下半身デブが気になる人に質問。“外重心”になっていませんか?- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

common

common

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

下半身デブが気になる人に質問。“外重心”になっていませんか?

2017.12.31

下半身がどっしりしている、太ももが外側に張り出している、O脚になっている。そんなお悩みを抱えているあなた。もしかして、重心を外側にかけてしまっていませんか?“外重心”のデメリットはたくさん!クセを見直して、ほっそり美脚を目指しましょう。 

外重心とは

足の内側が浮き、体の外側に重心がかかっている状態のこと。小さなころからクセになっているという方も少なくないはずです。何気ないときに外重心になっていないか、普段の生活の中でチェックしてみてください。もし靴の裏側を見てみて、外側がすり減っている場合は外重心になっている可能性が大です!

外重心が下半身デブを作る

一番のデメリットは、脚の外側に負担がかかり無駄な筋肉がついてしまうことです。太ももやふくらはぎが外側に張り出し、迫力のある脚になってしまいます!その上、脚同士を中央に寄せるための内ももやお尻の筋肉が全く使われないので、どんどんだらしないシルエットに。外重心は、まさに下半身デブの元凶なのです。

デメリットいろいろ

・太もも、ふくらはぎが外側に張り出す

・O脚になる

・内ももの筋肉が使われず、太ももが太くなる

・お尻の筋肉が使われず、お尻が垂れる

・体の軸が崩れ、バランスが悪くなる

内重心で美脚を目指せ!

下半身デブから卒業したいなら、重心を内側に変えるのが近道です!脚やお尻の筋肉が正しく使われるようになれば、時間はかかりますが確実に美脚に近づくことができます。

内重心にするためには、親指側に力を入れて立つことが大事。内ももの筋肉が使われていることを意識してみてください。歩くときや座るときには、足裏が均等に床についていることを確認しましょう。外重心が長年のクセになっている方は、大げさなくらい内重心にしてみてもOK!徐々に正しい立ち方を身体が覚えていきます。

スタイルを変えたいなら、悪いクセから卒業することが大切です。外重心を辞め、身体の軸が真っすぐになるように意識してみましょう!美脚のために、早速今日から始めましょう♡

text:common編集部

関連KEYWORD
お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。