common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

顔のたるみをなくしてマイナス5歳若見え!改善&予防法4選

2018.12.8

たるみのある顔は、見た目のおばさん化を一気に加速させる大きな原因になります。そうならないためにも、今から改善&予防しておきましょう!ここでは、顔のたるみを改善&予防する4つの方法をご紹介しています。いつまでも若々しくいたいと願うなら、実践してみてくださいね。

顔のたるみが気になる・・・

若い頃は気にならなかったのに、アラサーからなんとなく顔のたるみやハリのなさが気になりだした・・・なんてお悩みをお持ちの方、多いのではないでしょうか。 

たるみのある顔は、見た目年齢をグッとあげ、一気におばさん化を加速させてしまいます。そんな事態にならないように、できることから改善&予防をしましょう。

まずはあなたの顔のたるみ度&習慣をチェック!

□頰を触ると柔らかく、弾力がない
□ほうれい線が気になりだした
□涙袋が大きくなってきた
□あごのお肉が気になる
□猫背だと言われる
□デスクワークが多い
□スマホを1日3時間以上見る
□乾燥肌だ

3つ以上当てはまるなら、注意したほうがいいかも!ここからは、顔のたるみの原因と改善法をご紹介していきます。

顔のたるみの原因①加齢

お肌の表面は、上から表皮、真皮、皮下組織と三層構造になっています。表皮の下にある真皮層には、タンパク質でできたコラーゲンやエラスチンが繊維状の組織が網目のように張りめぐらされ、その間をヒアルロン酸などのゼリー状の基質が水分を抱えながら満たして、お肌の弾力を保っているのです。

加齢とともに、顔のハリを支えるコラーゲンやエラスチンなどが減少していきます。これらが減少してしまうとハリや弾力がなくなり、顔がたるんでしまうのです。

顔のたるみの原因②表情筋の衰え

さらに、加齢により皮膚の裏にある表情筋が衰え、皮膚を支える力が弱まることもたるみの原因になります。加齢でなくとも、普段あまり表情筋を使っていない自覚がある方は要注意!筋肉は使わないとどんどん衰えていってしまいますよ。

顔のたるみの理由③紫外線

顔のたるみ

紫外線にはA波とB波がありますが、紫外線A波は肌の真皮にまで到達し、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンに悪影響を与えます。これがしみやシワ、たるみの原因を作ってしまうのです。

さらに紫外線A波は、雲や窓ガラスも通り抜け、肌にダメージを与えます。「普段は室内にいることが多いから私は大丈夫!」なんて油断している方こそ要注意ですよ。

顔のたるみの理由④乾燥

肌の乾燥により水分量が低下することで肌の弾力やハリが失われ、たるみに繋がります。さらに乾燥はたるみだけではなく、シワの原因にもなってしまいます。美肌にとって乾燥は大敵なのです!

特にこれからの時期は空気が乾燥しているので、肌の乾燥にもより一層注意が必要です。

顔のたるみの理由⑤間違ったセルフマッサージ

良かれと思ってやっている顔のセルフマッサージ、ちょっと待って!

そのセルフマッサージこそが、たるみの原因を作っているかもしれません。オイルなどをつけずに強い力でマッサージを行った場合、皮膚が余計に伸びてしまい、たるみの原因に。マッサージをするときは必ずオイルなどをつけ滑りを良くして、優しい力で行なってください。

力加減がわからない方は、ツボ押しだけでやめておきましょう。ツボ押しだけでも顔のむくみに十分効果がありますよ。

▽こちらの記事もチェック!
“フェイシャルヨガ”で速攻顔痩せ!デート前日にしたいスペシャルケア

顔のたるみの原因をご紹介しました。ここからは、顔のたるみを改善&予防する方法をご紹介します!

顔のたるみ予防&改善法①たっぷりと保湿

肌のハリを取り戻すためには、保湿が必須です!洗顔後はすぐにスキンケアを行いましょう。化粧水を塗る前に、導入美容液やオイルなどを塗ると、化粧水がグングン肌に浸透します。特に乾燥しやすいこれからの季節は念入りに保湿をし、スプレー化粧水を持ち歩くなど、日中でも肌が乾燥してしまわないようにしましょう。

顔のたるみ予防&改善法②1日スプーン1杯のオイルを摂取

顔たるみ

外側からだけじゃなく、内側からのアプローチも効果的です。1日スプーン1杯の良質なオイルを摂取すれば、肌にハリやツヤが現れ、さらにお通じもよくなることが期待できます。ただし、オイルは必ず良質なものを選ぶようにして!エキストラバージンオリーブオイルや、オメガ3が豊富に含まれている亜麻仁油やえごま油などがおすすめです。

▽この記事をチェック!
亜麻仁油・えごま油は“生”が鉄則!正しい「油」の使い方をおさらい

顔のたるみ予防&改善法③日焼け止めでUVケア

「紫外線は夏だけのもの」と甘くみてはダメ!肌の真皮まで届いてコラーゲンやエラスチンにダメージを与える紫外線A波は、夏だけではなく1年中降り注ぎます。秋冬でも、しっかりと紫外線対策をすることで、顔のたるみを予防できます。ただSPFやPAが大きいものを選ぶのではなく、SPF30・PA++くらいのものをこまめに塗り直すのがお肌に優しいのでおすすめです。

また先ほども触れましたが、紫外線A波は雲やガラスも通り抜けます。曇りの日や、1日中室内にいる日でも、紫外線対策は忘れずに行いましょう!

▽この記事もチェック!
【専門家監修】美白化粧水はNG!?シミやしわを作らせない、日焼け肌のケア方法とは

顔のたるみ予防&改善法④表情筋トレーニング

衰えてしまった表情筋は、トレーニングすることで取り戻すことができます。すぐにできる、簡単な表情筋トレーニングをご紹介しますね。

・あいうえお体操

顔たるみ

大きく口を開けながら「あいうえお」と口に出して言ってみましょう。こんな簡単なことで本当に効くの?と思われるかもしれませんが、何度か繰り返していくと顔の筋肉が疲れてくるのを感じます。朝起きてお化粧をする前の習慣にすると、目もパッチリと覚めるのでおすすめです。

・舌回しでほうれい線を解消

口を閉じ、舌先を歯茎に沿ってぐるぐると回していきます。左回し、右回しともに10回ずつ行うと効果的です。1週間ほど続けると、ほうれい線が消え、顔のハリも取り戻せますよ!ぜひ行なってみて。

顔のたるみ予防&改善法⑤頭皮マッサージ

あなたの頭皮、ガチガチに固まっていませんか?頭皮と顔は1枚の皮膚で繋がっています。頭皮が固まってしまうと、血行が滞り老廃物が溜まってしまい、たるみやくすみの原因に。

シャンプーをするときや、お風呂上がりのタオルドライ後、指の腹を使って頭皮全体を優しくマッサージしてあげてください。頭皮のコリがほぐれることで顔のたるみも消え、リフトアップにつながります。

▽頭皮マッサージのやり方はこちら
“抜け毛の秋”はケアが大事!美髪を育てる「川島式ヘアメディカルマッサージ」を伝授

 

顔のたるみを改善する方法をご紹介しました。手遅れになる前に、今から対策を行うことが重要です。10年後の自分を想像して、早速今日から取り入れてみて!

text:Eri Sakata

Posted by admin