common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【トレーナー監修】効率よく痩せるプロテインの使い分け方

2018.1.15
今をときめく、人気トレーナーたちにトレーニングやダイエットの素朴な疑問をぶつけるこの企画。プロの目線からしっかり答えていただきます。今回お話を伺ったのは、『イケトレ』に登場してくれた代々木にある「Best Body Make」の林 龍太さん。プロテインやダイエット中の甘いものの摂り方について、教えてもらいました。

プロテインは女性でも飲むべき!?

――プロテインって、ムキムキにしたい男性が飲むイメージが強いんですが・・・女性でもプロテインは必要ですか?

はい、飲んだ方が良いです!

――そうなんですね。それは何で?

そもそも“プロテイン”は、タンパク質をただ英語にしているだけ。3大栄養素、糖質・脂質・タンパク質の一つなので、プロテインも身体に必要な栄養素なんですね。

だから、体内で不足している状態が続くと、筋肉がつきづらい状態になってしまうんです。せっかくトレーニングしたのに筋肉がつかないのではもったいないですよね。そうならないように、プロテインはしっかりとって、筋肉のエネルギー源にした方が良いんです。

――おすすめのプロテインとかあるんですか?

う~ん、まずプロテインには、ホエイプロテインという牛乳などでつくられている乳清のものと、大豆で作られているソイプロテインの2種類があります。これを目的によって、うまく使い分けた方が良いんです。

――なるほど。でも、どうやって使い分けるんですか!?

トレーニング後であれば、ホエイプロテインをとった方が良いです。吸収が早くて筋肉のエネルギー源になりやすいので。

一方ソイプロテインは間食としておすすめ。女性だと置き換えダイエットをされている方も多いと思うんですけど、そういうときにソイプロテインを取り入れると腹持ちが良いので、一食としてカウントするにはすごく良いと思います。

女性はどこを鍛えるべき?

――ちなみに、女性ならここを鍛えた方が良っていうのはありますか?

女性だと脚の筋力が弱くなりやすいので、スクワットだったりとか、脚中心のトレーニングはした方が良いと思います。ヒップアップにもなりますし。

とはいえ、上半身の筋肉も弱いっちゃ弱いんで・・・特に二の腕が気になる方なんかは、出来る範囲で二の腕のトレーニングもしていった方が良いと思います。

Posted by admin