アーモンドミルクは豆乳よりダイエット効果がある?!アーモンドミルクのカロリーや糖質、アーモンドミルクの作り方も- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

アーモンドミルクは豆乳よりダイエット効果がある?!アーモンドミルクのカロリーや糖質、アーモンドミルクの作り方も

2018.12.7

これまでダイエットドリンクとして、ハリウッドセレブなどの感度の高い方々から発信されてきたものに、アサイーやチアシード、そして豆乳などがあったことはみなさんご存知かと思います。さらに今話題のダイエットドリンクが「アーモンドミルク」です。アーモンドミルクとは、「牛乳」、「豆乳」に次ぐ「第三のミルク」と呼ばれるもので、みなさんがよく目にするあのアーモンドをすりつぶして水で溶かしたもののことをいいます。今回はこのアーモンドミルクがなぜ注目を集めているのか、そのカロリーや作り方、ダイエット効果のある飲み方などを紹介していきます。

アーモンドミルクのダイエット効果は?気になるカロリーも検証

アーモンドミルクのカロリーが気になる

ダイエットをする際に、まず最初に気になるところは「カロリー」だと思います。市販のアーモンドミルクを見てみますと、コップ1杯(200ml)あたり牛乳は約130kcal、豆乳は約100kcalなのに対して、アーモンドミルク(砂糖不使用)はなんと約30kcal程度であり、かなりの低カロリードリンクであると言えます。これまで飲んでいた牛乳や豆乳をアーモンドミルクに換えるだけで、かなりカロリー摂取量を抑えることができ、ダイエットドリンクとして適した飲み物であることがお分かりいただけたかと思います。

アーモンドミルクは糖質も低い

アーモンドミルク(砂糖不使用)のその他の特徴に、「低い糖質量」があります。コップ1杯(200ml)あたり一般的な牛乳が約10g、無調整の豆乳が約6gなのに対し、アーモンドミルク(砂糖不使用)は1.0gとかなり低く、ダイエットのために糖質制限をしている方にも安心して飲んでいただける飲み物であると言えます。

他にもあるアーモンドミルクのダイエット効果

アーモンドミルクには、低カロリー低糖質の他にも

・ビタミンEが豊富

・オレイン酸が豊富

という特徴があります。
ビタミンEは抗酸化作用があり、体内の酸化を防ぐはたらきがあります。体の酸化を防ぐことは、つまりは体の老化を防ぐことであり、ダイエットをしながら若々しい体を保つことができる大事な成分と言えます。
オレイン酸とは、不飽和脂肪酸という油の一種のことです。「油」と言っても、オリーブオイルや魚に多く含まれる「体に良い油」で、他の食べ物に含まれる脂肪として体につきやすい悪い油を体外へ排出する作用があります。つまりは、体脂肪のつきにくい体になるために重要な成分であり、ダイエット効果に直結する成分でもあるのです。

アーモンドミルクの作り方を知ってダイエット効果アップ

アーモンドミルクは、低カロリーで低糖質、さらにはダイエット効果の高いビタミンEやオレイン酸が豊富ということで、豆乳を超える最強のダイエットドリンクであると話題になっています。アーモンドミルクは自分で作ることもできます。ここではアーモンドミルクの作り方をお教えします。

アーモンドミルクの材料

材料はなんと、「アーモンド」と「水」たったこれだけです。ただし、一般的にスーパーやコンビニなどで売っているアーモンドはローストアーモンド(素焼き)のものですが、ここでご用意いただきたいものはローアーモンド(生)です。ローストアーモンドでも作ることはできますが、ローアーモンドの方がよりダイエット効果の高い成分が多く含まれています。ローアーモンドは通販で簡単に購入できますし、冷蔵庫で約3ヶ月保存可能ですので、大量に安く購入しておけば市販のアーモンドミルクを買うよりもコストを抑えることができます。

アーモンドミルクの作り方

アーモンドミルクの作り方は次のとおりです。

1、アーモンド1カップ分を3カップほどの水に一晩浸しておく。

2、水に浸したアーモンドをザルにあけ、水4カップと一緒にミキサーにかける。

3、なめらかになったら清潔な布などで包み、絞る。(アーモンドのカスを取る)

この絞ってでてきた液体こそがアーモンドミルクです。冷蔵庫保存で4〜5日持ちますので、作り置きも可能です。

市販のものを購入するならどこのアーモンドミルクがいい?

アーモンドミルクを自分で作るのは面倒だ、家以外でも飲みたいし…という方もいらっしゃるかと思います。そんな方には市販のアーモンドミルクがオススメですが、色々なメーカーから多くのアーモンドミルクが発売されており、中には砂糖が多く含まれていたり、アーモンド自体がかなり少量しか入っていなかったりと、ダイエットにとって逆効果にもなりかねない商品があることも事実です。そこで、ダイエットにおすすめのアーモンドミルクの市販商品をご紹介します。

ダイエットにおすすめ市販のアーモンドミルク①アーモンド・ブリーズ 砂糖不使用

砂糖不使用、コレステロールゼロ、乳成分不使用とダイエットドリンクとして重要な項目をクリアしている商品です。コストコやアマゾンで購入することができます。

ダイエットにおすすめ市販のアーモンドミルク②カークランドのオーガニックバニラアーモンドミルク

純粋なアーモンドミルクのままでは飲みにくい、という方にオススメの商品です。こちらも砂糖不使用でなおかつオーガニックのアーモンドを使用しており、安心して飲むことができます。コストコやアマゾンで購入することができます。

ダイエットにおすすめ市販のアーモンドミルク③EcoMilのアーモンドミルク

有機栽培のオーガニックアーモンドを材料に使用し、さらには乳化剤、安定剤、保存料などの添加物は一切使用していない限りなく自分で作るアーモンドミルクに近い商品です。アマゾンなどの通販で購入することができます。

コーヒーやプロテインで割ってもいいアーモンドミルクの飲み方

アーモンドミルクをそのまま飲むのは味が好みじゃないからちょっと抵抗が…という方には、別の飲み物や食べ物に混ぜてしまうという方法があります。例えばダイエット向けのプロテインや、コーヒー・紅茶にまぜて飲んでもいいですし、料理でこれまで牛乳を使っていたものをアーモンドミルクに置き換えて作る、という方法もオススメです。ダイエット効果のあるアーモンドミルクの1日の摂取量の目安はコップ1杯(約200ml)です。無理なく楽しく続けられるあなただけの飲み方を見つけ出してみてください。

最後に

今回は、豆乳や牛乳よりもダイエット効果の高いアーモンドミルクについてご紹介しました。バランスの良い食事、適度な運動をしてもなかなかダイエットできない…とお悩みだった方も、一度アーモンドミルクダイエットを試してみてはいかがでしょうか。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

LINE@友達追加

美尻特集

オトナ恋愛部特集

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。