common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

夏バテ解消にはストレッチが有効。朝ベッドでできる6つの簡単ストレッチ

2019.8.11
みなさん、夏バテによる不調を抱えていませんか?毎日快適に過ごすには、簡単にストレッチを取り入れるのが有効です。今回は、目覚めてすぐにベッドの上でできるストレッチをリカバリートレーナーの筆者が伝授していきます。気持ちよく体をほぐして、不調を吹き飛ばしていきましょう!

夏バテ解消にはストレッチが効く!

暑い日が続くと疲労が溜まりがちです。夏バテになる原因の一つが、暑い屋外と冷房の効いた部屋との温度差による自律神経の乱れにあります。だるさを感じたり、体温調節が上手くいかなくなったり、便秘になったりします。

さらに、冷房の効いた部屋にいると血流が悪くなり、筋肉がこわばりやすくなってしまいます。それらが、何となく疲労が抜けない体を作り出しているのです。

そこでおすすめなのが、ストレッチを取り入れること。

今回は、習慣にしやすいように、目覚めたばかりのベッドの中でもできる簡単なストレッチを紹介させていただきます。徐々に体と脳を刺激していくので、朝起き上がるのが辛い方にも最適です。夏バテ気味の方は、ぜひ取り組んでみてくださいね。

夏バテ解消ストレッチ①:膝抱えストレッチ

最初に紹介するのは、腰痛解消のストレッチとしても有名な、膝抱えストレッチです。目覚めたばかりでスイッチの入っていない身体を、ゆっくりと起こしていきましょう。主に伸ばすのは、背中下部にある筋肉、そして股関節の動きに関わる「腸腰筋」です。腸腰筋をほぐすことで歩くのがスムーズになり、ぽっこりお腹も凹みやすくなります。

膝抱えストレッチ

1、仰向けの状態で、両膝を抱え込みます。

写真では膝の前で手を組んでいますが、膝の後ろで組んでいただいても構いません。

2、膝を閉じた状態を出来るだけ保ったまま、大きく胸に引き寄せましょう。

骨盤がやや浮くくらいまで引き寄せて、腰の伸びを感じてください。

3、深呼吸をしながら、90秒間程行いましょう。

<大事なポイント>

両膝が開いた状態だとストレッチの効果が弱くなります。身体がかたくて中々閉じないという方もいらっしゃるかもしれません。少しずつ練習して、柔軟性を高めていきましょう。

Posted by admin