common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【恋愛テク編】元祖・港区女子から学ぶ得する処世術!

2019.9.30

元祖・港区女子バブリサさんが伝授する、処世術の第一弾!恋愛編をお届けします。港区生まれ港区育ち、18歳から水商売で数々の男性と出会ってきた彼女だからこそ分かる、「異性からモテるテクニック」「振り向かせたい男性を落とすテクニック」を大公開してくれました。今すぐ真似したい技がたくさん学べますよ。

大金リサ プロフィール

大金リサ/サロンオーナー・インストラクター・エステティシャン

女子美術大学メディアアート表現領域学科を卒業後、米ニューヨークの美容専門学校「Christine Valmy NEW YORK」に入学。卒業後、ニューヨークのエステサロンでエステティシャンとして働いた後、 日本に帰国。トータルビューティーサロン「LIIL(エル)」をオープン。Miss oriental tourism 2017 日本代表。

Instagram @llll.lsogn.llll

<目次>

会話のあとの「ワンフレーズ」で記憶に残る女になる

モテる女性は「共感力」に優れている

「ないものねだり」が女の価値を下げている

「下心のある男性」を本気にする女の共通点

なりたい関係によって「時間帯」を変える

港区女子

元祖・港区女子が明かす「パトロン・西麻布・水商売」の実態と成功の法則

元祖・港区女子、現サロン経営者のバブリサの壮絶な過去。そして今伝えたいこととは・・・

会話のあとの「ワンフレーズ」で記憶に残る女になる

会話のあとで相手の心に刺さる返しできるかどうかで、あなたの存在価値は大きく変わります。刺さる返しは、しっかり興味を持って話を真剣に聞かなきゃできないんですよ。

女性はあんまり話し上手じゃなくても良い。会話が上手い下手は、個性なので気にしなくて大丈夫です。無口でも、ちゃんと話を聞いて、学ぶ姿勢があるかどうかが大事だと思いますね。

無口で大人しい子が、後からサラッと「○○さん何々って言ってましたよね」「○○の話すごいおもしろかったです」って言うだけで、「この子すごいちゃんと聞いててくれた」ってプラスになるわけですよ。そのポロッと言った言葉が、相手の心に刺さります。話を聞いているフリじゃできないこと。これは、後日会ったときだとさらに効果的だと思います。

「本当は○○さんの話にすごい興味があったんですけど、口下手だからあんまり話せなくって・・・」みたい会話までできればさらに可愛いってなるはず!

考えや価値観が凝り固まってる女性ほど、人の話がしっかり聞けない。吸収することを辞めてしまっているので、成長もしない。それは、すごくもったいないことをしているなと思います。

モテる女性は「共感力」に優れている

大金リサ 港区女子 恋愛術

大学生の頃から水商売をしていますが、お客様の多い女性、モテる女性には共通点があるなと思って。ちなみに外見が美しいだけじゃだめなんです。綺麗なだけの子ってたくさんいるので。それプラス、大事なことがあります。

それが「共感力」

「共感力」は、相手の欲しいものを察したりとか、相手の気持ちになって考えられる力。やっぱり人って自分が一番好きなんですよ。だから次は、自分のことを分かろうとしてくれる人が好きなんですね。

だから、モテる女性になりたいなら、相手のことを一生懸命知ろうとすること。「この人は今どんなことを考えているんだろう」「どんなことが好きなんだろう」って思考して、さらにそういう姿勢を見せ。そうすると、実際に気に入られることが多いです。

好きな相手にだけこれをやればいいんじゃないかと思いがちですが、急に「共感力」を高めるのは無理。普段から意識していないとできないことです。

可愛い子ほどそうなんですけど「私この人苦手」って決めつけて、話をちゃんと聞いていないことがあります。そうじゃなくて、どんな相手でも真剣に聞いてみる。「この人の考えてることって何だろう」って考えることで、得るものはたくさんあると思います。だって十人十色で、自分と全く違うんだから。

Posted by admin