common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

太ももだけ痩せない原因と解決策!ほっそり太ももを叶えるメソッド

2019.11.23
太ももが痩せない原因と解決法

スラっと長くて綺麗な脚は誰もが憧れるもの。しかし実際には、いろいろ努力はしているけどなかなか太ももが痩せず綺麗な脚にならない、という悩みを持った方は多いと思います。そこで今回は、スポーツ科学を専門とする筆者が、太ももがなかなか痩せない理由や、どうしたらスラっと綺麗な脚を手に入れられるのかを紹介します。

太ももだけ痩せない人は多い

ダイエットをしても太ももだけは何故か痩せない。そんな悩みをよく耳にします。こんな経験がある方も多いはずです。

  • 上半身は細いのに、元々下半身だけどっしりしている
  • 体重は3キロ減ったけど、太ももは太いまま
  • トレーニングをして、お腹は凹んだけど脚が太いのが悩み

一般的に、下半身は太りやすく、痩せにくい部分だと言えるでしょう。しかし諦める必要はありません。実は、根本的なことを見直せば、太ももだけ痩せない!という悩みから脱出することができます。

太ももに夢の“隙間”を!内転筋を鍛える3つのトレーニング

太ももの理想の太さ・平均の太さは?

メジャー

理想の太ももの太さは、「身長×0.3」で求められるという計算式があります。この計算によると、身長160㎝だと太ももは48㎝が理想となりますが、それだと少し細すぎる印象ですね。実際には、プラス3~5センチあった方が健康的で今の時代にあった太ももの太さになるのではないでしょうか。日本人の平均的な太ももの太さは、50~55cm程度のようです。

このサイズは太もも痩せの目標にはしない方が良いでしょう。計測方法や太ももの場所によっても誤差がありますし、実際に美脚な方々はそんな数字は気にしていないからです。大事なのは見た目ですよね。見た目が細くなった、美脚になったと思えれば、太もも痩せは成功です。

太ももだけが痩せない原因

太ももだけが痩せない原因

ダイエットをしても太ももが痩せにくいのにはいくつかの理由が考えられます。当てはまることがないかチェックしてみてください。

1、間違った立ち方をしている

太ももにお肉がつきやすかったり、なかなかお肉が減らかったりという理由として、間違った立ち方をしていることが考えられます。間違った立ち方をしていると太ももの筋肉があまり使われず、太ももにお肉を溜め込んでしまう原因になります。

2、太ももが冷えている

太ももや骨盤周りが冷え、血液やリンパの流れが悪くなっているとセルライトがでくやすくなってしまいます。デコボコとしたセルライトがあると見た目が悪くなるだけでなく、血液やリンパの流れがさらに悪化。老廃物を排出してくれるリンパの流れが滞ってしまうことで、どんどん巡りが悪く、脂肪が増えやすい状態になってしまうんです。

ダイエットをしても太ももが痩せないという方は、太ももを触ってみて。きっと冷えていることでしょう。

3、太ももがむくんでいる

下半身太りに悩む女性の多くが、むくみを抱えています。むくみは、さまざまな要因により血管外の液体が増えてしまい、細胞と細胞の間に余分な水分が溜まった状態のこと。自分では気づいていない方も多いですが、むくみよって太ももが太くなっている人は非常に多いのです。マッサージなどで一気に太ももが細くなるのは、むくみを一時的に解消することができるからです。

4、太ももの筋肉が硬くなっている

立ち仕事を行っている方だと、ずっと太ももに力が入った状態なので、太ももの筋肉が硬くなってしまいます。その状態が続くと太ももにお肉がつきやすくなってきます。太もも痩せをしたいなら、筋肉の張りにも注意してみてください。

5、骨盤がズレている

骨盤の向きがズレているということも、太ももにお肉がつきやすい原因として挙げられます。女性に多いのですが、反り腰の方は、骨盤が前側に傾いてしまっています。その状態が長く続くと、太ももの外側が張り出し、太ももの前側にお肉がつきやすくなります。

骨盤は地面と垂直にまっすぐ立っているという状態が理想的です。自分で骨盤を触ってみたり鏡を見たりしてまっすぐになっているかチェックしてあげましょう。

太ももだけ痩せるためのスクワットは逆効果!?

「太もも痩せにはスクワットが効く」そんな噂を耳にして、スクワットをなんとなく始めた方も多いはず。しかし、その結果どんどん太もも太くなっていってしまった・・・!なんてケースも多くあります。

太もも痩せのために、とりあえずスクワットを始めるのは逆効果です。

それは正しいフォームができていない方が多いから。スクワットで脚がパンパンになった、前ももがキツイという状態になるようなら、間違ったフォームなっています。そのまま続けていると、太ももは太くなる一方なので気をつけましょう。

