common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

日本一のフーターズガールってどんな人?完璧な美しさの裏側にあるもの

2019.8.13

チアリーダー風のユニフォームで接客することで知られる「フーターズ」。毎年春に行われる、全国のスタッフ(=フーターズガール)の中からもっとも「健康的で美しく知的」な人物を決めるコンテストで見事、今年のグランプリに輝いたのが、赤坂店に勤めるNANAKOさん。その後に開かれたミスフーターズ世界大会でも見事トップ5に入賞!

今回は、そんなNANAKOさんに世界基準で美しい女性になる近道を教えてもらいました!

NANAKOさん

NANAKO
東京都出身。 中学生の時に女優業を始める。2018年にフーターズの仲間入りを果たし、同年「ミスフーターズジャパンコンテスト2018」に出場し全国4位、今年4月に開催された「ミスフーターズジャパンコンテスト2019」では見事グランプリを獲得する。6月に開催された「ミスフーターズ世界大会」では5位に入賞。現在も女優業を続けながらフーターズガールとしても勢力的に活動する。

<目次>
女は見た目じゃない!世界共通の「美の基準」とは
自分が太ってるって“最大のストレス”じゃない?
筋トレでコンプレックスは長所に変えられる
我慢したくないなら「肉食ダイエット」
説得力ある女性は頑張りをアピールしない

女は見た目じゃない!世界共通の「美の基準」とは

common編集部

国内大会グランプリ、そして世界大会5位入賞おめでとうございます!世界基準で美しいと認められたNANAKOさん。ずばり、勝因は!?

NANAKOさん

ありがとうございます!私のキャラクターやパフォーマンスなど、いわゆるパーソナルな部分を評価していただけたのではないかと思っています。

common編集部

見た目も抜群にお美しいですが、見た目だけで選ばれたわけではないと?

NANAKOさん

フーターズのコンテストでは「健康的で美しく知的」な女性であることが問われます。まずは、見た目の綺麗さや佇まいなどに“芯”があること。そして、それ以上に評価されるのが、パーソナリティやコミュニケーション力といったその女性が培ってきた「人間性」です。

common編集部

高い「人間性」がある女性こそ、魅力的だとされているわけですね。確かに、フーターズガールってみなさん自信があって、堂々としている印象です!

NANAKOさん

働いていても本当にそう思います。フーターズの採用基準も、人間としての「内面の強さ」みたいなところが問われているんじゃないでしょうか。

NANAKOインタビュー

世界5位に選ばれ、インタビューを受ける瞬間。堂々たる佇まい

common編集部

内面の強さが、魅力ある女性としての評価に繋がっている?

NANAKOさん

はい、そう思います。

common編集部

そもそも、NANAKOさんはなぜフーターズで働いているんですか?

NANAKOさん

実は私、女優の仕事をしていて!そのつながりで働くことになったんです。

common編集部

女優業をされている!どうりでオーラがあるなと。あの~どうすればオーラって出るんでしょう?

NANAKOさん

オーラ・・・いえいえ。でも姿勢や歩き方を意識すると良いと思いますよ。私は日常も、フーターズで働いているときも、常に姿勢には気をつけています。そうすることで堂々と振る舞うことができます。フーターズ世界大会でも改めて大事だな感じたことです。

自分が太ってるって“最大のストレス”じゃない?

NANAKO 全身スタイル

スタイル抜群のNANAKOさん。さっと決めたポーズでもこの通り

common編集部

抜群のスタイルで惚れ惚れします!やはりトレーニングされてますか?

NANAKOさん

最近は筋トレしないと気が済まない感じです。でも、元々は運動が苦手なんですよ(笑)特に走るのが嫌いで・・・。

common編集部

意外ですね!それなのに、筋トレを続けているのはなぜ?

NANAKOさん

ストレスを貯めないためです。

common編集部

筋トレでストレス解消をしているってことですか?

NANAKOさん

ではなくて!「運動するストレス」より、「太った自分を見るストレス」の方が私にとっては大きいからです。食べることが好きだけれど、運動しないで食べたら当然太ってしまうので・・・筋トレは続けるようにしているんです。

common編集部

太った自分を見て嫌だなって思うくらいなら、筋トレの方がずっとマシということですね!?

NANAKOさん

そうですね。筋トレは辛いですが、ほんの数分のできごと。でも、自分の体型に自信を持てないストレスは、ずっとつきまとってしまうと思います。

筋トレでコンプレックスは長所に変えられる

common編集部

筋トレをやらなきゃ気が済まなくなっているとのことですが、具体的にどんなメニューを?

NANAKOさん

スクワット、ランジ。あとはゴムバンドを使ったヒップトレーニングをしています!

common編集部

下半身を重点的にトレーニングしているんですね。

NANAKOさん

ええ。私、下半身がしっかりしているのがコンプレックスだったんです。フーターズにはいった年の「ミスフーターズジャパンコンテスト2018」に出場したときは全国4位で、その悔しさからトレーニングを本格的に取り組むようになって、コンプレックスを逆手にとって美しく見せようって思うことにしたんです!

common編集部

筋トレでコンプレックスを長所に!そして優勝!すばらしいですね。ちなみに、筋トレはどのくらいの頻度でやってますか?参考にしたいです!

