仕事を変えたい!転職したいと思ったときにやるべきこと- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

仕事を変えたい!転職したいと思ったときにやるべきこと

2018.11.22

何かがきっかけで「転職しよう!」と思い立って転職活動を始める場合、どんなことをまず始めたらいいのでしょうか?今の生活や仕事は変えたいけれど、何をしたらいいかわからない人は、まずこんなことから始めてみてください。

1、なぜ転職したいのか?を明確にする

転職すること自体は珍しくありませんが、一番大切なのは「なぜあなたが転職をしたいと思っているのか」ということです。転職をしたいと思い始めた理由は何ですか?

人間関係、勤務場所、勤務時間、給与、福利厚生、将来性、仕事の内容、キャリアアップ、結婚、妊娠、出産、業種を変えたい、思っていた仕事と現実が違った、彼氏や夫の転勤に伴って転職したいなど、様々な転職理由が考えられます。

転職してどんな仕事をするにしても、必ず新しい職場では「なぜ転職しようと思ったのですか?」という質問は聞かれることです。

あなたの中で明確な理由があれば、それでいいのですが、「ただ何となく」だけで転職をするのは危険です。ただ何となく辞めて、ただ何となく転職をすれば、また何となく転職したくなる日がやってくる可能性があるからです。まずはあなたがどう思っているのかいうことを自問自答し、あなたの本音を引き出してみましょう。

2、何を優先するかを決める

ビジネスウーマン

転職をしたいということは、何か新しくしたいものや変えたいことがあるということです。何を変えたいと思っているのか、何を優先していきたいのかを明確にしましょう。

例えば給料が少ないから、転職する場合にはせめて今よりは給料が多いところにしよう、など優先するポイントを決めておくことによって、転職活動がしやすくなります。

せっかく転職活動をするなら、今の仕事よりも何かしら好条件なところを選びたいもの。今と全く同じか、それよりも悪い条件になった場合には「転職せずに、前と同じところに務め続ければよかった」と思う日が来るかもしれないからです。もし全く同じものを求めるのであれば、そもそも転職をする必要はありませんよね。

3、求人広告や理想と現実の違いを知る

理想の転職をするためには、求人広告やネットなどの情報でだけで決めておくのは危険です。求人広告には、多くの優れた人材が集まるように良いことしか書いていないからです。
理想と現実を知るためにも、転職する前にいろんな人に「実際のところはどうなのか?」という本音を聞いてみましょう。

4、すでに退職した人の話を聞いてみる

まず聞いてみたいのは、退職して転職に成功した人の話です。同じ職場だった先輩や後輩、同僚などと連絡が取ってみて、近況報告とあなたの転職に対する疑問や悩みをぶつけてみましょう。

まだ転職をする前ならわかる今の仕事の良いところや悪いところがクリアになるかもしれません。

5、尊敬し憧れている人の話を聞いてみる

女性の先輩

仕事にかかわらず、あなたが人として尊敬している人にも転職のことを相談してみましょう。その人のアドバイスが参考になるかどうかは別として、これからの未来がより良くなるようなヒントが見つかるかもしれないからです。

失敗して不幸そうな人ではなく、成功している運の上がってきている人に絞って話を聞いてみましょう。うまくいっていない人から話を聞くと、学ぶことよりも疲れることが多いからです。

6、今の仕事で学べることは全て吸収しておく

転職活動でよく聞かれることは、「前職で得たことは何か?」ということ。資格や能力、経験など、あなたが今の仕事で何を学び、どんなことを吸収したのかを聞かれます。

それはどんな状況においても、向上心の強く学習能力の高い人は何かしら学んでいるからです。もし今の仕事でしか得られない人間関係や資格、経験がまだ残っていると感じる場合には、今のうちに全て吸収しておくようにしましょう。転職後に吸収しようとしても、難しい場合が多いからです。今できることは、今すぐにやりましょう。

7、業種を検討する

今までのキャリアを活かして、キャリアアップのために同じ業種に転職するのもありですが、全く異なる分野にトライしてみるのも大事です。全く異なる業種の場合には、今までの経験がほとんどゼロになる場合がありますが、その分、新鮮に学ぶ楽しさもあります。

そもそもなぜ今の仕事を選ぼうと思ったのかという原点に返ることで、あなたがしたかったことや夢、目標を思い出して、再設定するきっかけにもなるからです。

8、独立・起業するという選択肢も持つ

ビジネスウーマン

どこか他の会社に転職をするのも選択肢の一つですが、独立してフリーになったり、起業したりすることも視野に入れましょう。今まで培ってきた知識や経験をもとに自分の会社を作ったり、個人事業主として独立して仕事をしていったりするという方法もあるのです。

誰にも指図されない自由さと、全て自分で決めて行動しなければいけない大変さがありますが、サラリーマンの10年分の学びが独立した1年分に相当すると言われているくらい、学びが多いはずです。

 

転職をしたいと思ったら・・・!

環境を変えるために転職をしようと思ったら、ただ何となくの毎日を過ごすのではなく、積極的に人に会うようにし、情報を集めるアンテナを立てましょう。どれだけ行動を起こしたかによって、あなたが転職に対しての考え方が大きく変わり、人生の転機になる可能性もあります。

番長みるく

番長みるく

元劇団四季のミュージカル女優で準主役デビュー後、6年間在籍。出演作は「ウィキッド」ネッサローズ役や「サウンドオブミュージック」など。 ライザップボディメイクグランプリ2016年スタイルデザイン部門関東&全国優勝の経験もある。外資金融の勤務経験もあり、恋愛、自己啓発、金融、ダイエット、筋トレ、レシピの記事が得意。
Instagram @banchomilk_

LINE@友達追加

美尻特集

オトナ恋愛部特集

ライター募集

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。