common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【恋愛テク編】元祖・港区女子から学ぶ得する処世術!

2019.9.30

元祖・港区女子バブリサさんが伝授する、処世術の第一弾!恋愛編をお届けします。港区生まれ港区育ち、18歳から水商売で数々の男性と出会ってきた彼女だからこそ分かる、「異性からモテるテクニック」「振り向かせたい男性を落とすテクニック」を大公開してくれました。今すぐ真似したい技がたくさん学べますよ。

大金リサ プロフィール

大金リサ/サロンオーナー・インストラクター・エステティシャン
女子美術大学メディアアート表現領域学科を卒業後、米ニューヨークの美容専門学校「Christine Valmy NEW YORK」に入学。卒業後、ニューヨークのエステサロンでエステティシャンとして働いた後、 日本に帰国。トータルビューティーサロン「LIIL(エル)」をオープン。Miss oriental tourism 2017 日本代表。
Instagram @llll.lsogn.llll

<目次>
会話のあとの「ワンフレーズ」で記憶に残る女になる
モテる女性は「共感力」に優れている
「ないものねだり」が女の価値を下げている
「下心のある男性」を本気にする女の共通点
なりたい関係によって「時間帯」を変える

港区女子

元祖・港区女子が明かす「パトロン・西麻布・水商売」の実態と成功の法則

元祖・港区女子、現サロン経営者のバブリサの壮絶な過去。そして今伝えたいこととは・・・

会話のあとの「ワンフレーズ」で記憶に残る女になる

会話のあとで相手の心に刺さる返しできるかどうかで、あなたの存在価値は大きく変わります。刺さる返しは、しっかり興味を持って話を真剣に聞かなきゃできないんですよ。

女性はあんまり話し上手じゃなくても良い。会話が上手い下手は、個性なので気にしなくて大丈夫です。無口でも、ちゃんと話を聞いて、学ぶ姿勢があるかどうかが大事だと思いますね。

無口で大人しい子が、後からサラッと「○○さん何々って言ってましたよね」「○○の話すごいおもしろかったです」って言うだけで、「この子すごいちゃんと聞いててくれた」ってプラスになるわけですよ。そのポロッと言った言葉が、相手の心に刺さります。話を聞いているフリじゃできないこと。これは、後日会ったときだとさらに効果的だと思います。

「本当は○○さんの話にすごい興味があったんですけど、口下手だからあんまり話せなくって・・・」みたい会話までできればさらに可愛いってなるはず!

考えや価値観が凝り固まってる女性ほど、人の話がしっかり聞けない。吸収することを辞めてしまっているので、成長もしない。それは、すごくもったいないことをしているなと思います。

モテる女性は「共感力」に優れている

大金リサ 港区女子 恋愛術

大学生の頃から水商売をしていますが、お客様の多い女性、モテる女性には共通点があるなと思って。ちなみに外見が美しいだけじゃだめなんです。綺麗なだけの子ってたくさんいるので。それプラス、大事なことがあります。

それが「共感力」

「共感力」は、相手の欲しいものを察したりとか、相手の気持ちになって考えられる力。やっぱり人って自分が一番好きなんですよ。だから次は、自分のことを分かろうとしてくれる人が好きなんですね。

だから、モテる女性になりたいなら、相手のことを一生懸命知ろうとすること。「この人は今どんなことを考えているんだろう」「どんなことが好きなんだろう」って思考して、さらにそういう姿勢を見せ。そうすると、実際に気に入られることが多いです。

好きな相手にだけこれをやればいいんじゃないかと思いがちですが、急に「共感力」を高めるのは無理。普段から意識していないとできないことです。

可愛い子ほどそうなんですけど「私この人苦手」って決めつけて、話をちゃんと聞いていないことがあります。そうじゃなくて、どんな相手でも真剣に聞いてみる。「この人の考えてることって何だろう」って考えることで、得るものはたくさんあると思います。だって十人十色で、自分と全く違うんだから。