【トレーナー監修】その走り方じゃ脚が太くなる!美脚になるランニングの簡単なコツ

効果のある太もも痩せの方法

ストレッチする女性

それでは、どんなことを実践すれば太もも痩せを叶えることができるのか。太ももだけ痩せないとお悩みの方は、早速実践してみてください。

1、正しい立ち方を覚える

太もも痩せのためには、まずは正しい立ち方を覚えましょう。“正しい立ち方”というと、背筋をピンと伸ばすことを意識することが多いですが、それよりも大事なポイントがあります。

太もも痩せのために大事なのは、両足を引き寄せ内ももにある「内転筋」を働かせることです。何気なく立ったときに足が大きく左右に開いてしまう、がに股になってしまうというのは「内転筋」が使われていない証拠です。意識して両足を寄せましょう。そのためには、お腹とお尻の穴にぐっと力を入れる必要があります。すると、意識しなくても背筋は伸びてくるはずです。

2、水を1.5~2リットル飲む

太ももが痩せない原因を解決するには、冷え解消やむくみ解消のために巡りの良い状態を作ってあげる必要があります。そこで大事なのが、水分補給です。人間の体の60%は水分。水分が足りていないと血液はドロドロになり、健康にもよくありません。

よく言われることですが、水を1日1.5~2リットル、小まめに飲むようにしましょう。カフェインやジュースなどは含みません。冷えが気になる方は白湯がおすすめです。

3、加工食品・コンビニ食品を辞める

ダイエットで3キロ痩せたのに太ももが痩せないという方は、食べているものを見直しましょう。体重は、摂取カロリーを減らせば落とすことができますが、食事の質が悪いと太ももはいつまでもむくんだままです。セルライトも増え続けてしまいます。

原因は、塩分や添加物の多い食事かもしれません。いずれも体の巡りを悪くする要因になっています。塩分と添加物が大量に使われている加工食品やコンビニ食品を控えるようにしてみましょう。根本的な体質の改善にも役立ちます。

4、マッサージを習慣にする

太ももの筋肉を使いすぎて硬くなると脂肪が落ちにくくなってしまいます。疲労が溜まらないうちに定期的にメンテナンスをしてあげましょう。特に日ごろからヒールを履く方は、知らず知らずのうちに筋肉に緊張を与えています。長時間外出した日、足を酷使したなと感じた日は、お家で入念に太ももほぐしてあげるのがおすすめ。

少し奮発してマッサージに行くのもいいですね。滞った血液やリンパの流れを促進してもらいましょう。

5、正しいスクワットでお尻を鍛える

太もも痩せのために、正しいスクワットでお尻を鍛えるのも効果的です。実は、太もも痩せにはお尻の筋肉が必要なのです。お尻の筋肉が衰えていると脚を引きずるような間違った歩き方になってしまいます。それが太ももが痩せない原因にもなっているんです。脚幅を広げたワイドスクワットには、太ももの筋肉を引き締める効果もあります。

太ももだけ痩せないと長年悩んできた方が、1日30回×3セットのスクワットで劇的に美脚になったという例もあります。スクワットは太もも痩せしたい方は、絶対に取り入れるべきトレーニングですね。

ただし、前述した通り、スクワットは正しいフォームで行うことが何よりも大切です。特に意識したいのが、重心の位置。前重心になっていると、太ももに前側が張ってしまう原因になるので注意しましょう。重心をかかと側にし、膝がかかとより前にでないようにしてください。

効かないスクワットの原因5つ。間違いを正して、劇的ヒップアップ!

6、体幹を鍛える

体幹とは腕と脚を除いた胴体部分のこと。脚を鍛えないで太もも痩せ!?と不思議になるかもしれませんが、骨盤を安定させるためには、体幹を鍛えるのが有効です。太ももを太くしないためには、正しい骨盤の位置をキープすることが大切ですが、意識を持つだけでは非常に難しいことです。そこで体幹を鍛えて、体幹がしっかりすると猫背にも反り腰にもならず、正しい骨盤の位置を楽に保てるようになります。

体幹トレーニングで太ももが痩せるなんて意外ですが、体はすべて繋がっています。ダイエットしても太ももだけ痩せないという方は、ぜひ太もも痩せのために体幹を鍛えてみてください。

7、もも裏をストレッチする

太もも裏が固くなっていると、前ももが張りやすくなり、太もも痩せに不利になります。ももの裏側は、常に柔らかくしておきましょう。ケガや疲労の防止にもなります。ストレッチを習慣にすることで巡りの良い下半身を手に入れていきましょう。

 

太ももだけ痩せない!を解決しよう

今回は太ももにお肉がつきやすい原因や、その解決法を紹介してきました。
太ももにお肉がつきやすい原因としては間違った立ち方や骨盤の向きなどが挙げられますが、やはり食生活や運動不足なども影響してきます。
色々努力してきたけどなかなか太ももが痩せないな、という方は今回紹介した中で自分がどれに当てはまっているかを考えて、解決法を実行してみましょう。

監修・執筆:中野卓
大学では栄養学、大学院では運動生理学を専攻。現在はスポーツ科学の研究に携わる。プライベートでは筋トレが日課。ダイエットやトレーニングに関する情報を発信していく。

Posted by kamoshita