common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

プロサーファー水野亜彩子(26)が語る、幸せヘルシーライフの法則

2019.10.2

美人サーファーとして数々のメディアに登場しているプロサーファーの水野亜彩子さんを直撃!26歳フィットニスタのリアルな生態に迫ります。SNSに縛られず、海を愛する素敵なライフスタイルやマインドは、思わず真似したくなること間違いなしです

プロサーファー水野亜彩子

水野亜彩子
1993年生まれ。プロサーファー。10歳頃から放課後の遊びの一環としてサーフィンを始め、高校1年生でプロに転身。WQSを目指して国内外を問わず大会に出場し、2011年、18歳の時にJPSA第3戦茨城大洗で初優勝を果たす。2014年、JPSA年間ランキング2位。現在もサーフィン中心のライフスタイルを送り、テレビ番組出演や解説、サーフィンスクールの講師としても活躍中。

<目次>
スタイル維持はサーフィンで鍛えた「体幹」が鍵!
日焼け止めはサンゴに優しいものをチョイス
反復練習できない難しさがサーフィンの魅力
勝っても負けても「切り替え」が大事
「海を見たらインスタにアップ」しても幸せは感じられない
自分スタイルを確立したサーファーになる

フーターズ日本一

日本一のフーターズガールってどんな人?完璧な美しさの裏側にあるもの

ミスフーターズジャパンコンテスト2019グランプリNANAKOが持つ思マインドとは?美しい女性は、心の強さが違った!

スタイル維持はサーフィンで鍛えた「体幹」が鍵!

プロサーファー水野亜彩子 全身

太陽がよく似合うヘルシー美人!

common編集部

女性のプロサーファーってかっこいいです!まずは、抜群のスタイルの秘訣を教えてください!

水野さん

一番はやっぱりサーフィン。
不安定なボードを操るには「体幹」が必要なんです。波に乗る時も、海の中でパドルする(漕ぐ)時も体幹がしっかりしていないと左右にぶれてしまう。なのでサーフィンをしているだけで、体幹は鍛えられていると思います。

common編集部

それはトレーニング以上に効果がありそう!一般の人が、サーフィンを始めたら引き締まりますか!?

水野さん

十分にあり得ると思いますよ。体幹が鍛えられる上、パドルは有酸素運動にもなります。それに水の中って抵抗があるので、普通に動くより消費カロリーも大きいんですよ。サーフィンはいい運動になるのではないかと思います。

common編集部

確かに、パドルの動きもすっごい疲れそう。サーフィンって全身運動なんですね。

水野さん

パドルのときは特に、肩回りの筋肉や背筋を使います。なので、パソコンをよくやっている人がなってしまうような、内側に肩が入る姿勢にはならないですね。自然と姿勢はよくなると思います。

common編集部

日常生活や食生活についても、美のこだわりを教えてください!

水野さん

もともと歩くのが好きなので、よく歩きます。食べすぎちゃったなと思うときは、音楽を聞きながら30分くらい歩きますね。あとは体重計には毎日乗るようにしていて、体が重いなと思ったら食べる量を少し減らして、夜は18時以降は食べないようにしています。

common編集部

調整を大事にしているんですね。すごくヘルシーな生活・・・。

水野さん

でも、食べる量を極端に減らすことはしませんよ。意識しているのは、たんぱく質を多く摂るようにすること、それから白米の代わりにオートミールかお粥を食べること。あとは、わりと好きに食べています。

common編集部

食べないわけじゃなく、食事の“質”に気を遣っているんですね!サーフィン時の食事は?

水野さん

試合前はあまり食べないです。体が重くなるのも嫌ですし、それが原因でプレイに影響が出ることは避けたくて。食べるならヨーグルト、豆乳、バナナ、あとはいつも持ち歩いているナッツくらい。試合後は、定食とか好きなものを食べています!

日焼け止めはサンゴに優しいものをチョイス

common編集部

水野さんは海にいることが多いはずなのに、とても肌が綺麗!どんなケアを?

水野さん

やっぱり保湿が大事ですね!日焼けしたらとにかく保湿です。

common編集部

保湿ですか!高級な美容液を使ったり?

水野さん

いえ、ドラッグストアで売っているような安いものをたっぷりと贅沢に使ってます。高いものを少量というよりは、安くて気にせず使える方が、自分に合っていると思うので。

common編集部

なるほど。紫外線対策のために、日焼け止めももちろん使ってますよね?

水野さん

はい、日焼けはシミやしわの原因になるので日焼け止めは必ず塗ります。ただ、私が使っている日焼け止めは、天然成分で作られていてサンゴが死なないような環境の審査に通っているものなんですよ。

common編集部

日焼け止めでサンゴが死ぬんですか・・・!?

水野さん

まだ日本ではあまり浸透していない問題かもしれませんね。
でも最近、日焼け止めによる海洋汚染はとても問題になっていて、サーフィンをしているとそういった環境問題はとても身近に感じるんです。多くの日焼け止めには、 サンゴを白化させる成分が入っていて・・・

common編集部

え!全然知らなかったです。

水野さん

私は、海に入り続けるためにも少しでも環境に貢献できるものを選ぶようにしています。日焼け止めと海洋汚染については、これからもっと理解が深まればいいなぁと思っています。

反復練習できない難しさがサーフィンの魅力

common編集部

水野さんは高校1年でプロに・・って何歳からサーフィンを!?

