common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

元祖・港区女子が明かす「パトロン・西麻布・水商売」の実態と成功の法則

2019.9.27

ブランドバッグを持ちピンヒールを履き、西麻布や六本木で連日パーティーを繰り広げる「港区女子」。彼女たちの人生とは一体どんなものなのだろうか。一見、華やかな世界だが、その若さを失った先には何が残るのか・・・、その裏には知られざる苦悩があるのかもしれない。今回は、美貌と若さを売りにパトロンのもとで起業をした経験もある、元祖・港区女子バブリサさんの赤裸々な人生ヒストリーをお届けします。

大金リサ プロフィール

大金リサ/サロンオーナー・インストラクター・エステティシャン
女子美術大学メディアアート表現領域学科を卒業後、米ニューヨークの美容専門学校「Christine Valmy NEW YORK」に入学。卒業後、ニューヨークのエステサロンでエステティシャンとして働いた後、 日本に帰国。トータルビューティーサロン「LIIL(エル)」をオープン。Miss oriental tourism 2017 日本代表。
Instagram @llll.lsogn.llll

<目次>
「人と話すのにお金が発生して当たり前」だった港区女子時代
おじさまのお金で起業!「男性のお金で生きる人生なんてつまらない」ことに気づいた
NYでいじめ勃発!?キラキラ港区女子が「ユニクロ最高!」になるまで
念願のサロンオープン!ミスコン世界大会で気づいた「日本人の無いものねだり」
元祖・港区女子が今目指すもの、本当に伝えたいこと

 

common編集H

大金さん、聞くところによると港区生まれ港区育ちの筋金入りの港区女子!高校時代のあだ名は「バブリサ」だったとか!?

大金さん

はい(笑)。ティーンエイジャーのときから、いわゆる港区女子的な生活を送っていて、バブリサって呼ばれてました。中高大が美術系だったので、当時から「こないだパリのルーヴル美術館でね」っていう年上男性の話が楽しかった感じです。

common編集H

もうすでに港区系女子感がすごい。
僕はその、初対面なのに大変失礼なんですけど、西麻布、六本木でご飯食べて、シャンパン開けて、もちろんお財布を出すこともない。タクシー代はもらえて当たり前、プラスになって帰ってくる。そんなキラキラした感じが苦手で・・・

大金さん

あははは!えー!悲しいです!!

common編集H

でも港区女子の生態には、めちゃくちゃ興味あるんですよ。実際どんな生活をしていたのかなぁって。

大金さん

「港区女子」ってワードは最近ですよね。実際は昔から私みたいな人はいて、最近それが浮き彫りになっただけで。まぁそうですね。私の場合は第一フェーズ、第二フェーズ、第三フェーズがあって・・・

「人と話すのにお金が発生して当たり前」だった港区女子時代

大金リサ 港区女子 インタビュー

common編集H

段階があるんですか!?(笑)第一フェーズ港区女子というのは?

大金さん

第一フェーズは、高校を卒業して大学生になったとき。私18歳になったらすぐに水商売入るって決めてたんですね。

common編集H

へぇー。実家がお金持ちなのになぜ?

大金さん

10代のときに出会った私が素敵だなと感じた女性たちは、見た目もちろん綺麗なんですけど、中身の深みというか、“人間としての出汁”がすごい効いている方ばかりで。
話を聞いたら、水商売を経験されていた方が多かったんです。

common編集H

バブリサがビビッときた魅力的な大人の女性は、みんな水商売経験者だったと。

大金さん

そう。会話術とか振る舞いが身につくことはもちろん、お金の流れも知れるし、普通に生活していたら出会えないようなVIPな人にお会いできて知見できるよって。それで、親には内緒で週3回、大学はちゃんと行きながら水商売にはいりました。

