common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

3日間の断食で、ずっと太らない体に!?「断食メモリー」を現役医師が解説

2019.10.1

ダイエット効果があることで知られる断食。食べないことで一時的に痩せるだけではなく、その後も太りにくい体になれるということをご存知でしょうか?それは「断食メモリー」が働くからなんです!気になる「断食メモリー」の仕組み、正しい断食方法について、減量外来ドクターの工藤 孝文(くどう たかふみ)先生に教えてもらいました。

断食は痩せるだけじゃない!太らない体になれる!?

――今回は「断食メモリー」についてお聞きしたいのですが、断食って一時的に痩せるだけじゃないんですか?

一定の期間食事を摂らない「断食」は、単に摂取カロリーを減らすダイエット方法の一つだと思われているかもしれませんが、実はそうではありません。

断食をすることで、人間の身体に備わっているさまざまなスイッチがオンになり、体質を改善することができるんです。

例えば、断食を経験すると体が記憶して、太りにくい体質になれます。これが「断食メモリー」と言われるもの。断食メモリーについては、実験からも明らかになっています。

以前テレビ番組でも紹介された、有名なマウスの実験をご紹介します。慶応義塾大学医学部伊藤裕さんの研究チームが行ったものです。

*************

健康なマウスを2つのグループに分ける

グループAのマウス:通常量のエサを毎日与える

グループBのマウス:最初に3日間の断食を行い、その後3日間は通常量のエサを与えるというサイクルを続ける

1か月間後、高カロリーなエサに切り替え、両グループのマウスに毎日同じ量与える。

<結果>

・グループB(断食を定期的に行ったマウス)は、グループA(断食をしなかったマウス)に比べ、体重の増加が13%抑えられた

・通常のエサに戻してからも3ヵ月以上、グループBのマウスは体質が改善していた

*************

最終的にはどちらも高カロリーなエサを食べていたにも関わらず、断食を経験したマウスは、太りにくい体質に変化していたのです。

断食のメモリーの仕組み!ケトン体が影響している

消化器官

――断食経験者は、それ以降も太りにくくなる!?すごい発見ですね!でも、どうしてそのような結果になったのでしょう。

人間に備わっている生き抜くための力が作用しています。鍵となるのは「ケトン体」です。

糖質制限ダイエットの一つである、ケトン体ダイエット(ケトジェニックダイエット)にも登場しますよね。

痩せすぎ注意!?「ケトン体ダイエット」の正しいやり方、糖質の摂取量

私たちは通常、ブドウ糖をエネルギー源として生きていますが、何も食べないと8時間ほどで底をつきると考えられています。そこで、新たなエネルギー源として、脂肪が肝臓で分解されてケトン体が生み出されます。

これがケトン体ダイエットで目指す、ケトン体回路、ケトジェニックな状態です。

ケトン体は細胞内のミトコンドリアに働きかけ、エネルギーを効率よく使える仕組みをつくります。

一度、断食を行ってこのような状態を経験すると、ケトン体がなくなっても、ミトコンドリアはこの働きを覚えていて、脂肪をエネルギー源として燃焼し続けてくれます。これが「断食メモリー」の仕組みです。

Posted by admin