common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【トレーナー監修】プロテインだけじゃ損!トレーニングに「ビタミンD」を取り入れるべき理由

2018.12.17
トレーニングの効果をしっかり得るためには、前後の栄養補給が重要です。タンパク質(プロテイン)を意識的に摂っているよ!という方は多いかと思いますが、ベストボディジャパン公認講師、ダイエットアドバイザーの坂井 雪乃さんによると、ビタミンDも欠かせない栄養素なんだとか!一体なぜビタミンDが必要なのか、詳しくご紹介していきます。

たんぱく質だけじゃない。トレーニングには「ビタミンD」も重要!

筋肉をつけるには、材料となるたんぱく質の摂取が欠かせません。そのことは、女性でも認知している方が増えてきましたよね。トレーニングの後にプロテインを飲んでいる姿をよく目にします。

でも実は、筋肉にとってもう1つ大事な栄養素があります。それが、ビタミンDです。

ビタミンと聞くと肌に良さそうといったイメージが強く、トレーニングとはあまり結びつかないかと思います。しかし、ビタミンは全部で14種類もあるので、それぞれ作用が違っているのです。

では、一体ビタミンDにはどんな効果が期待できるのか、なぜトレーニングしている方に取り入れて欲しいのか詳しくご紹介していきます。

ビタミンDの効果①:丈夫な骨をつくるサポート

骨 女性

まず、ビタミンDにはカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける作用があります。

丈夫な骨を作るためには、カルシウムが必要ですが、そのままでは上手に吸収されないことも。そこでビタミンDの出番です。ビタミンDは体内に入ると、腸管でカルシウムの吸収を促進してくれます。これにより、食べ物から摂取したカルシウムを無駄なく役立てることができるのです。

ビタミンDが不足していると、カルシウムが吸収されず、骨粗しょう症や身体機能の低下に綱ってしまうこともあります。

強い骨は、健康な体に欠かせません。どんなにトレーニングで筋肉がついても、枠組みである骨が弱っていたら意味がありません。丈夫な骨のためにはカルシウムに加え、ビタミンDが必要なのです。

Posted by admin