common編集H

なるほど。片足を突っ込んだのが18歳ですか。

大金さん

その時の私は、港区に身は置いてるけどもまだすれてない“いいやつ”でした。お金に対しての執着はなくて、お客様が「今日リサちゃんと話せてよかったよ」「今日リサちゃんと会えてよかったよ、元気出たよ」って言ってくれるのが純粋に嬉しかった。

common編集H

まだ可愛げのある感じですね。僕の嫌いな港区女子感は薄いかも。

大金さん

・・・でも、だんだんすれ始めるんですよ。これが第二フェーズの暗黒期です。売り上げもどんどん上がって、鼻高々ですよ!もうピノキオよりも長い鼻!気づけば「人と会話するのにお金が発生して当たり前」って感覚になってた。

common編集H

まさに港区女子のイメージ。苦手です。

大金さん

自分の持っているものが“自分の価値”だと感じてました。もう、プレゼントはブランド物しかありえなかった。

common編集H

となると、お金への執着も増えていく?

大金さん

そう。第二フェーズのときは、いかに効率良く稼ぐかしか考えてなかったです。女の子とわいわい話すのも無駄に思えてきて、完全に一匹狼になってましたね。

common編集H

頭の中は稼ぐこと一色!これはいよいよヤバイですね。

大金さん

だけど来ました第三フェーズ!週3出勤していたんですけど、フルで出勤している方には勝てないことに気づくんですよ。
私の体は一つしかないので、座れるお客様の数には限りがある。それに、フルで出てる方は、私が大学に行ってる間にも営業をしているのでお客様が倍倍に増えてくんですよね。

common編集H

売れっ子だったけど、壁にぶつかったと。打開策は?

大金さん

ひとりでも多くのお客様を呼ぶためには、チーム戦だってひらめいたんです。
お店の女の子と仲良くすることで、私がいないときにも「リサっていう面白い子がいる」って呼んでもらったり、反対に私がその子を売り込んだりもできる。そうすることで、私のことがタイプじゃないお客様まで取り込むことができるようになって。

common編集H

タイプじゃなくても選ばれるんですか?

大金さん

何とかレンジャーみたいにいろんなタイプを揃えておくんです。それで、あなたにはオススメの子がいますよって呼んだりすると「僕の好みを見破ったね、おもしろい!」「接待でまた使うね」みたいになるんですよ。
そこで売上がバッって伸びたのをきっかけに、ビジネスって人とのコミュニケーションが最も重要なんだなって気づき始めました。

common編集H

第三フェーズになると、楽しかっただけの水商売にビジネス的な視点を持てるようになったんですね。

大金さん

思い出すと恥ずかしいくらい天狗だったときもありますが、夜の世界にいたことで、本当にいろいろな学びがあったと思っています。

おじさまのお金で起業!「男性のお金で生きる人生なんてつまらない」ことに気づいた

common編集H

今は、サロン経営をされていますが・・・ここまでの話を聞いちゃうと出資者がいるんじゃないの?って思ってしまうんですけど。

大金さん

はい、よく言われますし、めちゃめちゃ多いですよそういう子は。だけど、私のサロンは違います。ここははっきり言っておきますね。というのも、過去に一度出資してもらってお店をやったことがあるんですよ。

common編集H

え?今のサロンより前にも経営されていた?

大金さん

大学生のときに個人投資を行えるほどの方とお付き合いしていて、起業したんです。キャバクラのドレスとか当時流行っていた携帯のデコ電とかのショップをやってました。別に彼も利益を求めてじゃなくて、私を囲いたいだけの出資でしたね。

common編集H

すごい!夢のような話じゃないですか。働かなくていいし、お店も持たせてくれるなんて。

大金さん

・・・実際はそんな良いもんじゃありません。常に、男性の顔色を伺って生きているのってすごい不自由なんですよ。機嫌が悪ければ何もできない。彼にとっては、ただのお人形さんなんですよ。

common編集H

お金は自由になるけど、「不自由」だったと。お店はうまくいったんですか?

