セックスした相手を好きになるのは女性だけ?「セックスしたから好きになる」は本当?セックスと恋心の関係とは- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

セックスした相手を好きになるのは女性だけ?「セックスしたから好きになる」は本当?セックスと恋心の関係とは

2019.2.5

女性はまだ付き合っていない男性でもセックスすると、だんだん好きになってしまう傾向があるのですが、同じことが男性にも当てはまるかというとそうでもないようです。セックスしたあと、女性は好きになってしまったのに男性の反応がなんだか冷たい!という苦い経験をしたことがある女性も少なくありません。今回はセックスすると相手を好きになってしまう女性の心についてご紹介します。

「セックスしたから好きになる」は本当?女性がセックス相手に恋しやすい理由

初めは身体の関係と割り切っていたのに、だんだんセックスの相手に気持ちが傾いてしまう…。そんな経験をしたことがある女性も多いのではないでしょうか。実はこの現象は女性特有の現象と言われており、男性には、皆無ではないものの、あまり見られない現象と言われています。

これは女性が行為中に男性を受け入れる立場になることが関係していると言われています。現代の日本では、女性がセックスすること=「身体を許す」と言われるように、女性が男性の挿入を受け入れなければ、セックスは成立しないと考えられています。つまり女性はセックス相手の男性のことを、少なくとも「許して」いるわけでこの時点で他の男性とセックス相手の差別化を行っているのです。

さらにセックスの最中に男性から浴びせられる甘い言葉や態度で気分が高揚することにより、徐々にセックス相手の男性に恋愛感情を抱くようになるのです。セックスしている最中に恋愛感情に気づかなくても、終わった後の余韻が恋心に変わる女性も少なくないようです。「セックスしたから好きになる」というよりも「どこかで好きと思っているからセックスする」という方があっているのかもしれません。

性行為と好きになる感情はセット?男女で異なるセックスに対する価値観とは

セックスに対する価値観は男性と女性でかなり異なると言われています。女性にとってのセックスとは、愛する人とできるのが理想であり、男性の身体的魅力はあくまで愛に付随するものである場合が多いと言われています。つまり「顔が良くて肉体が素晴らしくて立派な男性器を持っている」という理由だけで「セックスしたい」と思うのではなく、「身体的魅力があって、かつこの男性が好きだから、または愛されているからセックスしたい」と思う女性が多いようです。

セックス中は男性よりも女性の方が、痛みを伴うことが多く、また肉体的に傷つきやすいため、行為が終わった後もきちんと配慮してくれる男性とセックスしたいと思う傾向があるのかもしれません。このためセックスと好きになる感情がセットになっている女性はかなり多いのではないでしょうか。

一方男性にとってセックスとは快感を得るためのものであり、そのためにはとにかく女性の身体的な魅力が必要となります。このため男性にとってのセックスでは恋愛感情が、身体的魅力やその時のムラムラ感の二の次になってしまうことが多いと言われています。セックスと好きになるという感情を全く別物として捉えている男性も少なくないようです。

セックスした男性を好きになる女性の特徴とその心理

セックスした相手を好きになってしまう女性の特徴として、男性経験が浅いことが挙げられます。セックスした男性を好きなるメカニズムには「男性に愛されている、優しくされている」と感じることが大切です。男性経験が豊富な女性は男性のちょっとした手抜きも見逃しません。このため男性経験が豊富な女性よりも浅い女性の方が、セックスした男性がちょっと下手でも手抜きをしていても気づかず、好きになることが多いのです。

「告白で始まる恋」vs「セックスで好きになる恋」長続きするのはどっち?

初めに告白があり、キスがあり、その後身体の関係になる「告白で始まる恋愛」と、雰囲気に任せてセックスしたら、徐々に気持ちが傾いて始まる「セックスありきの恋愛」では、セックスありきの恋愛の方が長続きすると言われています。なぜ正統派である告白で始まる恋愛よりもセックスありきの恋愛の方が長続きしてしまうのでしょうか。

高校生や大学生など若いうちはあまり意識していませんが、実は恋愛において身体の相性はかなり重要なポイントです。いくら性格で惹かれ合っていても身体の相性が悪いと長続きしにくいとされています。逆に性格が多少合わなくても、夜の営みが楽しいから、なんとかうまくやっていけるというカップルは珍しくないようです。

性格や考え方は、環境の変化や新しい友達との出会いなど、ふとしたきっかけで簡単に変わることがあります。しかし触られて強く感じる場所や好きな体位、性癖はよほど調教されなければ簡単に変わることはありません。このためまずはセックスして身体の相性が合うかどうかを確かめてから、好きになっていく方が長く関係を続けられるのです。10代から20代前半ではセックスより前に告白するという人が多い一方で20代後半以降は圧倒的にセックスをしてから好きになるという人が多いと言われています。10代~20代のうちに恋愛における身体の相性が占める大きさに気づいたという人も多いのではないでしょうか。

最後に

ひと昔まえなら、告白やデートなど恋愛の手順をすっ飛ばしてセックスするなんてありえない!という人も多かったようですが、現在ではむしろセックスから始まる恋愛はスタンダードになりつつあるようです。しかし女性がセックスした男性をだんだん好きになってしまう傾向が強いのに対して、男性の中には「セックスできれば満足」という人も少なくないようです。男性に身体を許す時はヤリ逃げしない相手かよく見極めるのが大切です。

text:common編集部

LINE@友達追加

美尻特集

オトナ恋愛部特集

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。