common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

筋トレなしでお腹ペタンコ!正しい座り方3つのポイント

2019.3.24

お腹をペタンコにしたいけど腹筋運動はしたくない!そう思っている女性も多いと思います。そこで今回は、筋トレをしなくてもお腹を凹ませる“座り方のポイント”をご紹介します。間違った座り方を正すだけで、ぽっこりお腹は簡単に解消できますよ。

座り方だけでお腹は凹む!?

忙しくて運動ができない日々が続き、気づいたらお腹がぽっこり・・・。お腹は生活習慣の影響や加齢によってたるみやすく、元に戻しづらい部位でもあります。それでも、お腹を凹ませたいのが女性の心理なのではないでしょうか!

お腹を凹ませるには有酸素運動や腹筋運動、食事制限をするのが一般的です。しかし、これらをしなくても、“座り方”をちょっと意識するだけでお腹を凹ませる事は可能です。

正しい姿勢で座る事ができれば、自然とお腹周りや骨盤の筋肉バランスが整い、お腹を凹ます事ができるのです。

O脚を根本から改善!「外重心」を改善する内転筋トレーニング

間違った座り方でお腹がぽっこり!

姿勢の悪い女性

逆にいえば、間違った座り方をしているとお腹がぽっこり出てくる可能性があるので注意しましょう。

お尻を前にずらして、腰を曲げて座る座り方になっていませんか?この姿勢は楽かもしれませんが、お腹の筋肉が全く使われていません。お腹にシワが寄って、贅肉があれば“三段腹”になっていることでしょう。お腹が縮こまってしまうと、どんどんくびれも無くなってしまいます。

間違った座り方1位は「反り腰」

反り腰の女性 腰痛

猫背じゃないから私は大丈夫。そう思ってる女性も多いかと思います。でも、自分では背筋を伸ばして座っているつもりでも、実際には、反り腰になっている方はとても多いです。

反り腰は、骨盤が前傾している状態。お腹が伸びて腹筋は緩み、背中の筋肉が張っている状態です。これが習慣になってしまうと、背中、首、肩、腰の痛みや凝りが発生。さらに、ぽっこりお腹になる可能性が高くなります。

【専門家監修】反り腰を直せば、お尻が上がる!反り腰改善に効くメソッド

反り腰かどうかチェック!

まずは自分が反り腰かどうか立った状態でチェックしてみましょう。

反り腰チェック1
壁に後頭部、肩甲骨、お尻、踵をつけます。このとき腰の隙間に『手のひら1枚分の隙間』なら正常です。それ以上なら反り腰の疑いがあります。

反り腰チェック2
壁に後頭部、肩甲骨、お尻、踵をつけた状態でバンザイをします。このとき腰の隙間は先程のチェック1のときと比べて広くなっていませんか?これも反り腰の可能性があります。

チェック1で反り腰の疑いがある人は前ももと股関節の筋肉、チェック2の人は肩周りの筋肉と背中の筋肉が硬くなっている可能性があります。

もちろんこれらは立ったときの反り腰チェックなので、座ったときの反り腰とは少し異なりますが、参考にしてみてくださいね。反り腰によって痛みなどがある人は、一度、整骨院で見てもらうことをおすすめします。

【専門家監修】「整体院」と「整骨院」は全然違う!違いは何?正しく活用するには?

お腹が凹む、正しい座り方のポイント

姿勢の良い女性 椅子に座る

それでは、お腹が凹む正しい座り方をポイントをご紹介しましょう。これは椅子でも床でも同じです。

1.骨盤を立てる

座ったときに座面に触れる坐骨(お尻の左右にある尖った骨)を真っすぐにします。同時に背もたれに仙骨(お尻の割れ目の上の骨)をつけましょう。座面に坐骨の先端、背もたれに仙骨が触れてる状態が骨盤を立てた座り方です。

これが正しくできないと骨盤はゆがみやすくなります。ゆがむと内蔵が下がってお腹がぽっこりでてくるかもしれません。また、筋肉バランスが崩れるので腹筋が弱くなり余計にお腹がでてくる事もあります。

2. 膝と膝をつける

座っているときに脚がだら~っと開いていませんか?これは、太ももの筋肉、お腹の筋肉が全く使われていない姿勢です。太ももの筋肉が弱くなると、お尻は垂れやすくなり、骨盤も不安定になります。骨盤が不安定になると歪みが生じ、ぽっこりお腹になる可能性が高くなります。

座ったときに、脚はしっかり閉じて筋肉が弱らないようにしましょう。この習慣を心がけるだけで、太ももの筋肉もお腹の筋肉も刺激することができます。

3. 背もたれに背をつける

昔は背もたれは姿勢が悪くなるので使わない方が良いといわれていました。たしかに見た目は綺麗に見えるかもしれませんが、骨盤や腰に体重が集中してしまい長時間座ると痛みが出てくる事もあります。痛みが出ると無意識に猫背になったり身体を曲げたりするので、骨格が歪んでお腹が出てきてしまうかもしれません。

背筋を伸ばして長時間座るのができない方は、深く座り背中を背もたれに密着させましょう。

【トレーナー監修】3daysチャレンジ!筋トレ不要、太もも痩せする歩き方をマスター

座りすぎにも気を付けて!

人間は長時間同じ姿勢ではいられないようにできています。長時間座っていると血行不良が起こり、腰痛やむくみ、冷えといった不調に繋がります。座り過ぎは、寿命を縮めるとも言われています。これは正しい姿勢で座っていても間違った姿勢で座っていても同じ事がいえます。

どんなに忙しくて、1時間に1回は席を立ち、身体を動かして全身をリラックスさせるようにしましょう。お手洗いのときに軽いストレッチをするだけでも、だいぶ違うと思います。

 

座り方を変えてぽっこりお腹解消!

筋トレをしなくても姿勢を正せばお腹を凹ます事は可能です。最初は正しい座り方に慣れていないため、無意識に元の姿勢に戻ってしまうかもしれませんが、意識して継続するようにしてください。また、長時間座りっぱなしは後々身体に響いてくるので注意しましょう。早速今から、骨盤の傾きを意識して座ってみてくださいね!

松田 歩

松田 歩

猫好きな元インテリアアドバイザー。ほぼ毎日ジムに通っており、その知識はマニアのレベルに達している。男性の筋肥大から女性のダイエット、食事やサプリメントまで幅広く精通。野球、テニス、スノボー、スキューバーダイビングも大好き。

Posted by admin