common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ダイエット経験者はリスク高。骨粗鬆症にならないためにできる4つのこと

2019.4.24
骨粗鬆症は、以前は年配だけのものというイメージでしたが、最近では若い女性にも広がっているんだそう。その背景には無理なダイエットも関係していると考えられます。今回は、栄養学をスポーツ科学を専門とする筆者が、骨粗鬆症にならないために今からできることを紹介していきます。

あなたの骨年齢、大丈夫ですか?

「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」という言葉を聞いたことがありますか?骨粗鬆症は、骨密度が低下し、骨がスカスカになり、骨折を起こしやすい状態のことを言います。

年齢を重ねると骨密度が低下しますが、女性の場合は男性によりも骨密度が低下しやすいと言われています。さらに、近年は過度なダイエットをする女性が増えたことから、20代30代の女性でも骨がもろくなってきています。

一度骨密度が低下すると、元に戻すのは大変なので、毎日の積み重ねが大事になってきます!そこで今回は、栄養学をスポーツ科学を専門とする筆者が、骨粗鬆症にならないために、普段からできる4つの習慣を紹介していきます。

食べるだけでダイエット効果!?脂肪燃焼を助けてくれる食べ物5選

10代のダイエットで将来骨粗鬆症に・・・?

10代は身体全体をつくる大事な時期ですが、この時期にダイエットをしたことがあるという女性も多いのではないでしょうか?最近では、中学生頃からダイエットに手を出してしまうという話も耳にしますが、骨にとっては非常によくありません。

ダイエット

また20代になってから、食事を減らしたダイエットをしたことがあるなら、骨年齢が老いてしまっているかもしれません。その結果として、将来的に骨がスカスカになり、すぐに骨折してしまうような体になってしまう可能性もゼロではありません。

無知識な食事制限を取り入れたダイエットをすると、骨の形成に必要なカルシウムやビタミンDなどの栄養素が不足してしまいます。さらに栄養バランスが崩れ女性ホルモンの分泌量が減少・・・。女性ホルモンのエストロゲンは、骨の成長にも関わるので、分泌量が減ってしまえば、骨密度が低くなってしまいます。

思い当たることがある方は、今からでも毎日の生活を見直して、骨を強くしていきましょう!

Posted by admin