもそものダイエット方法が合っているかどうかを見直す必要があります。食事が少なすぎて代謝が落ちているのかもしれませんし、既に体重は適正なのかもしれません。

そうなった時に積極的に取り入れて欲しいのが、トレーニングです。食事制限だけでは得られない、引き締まった身体を手に入れることができます。そもそも体重にだけ囚われることもなくなりますよ。

 

取り入れる人が増えてきたチートデイですが、間違ったやり方はダイエット失敗の元。これを読んで、思わずドキッとした方も多いのでは?正しい知識を身につけて、効率の良いダイエットを行っていきましょう!

text:common編集部

COMMONのLINE@友達追加

美尻特集

オトナ恋愛部特集

フィットネス関係ライター募集

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。