【医師監修】簡単ダイエット。“48時間リセット”で食べ過ぎをなかったことにする方法- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

【医師監修】簡単ダイエット。“48時間リセット”で食べ過ぎをなかったことにする方法

2018.6.2

ダイエット中なのについ食べ過ぎてしまった・・・誰でもそんな経験はあるのでは?でも大丈夫!テレビや雑誌などさまざまなメディアで活躍されている、減量外来ドクターの工藤 孝文(くどう たかふみ)先生によると、食べ過ぎは48時間でリセットすればさほど影響はないんだとか。おすすめのリセット方法を教えてもらいました。

過剰エネルギーは、48時間ストックされている!

――食べ過ぎてしまってすごい後悔することがあります。これじゃ頑張ってきたダイエットが台無しですよね・・・。

いえいえ、食べ過ぎたからとすぐに太るわけではないので、安心していいですよ。過剰に摂取して余ってしまったエネルギーは、肝臓に運ばれ48時間ストックされます。

なので、48時間かけて食べ過ぎを調整するようにすれば良いのです。

部屋にいる女性

ダイエット中なのに食べすぎてしまった!という話は、患者さまから実際よく耳にします。そこで投げやりになってしまうか、その後の生活で食べすぎた分をリセットしようとするかでダイエットの結果は大きく変わってきますよ。

簡単!3つのリセット方法

――そうなんですね!安心しました。具体的にどんなことをすれば良いですか?

一番大切なのは、やはり食事です。運動をしてそのカロリーを消費しようとしても限界がありますからね。

ヨーグルトを食べる女性 食べ過ぎリセット

私がおすすめしているリセット方法はこの3つ。

1つ目は、「食前に乳製品を食べること」です。
ヨーグルトなら小さなカップ1個、牛乳ならコップ1杯程度を食事の前に摂ることで、食事中の血糖値の上昇が緩やかになります。血糖値が急激に上がると、脂肪を貯めこもうとするホルモンが分泌されてしまうので、出来るだけ血糖値の急上昇は避けることが大切なんです。
さらに、乳製品に含まれるカルシウムが脂質の吸収を抑えてくれるという研究結果もあります。

2つ目は、「酢のものを食べること」です。
いつもの食卓に一品、酢を使った料理を加えてください。大さじ1杯のお酢を取り入れるのでもOKです。
お酢に含まれる酢酸には、血糖値の上昇を抑える効果があります。クエン酸にも酢酸と同じ作用があると言われているので、梅干しや柑橘類を食べるのもおすすめです。

3つ目は、「ビタミンB群を食べること」です。
ビタミンB群には、糖質や脂質の代謝を促す作用があるので積極的に摂るようにしましょう。穀物の胚芽、レバー、卵、豆類などに豊富に含まれていますよ。毎食摂れるようにすると良いでしょう。
ただし、“食べたら痩せる“という魔法の食材でないことは忘れずにいてくださいね。適量を取り入れて、身体の巡りを促進することで食べ過ぎをリセットしていきましょう。


食べ過ぎてしまったせいでダイエットも投げやりに・・・という負のスパイラルからはもう卒業!工藤先生伝授の3つのリセット方法なら、誰でも簡単に取り入れられますね。ぜひ参考にしてみてください。

工藤 孝文

福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院を経て、福岡県みやま市の工藤内科で診療を行う。2017年よりスマホ診療を導入。日本糖尿病学会・日本東洋医学会・小児慢性疾病指定医。 「世界一受けたい授業」「ホンマでっか!?TV」などテレビ出演多数。

text:common編集部

commonからのHOTな情報を手軽にGETしよう!

最新のフィットネスやビューティー情報など、ライフスタイルを彩る情報を配信中!

LINE友達限定のプレゼントキャンペーンも随時開催!

友だち追加
お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。