豆乳は意外と高カロリーで太る?ダイエット中の豆乳の飲み方とは- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

豆乳は意外と高カロリーで太る?ダイエット中の豆乳の飲み方とは

2019.3.28

女性に嬉しいメリットがたくさんある豆乳。頻繁に飲んでいるという人も、多いのではないでしょうか。しかし、女性の味方である豆乳も、飲み方によってはダイエットの妨げになってしまうかもしれません。今回は、豆乳の特徴やダイエット中の飲み方についてご紹介します。

ヘルシーなイメージの豆乳だけど・・・

豆乳は、牛乳と比べてヘルシーで、美容と健康に良いというイメージがあるのでは?ダイエットに効果的という噂もあり、毎日飲んでいるという人もいることでしょう。

実際に、豆乳は牛乳より脂質が少なく、栄養も豊富で美容や健康に良い影響を与えるのですが、ダイエットにおいては少し飲み方を工夫する必要があります。まずは、豆乳についてご説明しますね。

豆乳の気になる栄養素

豆乳の栄養素

豆乳は、大豆を煮詰めたときに出た汁を濾した飲み物です。大豆は健康や美容に良いと聞いたことがあると思いますが、はたしてどのような栄養素が含まれているのでしょうか。ご紹介します。

1.大豆タンパク質

大豆タンパク質は、筋肉を合成するためには欠かせない栄養素です。また動物性タンパク質よりも吸収速度が遅いので、満腹感を得やすいといった特徴もあります。なお、女性向けダイエットプロテインの多くも、大豆タンパク質で作られています。

【トレーナー監修】効率よく痩せるプロテインの使い分け方

2.イソフラボン

豆乳といえば、イソフラボン!イソフラボには、女性ホルモンに似た働きがあるため、適量ならホルモバランスを整えてくれるといわれています。過剰摂取すると逆にホルモバランスが崩れるそうです。

3.レシチン

余計なコレステロールの吸収を抑制してくれる作用があります。肥満対策にも効果的でだと言れています。

4.サポニン

血流を促進し、老化の原因である活性酸素を流してくれます。

5.ビタミンB群

ダイエット中のイライラ抑制や集中力向上が期待できます。

6.ビタミンE

血流改善とホルモンの分泌を増やす作用があります。アンチエイジング作用が期待できます。

7.オリゴ糖

腸内環境改善に効果的です。腸内が綺麗になることで、便秘解消や免疫力向上、美肌効果も期待できます。

アーモンドミルクは豆乳よりダイエット効果がある?!アーモンドミルクのカロリーや糖質

意外と高い!?豆乳のカロリー

美容にも健康にも良い豆乳ですが、それなりにカロリーはあります。他の飲み物と比較してみましょう。

200ml当たりのカロリー
・調整豆乳= 117kcal
・無調整豆乳= 115kcal
・牛乳= 133kcal
・コーラ= 90kcal
・スポーツドリンク= 38kcal
・濃厚カフェオレ= 94kcal
・オレンジジュース= 102kcal

いかがでしょう?牛乳よりは少し低いものの、他のジュースと比べるとカロリーは高いことが分かります。健康に良さそうだからと、飲み過ぎるとオーバーカロリーになってしまうので注意しましょう。

豆乳のメリット

豆乳

豆乳は何のために飲むのか、本当に良い事ばかりなのか。ここでは知っているようで知らない豆乳のメリットとデメリットをご紹介します。

1.肌に良い

イソフラボンやビタミンEの働きにより肌の新陳代謝向上に繋がり、シミ・シワ・くすみ・ニキビの予防、肌のハリ・弾力アップに良いといわれています。

2.便秘解消

オリゴ糖が腸内環境を整えてくれるので、便秘解消が期待できます。

3.お腹が痛くなりにくい

牛乳を飲むとお腹が痛くなる、下してしまうという方も多いのでは?それは牛乳などの乳製品に含まれる“乳糖”が体質に合わない“乳糖不耐症”のせいかもしれません。豆乳なら、“乳糖不耐症”の人でも、飲むことができます。

4.筋肉の分解を抑制

吸収速度がゆっくりなので、食事ができない時間帯の筋肉分解の抑制に効果的です。

5.脂肪になりづらい

食後の血糖値が急上昇するほどインスリンが分泌されて糖を脂肪として蓄えます。豆乳は、血糖値の上昇が緩やかなのでインスリンの分泌が減り、糖が脂肪として蓄えられる事が少なくなるのです。また、レシチンの働きにより、コレステロールの吸収を抑制してくれるので肥満予防にも効果があるといわれています。

白湯とコーヒー、ダイエットに良いのはどっち?痩せる飲み方は?

豆乳のデメリット

ここからは豆乳を飲む際に知っておきたいデメリットもご紹介します。飲み過ぎには注意が必要ですよ。

1.ホルモンバランスが崩れるかも

豆乳を過剰摂取すると、女性ホルモンと同じ働きを持つエストロゲンが強くなりすぎてホルモンバランスが崩れる事もあるそうです。豆乳は、1日200~300mlほどにした方がいいでしょう。

2.オーバーカロリー

豆乳は痩せやすい体質になるといわれていますが、200mlで117kcalあるので飲みすぎるとさすがに肥満になると思います。

3.身体が冷えるかも

豆乳や豆腐など大豆には身体を冷やす性質があるそうです。昔は冷えを防ぐために身体が温まる根菜や鶏肉と一緒に食べていたという話もあります。豆乳だけで食事を終わらせてしまうと冷え性が悪化するかもしれません。

ダイエット中の豆乳の飲み方

豆乳を飲む女性

最後に、ダイエット中に豆乳を取り入れる方法をご紹介していきます。

・豆乳を食事前に飲む

豆乳を食事前に飲むとお腹が膨れて満腹感が得られます。ストレスなく、食事量を減らす事が可能です。ホットで飲むと気持ちも落ち着き、満足度もアップします。

・豆乳を間食にする

おやつを食べたくなったときにも、豆乳はおすすめです。200mlで117kcalありますが、それでも、甘いスイーツやスナック菓子を食べるよりもずっとヘルシーですね。砂糖や小麦粉で作られたお菓子よりも、栄養も摂れます。

ただし、豆乳の過剰摂取にならないように、1日1杯を目安にしておきましょう。

・基本は栄養バランスの良い食事

豆乳はダイエットに良い!という情報が多くありますが、豆乳を飲めば痩せるということはありません。あくまでもダイエットのサポート役。ダイエット中に豆乳を取り入れるなら、まずは栄養バランスの良い食事を食べるようにしてください。これがあってこそ豆乳がダイエットに活かせるようになるのです。

 

豆乳をダイエットに役立てよう!

豆乳は美容と健康にとても良い飲み物です。ただ過剰摂取によるデメリットもあるので意識としては、ここぞというときの栄養ドリンクのような考えでいた方がいいかもしれません。豆乳は1日1杯ならダイエットの強い味方になりますので昼食の前や間食などに、ぜひ飲んでみてくださいね!

松田 歩

松田 歩

猫好きな元インテリアアドバイザー。ほぼ毎日ジムに通っており、その知識はマニアのレベルに達している。男性の筋肥大から女性のダイエット、食事やサプリメントまで幅広く精通。野球、テニス、スノボー、スキューバーダイビングも大好き。

LINE@友達追加

美尻特集

オトナ恋愛部特集

ライター募集

RANKING

人気の高い記事をご紹介!
お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。

KEYWORD

人気のキーワードをご紹介!

common instagram

    View on Instagram