結局、断食って何がいいの?驚くべき健康効果、正しいやり方をチェック!- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

結局、断食って何がいいの?驚くべき健康効果、正しいやり方をチェック!

2018.11.23

健康効果があると話題の断食。ダイエットや美肌にも良いと、取り入れる女性たちも増えていますよね。断食を行うと、一体どんなメリットがあるのでしょうか。断食の効果ややり方をチェックしていきましょう!

健康効果が注目される「断食」

食事を一定期間摂らない「断食」。一昔前までは、修行や宗教的なイメージがありましたが、ここ数年で健康法やダイエット法としても注目が集まっていますよね。断食をしたら痩せた、体調が良くなった、肌が綺麗になったという声を多く耳にするようになりました。

現代人の多くは、知らず知らずの内に“食べすぎ”の状態に陥っています。そのせいで、脂肪が増えることはもちろん、内臓が常にフル稼働しているため疲れがとれにくくなったり、便秘になったりしてしまうのです。

断食は、食べることを一時的に辞めることで胃腸を休ませ、体の機能を正常に働かせることが目的です。薬やサプリメントに頼らなくても、断食を行えば不調を治すことができると言われています!

痩せる!肌が綺麗になる!断食の効果とは

体調の良い朝

具体的に、断食は何に良いのでしょう?断食で得られる効果を、ご紹介していきます。感じ方には個人差がありますが、女性にとって嬉しいことばかりです。

・体が楽になる

断食を経験した方の多くが感じるのが、疲労感の軽減です。疲れがとれないという方は、内臓が疲労している可能性があります。断食を行うと、忙しく働いている内臓を休ませることができるので、体が軽く楽になります。慢性的な疲れを感じている現代人にこそ、断食はおすすめの健康法だと言えますね。

・自然治癒力が高まる

断食をすると体力が落ちて、風邪や病気になりやすくなりそう・・・と思いがちですが、むしろその逆だそう。断食をすると自然治癒力が高まり、健康体になれると言います。

食べ過ぎは内臓を疲れさせ、どんどん健康を害してしまいます。反対に食べることを抑えることで、内臓は元気になり健康でいられるのです。

 ・老廃物が排出される

断食をすると、消化吸収の機能が休まるため、代わりに排泄の機能に活性化します。普段から食べ過ぎている方は、消化吸収にばかりエネルギーが使われ、排泄が滞ってしまっているのです。

便は老廃物であり、長く腸に留まっていると毒素を発するようになります。腸内環境を悪化させ、代謝が悪く痩せにくい体質になる原因にもなっています。排泄がしっかり行われるようになると、腸内環境が整い代謝もアップ。太りにくく痩せやすい体質になれます。

断食をすると、“宿便”が出たという話も耳にします。宿便とは、何年もの間、腸の壁にこびりついていた老廃物のことで、人間誰もが持っているものです。1~2リットルもの宿便が溜まっているケースも少なくありません。毒素の塊とも言える宿便がでると、腸内環境は各段に良くなります。

・肌が綺麗になる

腸内に老廃物が溜まっていると、悪玉菌によって有害物質が生み出され、血液によって体中に運ばれると、肌にも悪影響を及ぼします。肌荒れや吹き出物に悩んでいる方は、腸内環境が乱れていることが多いです。断食をして腸の機能が高まると、肌も綺麗になります。

・痩せる!

断食はダイエットにとっても効果的です。単純に摂取カロリーが減ることに加え、老廃物が排出され腸内環境が改善されることで代謝が上がることでも痩せやすくなります。

さらに、長く断食を続けた場合はエネルギー消費の回路が変わることもあるんだそう。通常は、ブドウ糖がエネルギーとして使われますが、体内の糖質が足りないときには、脂肪から作られる“ケトン体”が使われます。断食は糖質も一定期間摂らないことになるので、脂肪をエネルギーとして消費できるようになるんだそうです。

