common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ダイエット停滞期にチートデイは効かない!本当にやるべきことは別にあった

2019.12.17
チートデイの嘘ほんと

ダイエットをしている方なら、「チートデイ」という言葉を一度は耳にしたことがあるはず。停滞期を乗り切るために、好きなだけ食べていい日として知られていますよね。しかし、このチートデイを取り入れるべき人はほんの一部だということをご存知でしょうか。多くのダイエッターにとって、チートデイは不要だと考えます。今回は、その理由をご紹介していきましょう。

すべて実録!ダイエット成功者が教える『痩せテク』

チートデイが必要になるダイエット停滞期とは

多くのダイエットでは、停滞期が訪れます。体重の減少が止まり、体のラインにも変化が現れないの、早く痩せたいと強く願うダイエッターにとっては辛い時期ですよね。

停滞期が訪れるのは、抑えた摂取カロリーに体が慣れてしまうからです。

例えば、1日2500kcal摂取していた人が、1日1500kcalを目標にし、生活をしていたとしましょう。ダイエットの基本は摂取カロリー<消費カロリーにすることですから、摂取カロリーが減れば痩せていきます。

しかし、人間の体には「恒常性維持」という、飢餓状態になっても生きていける仕組みが備わっています。そのため、だんだんと1日1500kcalの少ないエネルギー量でも生きていける体に変わっていきます。低燃費で痩せにくい状態ですね。

すると1日1500kcalでも、余分な脂肪は燃えていきません。これが停滞期です。

そんな状態を脱するために、脳を「チート/cheat=だます」してスムーズに痩せやすくするのがチートデイです。

チートデイでダイエット停滞期を乗り切れる理由

ショートケーキ

少ないエネルギーで生きていけるようになった低燃費な体に、「飢餓状態じゃないよ!」と訴えるのがチートデイの役割です。

チートデイは、カロリーを気にせず何でも食べて良い日。中には1日4000~5000kcal摂取するという方もいるようです。

1日1500kcalに抑えていた人が、1日3000kcalを摂取すると、脳は「飢餓状態ではないんだな」と認識し、体は再び燃費の良い状態に戻ります。これでダイエット停滞期を乗り切ることができると言われています。

Posted by kamoshita