水野さん

サーフィンは小学校4、5年生くらいから始めました。
当時、住んでいた場所も通っていた小学校も海の近くにあって、友達のお父さんがサーフィンをしているケースも多く、そういった環境から自然とサーフィンの世界に入っていきました。放課後はいつも鵠沼の海にいましたね。

common編集部

ずばりサーフィンの魅力とは?

水野さん

サーフィンは自然を相手にしたスポーツなので、同じように反復練習ができないんですよ。運動が好きな方は、そこに面白みを感じるはず。他のスポーツにはないことなので、そこにハマったという方も多いですね。

common編集部

想定できないところに面白さがあるんですね。女性サーファーはまだまだ少ない印象ですが、男性の方が有利なんでしょうか?

水野さん

パドルを漕ぐ力や難しい技を決めるという点では、筋力のある男性の方が有利かもしれません。
しかし一方で、女性の方がバランスが良いこともあるので、それを生かして波の上でダンスをするようになめらかなサーフィンをする選手もたくさんいるんですよ。

common編集部

女性ならではの強みもあるんですね!これからサーフィンをやりたいという人は、どんなことをすれば良いですか?

水野さん

私は今、千葉の方で月に一度、女性限定のスクールを行っていますが、そういったところに通うのも良いと思います。
あとは体幹を鍛えるトレーニングを少しでもやっておくと、ボードののったときに楽ですよ!場所なら、鵠沼は比較的遠浅なので、初心者の方にはおすすめです。

勝っても負けても「切り替え」が大事

common編集部

大会では数々の素晴らしい結果を残していますが、秘訣は!?

水野さん

試合は必ずしもいい結果ではないです。どんなに上手い選手でも負けることはあるので、まずはそれを受け止めること。

common編集部

負けたことを、まずは受け止める。簡単なようで難しいことですよね。

水野さん

はい、そしてそこで感じた悔しい気持ちは絶対消化させないようにしています。落ち込むのではなく気持ちを切り替えて、もっと努力しようと活力に変えますね。

common編集部

負けたときには、切り替えが大事だと!

水野さん

実は勝ったときにも切り替えは大切!
年間チャンピオンを取るためには、常にいい成績を残していないといけません。一つ優勝すると当然嬉しいので喜びますが、浮かれ過ぎずに「また次」と切り替えていきます。

「海を見たらインスタにアップ」しても幸せは感じられない

プロサーファー水野亜彩子 海をバックに

common編集部

ちょっと気になったのですが、26歳の今どきの女性なのに、思ったよりインスタが更新されていないですね。

水野さん

SNSは得意な方ではないですね。写真を撮る習慣もないですし。いまだにガラケーでいいのにと思ってしまうタイプです(笑)。
もちろん、SNSで知れる情報もたくさんあるとは思いますが、それだけにとらわれてしまうのはあまり良くないなと思っていて・・・。

common編集部

SNSに執着するのは良くない。それは何故?

水野さん

SNSって、自分で経験していないのに知った気になってしまうこともありますよね。それよりも、人と話してコミュニケーションとって、生の情報を聞くべきだと思う。
それに、一つの答えを鵜呑みにするのは怖いなとは思いますね。

common編集部

本当にそうですよね。すごい素敵な考え方だと思います。そんな水野さんが日々の中で幸せを感じるときはどんなとき?

水野さん

海が大好きなので、海に夕日が沈むのを見ていると「あぁ幸せな生活だな」と思います。あとは、やっぱりサーフィンやっているときかな。

common編集部

夕日を見たら写真を撮ってインスタにアップ・・・じゃないんですね!

水野さん

その方が、深く幸せを感じられるはず。海に見ていると自分がちっぽけに思えてくるんです。いい意味で自分の小ささを感じられるので、謙虚な気持ちになれます。ストレスや悩みも吹き飛ぶんですよ。

自分スタイルを確立したサーファーになる

common編集部

水野さんが素敵だと思う女性像は?

水野さん

Tシャツにデニムとか、シンプルなものをかっこよく着こなしている人に惹かれますね。「ナチュラル」が好きなんです。
私自身、流行っているものよりも、自分に合っているかを重視しています。

common編集部

最後になりますが、今後は、どんな人生を送りたいと考えていますか?

水野さん

サーフィンがすごく好きなので、もちろん続けていきたい。今は、試合には出場していませんが、上手くなりたいという気持ちは年々強まってきているんです。

男子は形が違ういろいろなサーフボードに乗ったりと、自分スタイルを持っている選手が多いんですが、女子だとそういった選手は少ないんです。
私は“海を楽しむ”ということを重視したいので、試合で乗っているショートボードから、波が穏やかな日はロングボードまで幅広く乗れるような、自分だけのスタイルのあるサーファーになりたいです!

あとはピラティスや東洋医学系の「耳ツボ」の資格も持っているので、それを役立てつつ、100歳まで生きるといわれている今、ずっと健康でいたいですね。

プロサーファー水野亜彩子 波打ち際で

海が本当によく似合う!早朝からありがとうございました。

 

サーファーと聞くとどうしても“自由奔放”というイメージを連想してしまいがちですが、水野さんは“素直で真っすぐ”という印象を受けました。ヘルシーで美しい容姿も中身も魅力たっぷりで、これは男性のみならず女性ファンも多そう・・・!千葉ではサーフィン教室を開く一方、選手としてもバリバリ頑張っていくそうです。今後のご活躍も応援しています!

取材・文・撮影=小山田滝音(ブラインドファスト)
編集:common編集部

Posted by admin