common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

痩せるご飯!トレーニングしない人向けのプロテインdeダイエット献立

2019.8.12
美しいスタイルを手に入れるためには、食事が大切になってきます。特に意識して欲しいのがタンパク質。これは、トレーニングをしていない方でも同じです。そこでオススメなのが、食事にプロテインを取り入れるというもの。今回は栄養学とスポーツ科学を専門とする筆者が、プロテインを飲むメリットやプロテインを入れた献立を紹介します。

ダイエットにおけるプロテインの重要性

ダイエットを成功させるには運動も大切ですが、食事も非常に重要になります。

中でも意識すべきなのが、タンパク質の摂取量。日本人の場合、タンパク質が十分に摂れていないケースが非常に多いのです。

タンパク質の摂取量が足りないと、痩せたとしてもリバウンドしやすい体になってしまう可能性があります。また、ダイエット経過と共にハリやツヤのない肌になってしまうことも。

そこで栄養学とスポーツ科学を専門とする筆者がオススメしたいのが、プロテインを飲むこと。プロテインと聞くと、トレーニングをしている人が飲むものという印象を受けるかもしれませんが、トレーニングを行わずにダイエットをしている方にも、実は非常に役に立つんです。

今回は、トレーニングをしていなくてもプロテインがどうしてオススメなのか、プロテインを取り入れた献立などを紹介していきます。

トレーニングしないダイエットにもプロテインは効果的!

プロテイン

まずはトレーニングを行わずにダイエットしたい方でも、どうしてプロテインがオススメなのかを紹介していきます。

ダイエットのために食事制限を行っている場合、全体的に食事に量が減り、摂取するタンパク質の量も少なくなりがちです。タンパク質の摂取量が少なくなると、筋肉が減ってしまう原因になります。

すると、何が起こるのか。まず、痩せても、理想とするくびれやヒップなどを手に入れられないことでしょう。さらに、筋肉が減ると、代謝が悪くなり、すぐに太りやすい体になってしまいます。結果、リバウンドする可能性も増えてきます。

そのような事態を防ぐために、トレーニングをせずにダイエットをしている方でもタンパク質の摂取は意識的に行って欲しいのです。

タンパク質は肉や魚、卵、大豆製品に多く含まれていますが、厚生労働省が推奨する量、体重1キロあたり1gという数値を達成するにはそれなりにたくさん食べなくてはいけません。

ここで気を付けたいのは100gの肉を食べても100gのタンパク質を摂取できるわけではないということ。例えば鶏もも肉(皮なし)の場合、100gあたり19gのタンパク質が含まれています。体重×1gのタンパク質を摂取しようとすると、50キロの方なら1日250~300g食べる必要があります。実際には他の食品からも取り入れるので、そこまでいきませんが、毎日これを意識してタンパク質を摂取するのは大変ですよね。

そこで登場する便利なアイテムがプロテイン。プロテインはタンパク質が豊富に含まれた栄養補助食品です。商品によりますが、1食あたり約15~20gのタンパク質を摂取することができます。

Posted by admin