ケトン体ダイエット

痩せすぎ注意!?「ケトン体ダイエット」の正しいやり方、糖質の摂取量

ケトン体ダイエットは、脂肪からケトン体を作れる体にすることで痩せるダイエットの方法です。詳しいやり方をご紹介します。

間違えると逆効果!?断食の正しいやり方とは

水を飲む女性

断食の基本は食べないことですが、むやみに始めてはいけません。ここからは断食の正しいやり方をご紹介していきます。

・断食前

断食を始める前には、準備期間を設け、体への負担を減らしていきます。具体的には、肉類、刺激物、お酒、油の多い食事を辞め、野菜や魚中心の食事にします。量もお腹いっぱいは食べず、腹六分目くらいに抑えましょう。この期間は少なくとも丸1日以上設けます。

・断食中

全く食事をしない方法もありますが、多くの場合はクレンズジュース、酵素ドリンク、無糖のヨーグルトなどを取り入れます。大事なのは、固形物をとらないこと。固形物を食べないことで消化吸収による胃腸への負担を減らします。

また、水分をしっかり飲むようにしましょう。胃に負担がかからないよう、常温の水や白湯がおすすめです。ゼロカロリーでノンカフェインのハーブティーなどでも良いです。

・断食後

断食の効果を十分に得るには、断食後の食事もとても大切です。断食後すぐに元の食事に戻すと、内臓に大きな負担がかかり健康にも悪影響を及ぼします。具無し味噌汁、3分がゆ、5分がゆ、お粥といったように、少しづつ食事を摂り始めましょう。よく噛んでゆっくり食べることも大事です。この期間も丸1日は設けましょう。

その後も、野菜や魚中心の食事を数日間は続けます。断食期間が長ければ長いだけ、回復食の期間も長くしましょう。

断食の日数は?

断食が初めての方であれば半日断食、1日断食などがおすすめです。自宅で行う場合は、長くても3日までにしましょう。それだけでも十分な効果を感じられます。

5日以上の断食は、健康を害する恐れにあるため必ず断食専門の施設などで行う必要があります。また、自己判断で長い期間断食をしてしまうと、その後食欲が暴走してしまう可能性もあります。そこで急に食事を摂りすぎてしまえば、反対に内臓に負担がかかってしまうことになり逆効果ですので絶対に辞めましょう!

断食を乗り切るコツ

断食中に退屈な時間が長いと、空腹を強く感じてしまいます。映画を見たり、音楽を聴いたりして他のことに集中してみましょう。瞑想を行い、ストレスが溜まらないよう心を整えるのも良いですね。

水分をたっぷり摂ることも大事です。いつも以上に意識的に水分を摂取しましょう。水分をしっかりとっていれば、空腹もまぎれます。

断食中に起こる好転反応について

断食

断食中には、頭痛や眠気、倦怠感などの“好転反応”が体に起こることが多いようです。中には、口が臭くなる、舌が白くなるなどの反応を感じる方もいるんだとか。好転反応とは、文字通り体が良い方に向かっている時に起こるものです。これらの反応が起こったら、体内の毒素や老廃物が排出されているサインだと思って良いでしょう。

好転反応があっても、焦らずに断食を続けるとより効果を得ることができます。しかし、あまりに辛い場合は無理をしてはいけません!その判断は難しいところですが、体に危険を感じるようなことがあれば必ず中止しましょう。1日程度の断食であれば、空腹を感じる程度で好転反応が起こらないこともあります。

BMI18.5以下の方は、断食はNG!?

断食は健康効果がある方法ですが、すべての人に適しているというわけではありません。まずBMIが18.5以下のやせ型の女性は、体調を崩すことが懸念されるのでおすすめできません。また何らかの疾患がある方、妊娠中、授乳中の方は断食をしてはいけません。また、これらの条件に当てはまらない方でも生理中は避けるようにしましょう。

BMI

【医師監修】愛されボディのBMI値が知りたい!20~30代の女性が一番美しく見える体重はコレ♡

自分にとって適正なBMI値って?女性が一番美しく見えるBMI値について減量外来ドクターの工藤 孝文先生が教えてくれました。

 

健康法としても注目されている断食の効果や正しいやり方についてご紹介しました。断食は、食べ過ぎによって疲れた内臓を休ませることで、さまざまな健康効果を得ることができます。ダイエットにも効果的です。得られるメリットはたくさんあるので、まずは半日から断食を始めてみてはいかがでしょうか。

text:common編集部

LINE@友達追加

美尻特集

オトナ恋愛部特集

ライター募集

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。