【医師監修】ダイエットしたら胸から痩せるって本当?胸の大きさをキープするには?- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

【医師監修】ダイエットしたら胸から痩せるって本当?胸の大きさをキープするには?

2018.8.13

ダイエットをしたら、胸から痩せる。そんな話を耳にしたことはありませんか?中には、実際にそんな経験があるという方もいるかもしれません。でも、それって避けられないことなのでしょうか・・・。気になる胸とダイエットの関係について、テレビや雑誌などさまざまなメディアで活躍されている、減量外来ドクターの工藤 孝文(くどう たかふみ)先生に教えていただきました!

ダイエットで胸は小さくなる!?

結論から言うと、ダイエットをしてスリムになれば、胸はどうしても小さくなってしまいます。

胸はほとんどが皮下脂肪でできています。そのため、脂肪を落としてダイエットをするなら、いくらかは小さくなってしまうのです。

胸が小さい 悩み女性

どのくらい変わってしまうのかは、個人差があるので何とも言えません。脂肪の量や遺伝、ダイエット方法などによっても異なってくると思います。

一つ言えるのは、急激なダイエットをした場合は、特にたるみが生じやすくなるということ。ハリがなくなったと感じる方も多いようです。短期間での無理なダイエットは身体への負担も大きくなり、リバウンドにも繋がりやすいのでやめましょう。

栄養の偏ったダイエットは胸が小さくなる

食事制限によるダイエットに取り組む方は多いと思いますが、栄養バランスの悪い食事になってしまうと、胸にとって必要な栄養も足りなくなってしまいます。血流も悪くなり、栄養が行き渡らなくなってしまうので要注意。ダイエットで胸が急激に小さくなったという方は、偏った食事が原因になっているせいかもしれません。

食事

さらに、必要な栄養が摂れずに女性ホルモンの分泌が減少してしまうと、胸の発達にも悪影響があると考えられます。ホルモンバランスの乱れは、あらゆる不調に繋がりますので、決して軽視してはいけません。急激なダイエットで生理が止まったなどという事態は、絶対に避けて欲しいと思います。

ダイエットで胸を小さくしなくないなら、食事面に気をつけましょう。ただ低カロリーの食品を食べるのではなく、五大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル)を意識した、バランスの良い食事を心がけてみてください。

特に、身体をつくるたんぱく質、女性ホルモンの安定に役立つ大豆製品などはとても大事!意識的に取り入れていきましょう。

胸が垂れる原因。ランニング時には注意が必要

脂肪を減らすために、ランニングやジョギングなどの有酸素運動を取り入れる方は多いかと思います。でも気を付けて欲しいのが、胸を支える「クーパー靭帯」が伸びてしまうこと。クーパー靭帯は、一度切れてしまうと元に戻ることはありません。

こちらの記事もチェック!
【トレーナー監修】胸は一度垂れたら戻らない!?怖〜い噂の真相に迫る

スポーツブラ

それを防ぐために、運動をするときには胸を固定するようにしましょう。なるべく揺らさないようにした方が、胸の形はキープできるはずです。

ただし、有酸素運動により脂肪を減らすことに成功すれば、ある程度は胸の脂肪も落ちてしまいます。冒頭でお伝えした通り、痩せて多少胸が小さくなってしまうのは仕方がないことだと心得ておきましょう。

痩せる、ではなくトレーニングで引き締めるという選択

脂肪が多い場合はまず脂肪を減らさなくてはいけませんが、そうではなくスタイルを良くしたいというなら、トレーニングをして筋肉をつけると良いでしょう。体重は減らないかもしれませんが、全体的に引き締まった印象になり身体のシルエットが大きく変わります。

脂肪を減らすためのダイエットとは異なるため、胸が小さくなることはありません。むしろ、元々の胸の脂肪を生かして胸筋を鍛えれば、位置が上がる、形がよくなるなどのメリットが得られるかもしれません。

トレーニング

痩せたい!と思ったときに、ただ食事量を減らすのか、体重は意識せずに筋肉をつけて引き締めていくのかで、胸への影響は変わってくると思います。胸をできるだけ小さくしたくないという方は、トレーニングをすることも検討してみると良いでしょう。食事制限をする場合でも、トレーニングを並行して行うのがおすすめです。

正しい姿勢なら、胸が小さくなっても気にならない!?

何度も申し上げている通り、脂肪を落とすとなると胸が小さくなることは避けられません。その中でもできることがあるとすれば、胸を鍛えるトレーニングをすること、そして姿勢に気を付けることです。

スマホの普及が原因の一つではないかと思いますが、姿勢が悪く、背中が丸まっている人が本当に多くなっています。首が前にでていて、身体全体の軸がずれているような姿勢は、腰痛や慢性的な疲労感を引き起こす原因になっています。見た目も、何だか健康的ではないですよね。

そんな悪い姿勢が続くと、胸の位置が下がってしまいます。大きさは同じであっても、シルエットは大きく変わってくることでしょう。反対に、ダイエットをして胸が少し小さくなっても、しっかり胸を張って姿勢を正していれば気にならない程度の変化に感じられるかもしれません。

ダイエットをして胸が小さくなることが嫌なのであれば、こんな風に見せ方の工夫をしてみると良いでしょう。正しい姿勢でいることは、快適に暮らすためにも大事なことです。年をとった時にも、きっと役に立ちます。ぜひ意識してみてください。

 


ダイエットで胸をできるだけ小さくしたくないなら、急激に体重を減らすような無理なダイエットは禁物!そして、栄養をしっかり摂ること、ランニング時には固定をすること、トレーニングで筋肉をつけること、姿勢を正すことが大切だということが分かりましたね。後で後悔したくない方は、工藤 孝文先生のアドバイスをぜひ参考にしてみてください。

関連記事をチェック
間違った“チートデイ”がダイエットを失敗させる!正しいやり方・ルールとは?
驚愕!“痩せるための運動”が、ダイエットの失敗を招いていた

工藤 孝文

福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院を経て、福岡県みやま市の工藤内科で診療を行う。2017年よりスマホ診療を導入。日本糖尿病学会・日本東洋医学会・小児慢性疾病指定医。 「世界一受けたい授業」「ホンマでっか!?TV」などテレビ出演多数。

text:common編集部

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。

RANKING

人気の高い記事をご紹介!

KEYWORD

人気のキーワードをご紹介!

common instagram

    View on Instagram