「ないものねだり」が女の価値を下げている

もう一つ、モテる女性に共通しているのが、キャラクターの素晴らしさ。みなさんすごく自分のキャラクターを持っています。

例えば、私がこういうタイプなのに、おしとやかな女性が求められているからって目指してもできないんですよ。表面上できたとしても、根本から落ち着いている女性には勝てるはずがない。だったら、私は元気でテンション高いって把握して、そこを磨く。他の誰かを真似するんじゃなくて、自分というキャラクターを作り出すんです。

それは、外見にも言えることで、身長が低いからって13センチのヒールを履くのは違う。「ないものねだり」しているうちは全然魅力的じゃない。それよりも、小っちゃいなりの可愛さを追求した方がずっとモテます。それが好きな男性は本当に多いのにもったいないなって思いますね。

大金リサ 港区女子 恋愛術

リサさんは、スラリとした長身の持ち主。自身に合うファッションを着こなす

これはうちのサロンのお客様にも通じていて、あなたはこのタイプだから、このスタイルを目指してみましょうって導くとみんなすごく綺麗になりますね。

骨格や身長、雰囲気などをトータルでみて、一番輝けるゴールを提案しています。

「下心のある男性」を本気にする女の共通点

「体目的の男性の見分け方は?」って聞かれることがあるんですが・・・まず、男性って基本みんな下心があるもの。それは自然の摂理だから、いいと思うんですね。

だから、女性は「下心ある!」って責めるんじゃなくて、男性は下心ある生き物だと思っておけばいい。大事なのは、そうなったあとどうするか、です。

男性も人間なので、その後も一緒にいたいかどうかは“人間性”を見ています。本命の彼女や本妻になる人たちに共通しているのは、“人間性”が素晴らしいことです。可愛いとかだけじゃだめ。容姿は端麗なのに、セカンドポジションになってしまうってケースはたくさん見てきました。

いかに「私とは体の関係だけじゃもったいないよ」っていうことをアピールできるかですね。これで本命になれるかどうかが決まります。人として興味深い、魅力があると思わせることができれば、必ず選ばれます。

これは、「体の関係になりたくないけれど仲良くしておきたい」ってときにも役立つテクニックで・・・まさに私の処世術ですね。

私と1回何かしてしまうよりも、私と仲良くなってお互いに深く知っていった方が楽しいし、ゆくゆくは「あなたにピッタリの人見つけられるわよ」っていうのをうたい文句にしてきました。女としての価値だけじゃなくて、私自身の価値を分かってもらうんです。

人間として好きになってもらえれば、長く応援してもらえます。銀座のクラブはそういうスタイルが多いかもしれませんね。銀座に通われるお客様って、ママさんと男女の関係があるっていうよりは、ママさんが頑張っているお店を応援したい、ママさんがお気に入りの女性と一緒に楽しみたいって感じですよね。

その裏には、並々ならぬ努力や気遣いがあると思っています。そういう女性は、頭を使って考えていて行動してます。つまり・・・反対に隙に付け入れられたり、1回きりだけ遊ばれてしまうのは、その人自身に問題があると私は思っています。

なりたい関係によって「時間帯」を変える

男性の本性を見極めたいというのなら、夜ではなく昼間に会うことが大切だと思います。ビジネスでもそうですが、夜よりも昼間の方がその人の本質が見れるから。お酒をいれないっていうのも大事なポイントです。

なので、婚活として男性に会うなら、絶対昼ですね。

逆を言ったら、同じ恋愛でもセクシャリティの方に落とし込みたいっていうのであれば夜なんですよ。昼だとなかなかそういう方向にはいかない。その使い分けは、男性も女性もやったほうがいいのかなって思いますね。

 

人生経験豊富なバブリサさんが教える恋愛テクニック、いかがでしたか?今よりもっと選ばれる女になるために、ぜひ参考にしてみてください。

取材・編集:common編集部

Posted by admin