NANAKOさん

頻度は決めず、筋肉痛を感じたらやめています。反対に、筋肉痛を感じなかったら次の日も、足りなかった部分を鍛えますね。

common編集部

筋肉痛を感じたらやめるのはなぜ?

NANAKOさん

筋肉って、休ませてあげないとつかないらしいんですよ。筋肉痛のままトレーニングをしたら逆効果です。それに私の場合は、トレーニングで疲れすぎてしまうと他のことが満足にできなくなってしまうので(笑)

我慢したくないなら「肉食ダイエット」

common編集部

勉強になります!食事面でも気を付けていることはありますか?

NANAKOさん

ストレスになるので、我慢しすぎないことを大事にしているんです。大好物のお肉は好きなだけ食べるようにして、その代わり炭水化物を多少減らして調節しています。お肉ダイエットです(笑)!

NANAKO 話す

今日のお昼もお肉を食べたという。野菜ではブロッコリーを頻繁に食べるそうだ

common編集部

お肉を好きなだけ食べるダイエット!?私もやってみようかな・・・(笑)。でも、やっぱり甘いものは口にしないですか?

NANAKOさん

甘い物も大好きなので、食べますよ!でも、できるだけ低糖質、低カロリーの食品を選んで食べるようにしています。それでもしっかり満足できますよ。豆腐で作られたアイスはたまに食べますが、おすすめです。

common編集部

NANAKOさんが目指しているのはどんなボディ?憧れボディの人はいますか?

NANAKOさん

ヴィクトリアズシークレットのモデルです。彼女たちの体は本当にパーフェクトだと思います。物心ついた頃から海外の人に興味はあったんですが、小学生の頃にレディー・ガガが有名になって「スーパースターってこんなに凄いのか!」と衝撃をうけて、より海外の女性に憧れるようになりましたね。

common編集部

NANAKOさんのようなボディになるにはどうしたらいいですかね~?

NANAKOさん

「この服が着られるように頑張ろう!」というような具体的な目標を作ると良いと思いますよ。目標が明確な方が成果がでると思います。私の場合は、それがフーターズのコンテストでした。

説得力ある女性は頑張りをアピールしない

NANAKOランウェイ

世界大会では、「和」をイメージした衣装でランウェイに挑んだ

common編集部

最初に「内面の強さ」が大事というお話がありましたが、フーターズのみなさん強そうな印象もあって・・・実際NANAKOさんも気が強いですか?

NANAKOさん

負けん気はめちゃくちゃ強いです(笑)。ただ、それは表には出さないようにしています。

common編集部

めちゃくちゃ・・・ですか(笑)表に出さないのはなぜ?

NANAKOさん

負けん気や頑張りをアピールするよりも、裏で努力することを大事にしているからです。その方が、ずっと説得力があると思うので。

common編集部

完璧そうに見えるけど、自信が持てるのは“コツコツと努力”してきたからなんですね。やっぱり美しい人って努力家が多い!

NANAKOさん

ふふふ。

common編集部

NANAKOさんってとても明るいですけど、ネガディブになることってありますか?

NANAKOさん

昔は、それはもうたくさん・・・。女優の仕事で自信をなくすこともありました。でも、もう慣れました(笑)。

common編集部

慣れてしまうほど、実際にはいろいろな苦労されてきたんですね。でもそれを感じさせないところがかっこいい!

NANAKOさん

ありがとうございます。(にこっ)

common編集部

最後に、NANAKOさんのように1位を目指したい人へのアドバイスをいただけますか?

NANAKOさん

大事なことは、「順位に捉われすぎないこと」じゃないでしょうか。自分にプレッシャーを与えるとストレスになるし、ストレスは体に良くないです。見た目の雰囲気にも現れます。精神面が健康なら、体も健康的に美しくなれると思います。

そのうえで私は「どれだけ長期的に考えられるか」を意識してきました。短期間でゴールを目指そうとするのではなく、長い目で先を見ることです。今辛くても、裏でしっかり努力すれば、必ず良い結果がでると思いますよ。

NANAKO

終始ピンと背筋を伸ばし、にっこり笑顔で応えてくださったNANAKOさん。取材班一同、すっかり虜になりました~!

 

日本一のフーターズガールを直撃して分かったことは、周囲を差がつくくらい魅力的な女性になるためには「内面の強さ」が大事だということ。そして、負けん気の裏には、人には見せない努力があることも教えてくれました。やはり美しい女性は絶対的に努力をしているのですね。今後も世界を舞台に活躍するNANAKOさんから目を離せません。これからも応援しています!

取材・文:佐藤靖晟
撮影:小山田滝音(ブラインドファスト)
編集:common編集部

Posted by admin