common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ピーナッツって糖質制限に向いている?アーモンドより糖質が少ないってホント?糖質制限中にナッツを食べ過ぎはNG?!

2019.1.4

おつまみと言えばピーナッツと言われるくらい、塩気と香ばしさにつられ、そのサイズ感からつい食べ過ぎてしまいますが、糖質やカロリーが気になります。糖質制限にナッツが良いという話を耳にすることもありますが、ピーナッツの糖質はどれくらいなのでしょうか?そこで今回はピーナッツの糖質やカロリー、糖質制限中にナッツを食べ過ぎるとどうなるかを調べました。

 

ピーナッツのカロリーと糖質は?アーモンドより少ない?

ナッツ類は脂肪分解が高いというイメージがありますが、実際のピーナッツのカロリーは1粒で約3kcal、100gで約600kcalです。しかし、ピーナッツは小粒なので気付けば50gくらいは食べてしまってたということもよくあることなので、やはり高カロリーであると言えます。一方の糖質は、100gで約18gとなっています。これだけ見るとあまりピンと来ない数字ですが、ピーナッツ1個あたりの重さは約0.6gです。100gとなるとピーナッツ約166個になるので、さすがに一度でそこまで食べることもないでしょうから、量にさえ注意すればダイエットや糖質制限中でも神経質にならなくても良さそうです。ちなみに、よく比較されるアーモンドの糖質は、100gあたりで約10gとなりピーナッツよりも糖質量は少ないとされています。

ピーナッツの栄養や効能は?

ではピーナッツの栄養を見ていきます。「ナッツ類は食べ過ぎると太る」とは事実なんでしょうか。ピーナッツに一番多い成分が脂質で、ピーナッツの半分を占めています。次いでタンパク質や炭水化物、ビタミンEも多く含まれており、そして食物繊維。半分が脂質で出来ていることから、食べ過ぎは太る原因と言われているようです。また、炭水化物もしっかり含まれているので、やはり食べ過ぎはカロリーも糖質も摂りすぎてしまうことになるので気をつけましょう。あまり知られていませんが、ピーナッツは生活習慣病の予防にはとても有効で注目されている食べ物でもあります。

ピーナッツの栄養・効能①ピーナッツの脂肪は太りにくかった!

脂肪=太るというイメージがありますが、脂肪には動物性と植物性があり、ピーナッツの脂肪は良質な植物性脂肪なので太りにくいとされています。他にも植物性脂肪は血中のコレステロール値を下げる効果があり、動脈硬化や脳卒中などの生活習慣病を予防する効果も報告されています。

ピーナッツの栄養・効能②抗酸化力の強いビタミンEが老化の進行を遅らせてくれる

ピーナッツにはビタミン類の中でも特に老化防止やアンチエイジングによいビタミンEも多く含まれています。ビタミンEほどではないですが代謝をサポートするビタミンBも含まれているので疲労回復にも役立ちます。

ピーナッツの栄養・効能③豊富な食物繊維

豊富な食物繊維のおかげで腸内環境を整え、便秘の改善にも効果が期待出来ます。

Posted by admin