大金さん

お店は半年で潰れました。デザイナーさんにも、私の知識がゼロなせいで散々迷惑をかけて。

common編集H

現実は甘くないっすね。

大金さん

ビジネスを始めるのにスポンサーは必要。だけど、女として出資してもらったら成功しないってことを学びました。まずは勉強しないとだめだし、責任がないと頑張れない。
そこからは、水商売で稼いだお金を美容の勉強のための留学と起業のための資金にすることにしたんです。

NYでいじめ勃発!?キラキラ港区女子が「ユニクロ最高!」になるまで

大金リサ 港区女子 インタビュー

common編集H

その後、ニューヨークで美容の勉強をして、国際ライセンスを取得されたんですよね!さぞ、キラキラしたニューヨーク生活を送られていたんでしょう!

大金さん

・・・。

common編集H

え、違うんですか?

大金さん

ニューヨークに1年間いたんですけど、1回もクラブとか行ってないですね。毎日シリアルバー食べてましたし。

common編集H

ん?バブリサのイメージと違うんですけど!?何があったんですか?

大金さん

日本人のいないネイティブの学校で、英語が分からず授業の足を引っ張っていたから、大半の生徒はすごく優しかったのですが、一部のクラスメイトからは「英語も話せないのになんで来たの?」「舐めてるの?」って洗礼を受けまして。
単に私が気に入らなかっただけかもなんですが(笑)

common編集H

洗礼?

大金さん

まぁ嫌がらせですよね。私って、生まれからバブバブしてたじゃないですか!

common編集H

あ、はい。

大金さん

挫折をするってことが人生において一回もなかったんですよ、ニューヨーク行くまで。親のすねかじって甘ったれて、大した努力しなくても水商売も適当に上手くいってた。だからすごい悔しくて、もうリタイアしたいって何度も思いました。

common編集H

よく持ち堪えましたね。僕ならすぐに帰国しているかも。

大金さん

何でこの子たちが私に対してこういう扱いをしたんだろうって考えたときに、これって人種差別とかそういうのじゃなくて、私の授業に対しての熱意だったりとか、力量不足だったりが不快にさせているんだって考えました。だったらその壁を飛び越えてみようかなって。

common編集H

なるほど。そこから学ぶ姿勢が変わったんですか?

大金さん

毎日睡眠の5時間以外は勉強にあてて、授業は死ぬ気で聞くようにしました。食事すると眠くなっちゃうんで、にんじんとミニトマト、シリアルバーだけを食べる生活を2ヵ月くらい続けて。6キロも痩せちゃったけど、そのおかげでクラスで1位をとったんですよ!

common編集H

すごい!努力の成果が実ったんですね。

大金さん

そしたら一気にみんなの対応が変わったんです。「お前やるじゃん!」みたいな。アメリカって実力主義の世界なんだなってすごく思いました。だからこそ、努力をしない私に対して厳しかったってことも分かった。

common編集H

ニューヨークでバブリサの人生観が変わったと。

大金さん

変わりましたね。
港区にいると、高級なモノを持っている人、バックグラウンドが素晴らしい人が上みたいな感覚だったけど、アメリカではそんなのはどうでもいい。「あなたが何ができるか」がすべてたった。今までなんて狭い価値観だったんだろうって思いました。

common編集H

そういう経験を経て日本に帰ってきたということは、港区女子としての生活も変わっていったんでしょうか

大金さん

今までは13センチ以下のハイヒールなんて履けないとか言ってたのに、ニューヨークから帰ってきたら「ユニクロって着心地いいよね」みたいになったから、みんなどうしちゃった!?記憶喪失!?みたいになってました(笑)。

念願のサロンオープン!ミスコン世界大会で気づいた「日本人の無いものねだり」

common編集H

水商売もそこで区切りを?

大金さん

いえ、むしろもっと頑張ることにしたんです。

common編集H

え!?せっかくピュアな感じで帰国したのに。

大金さん

このとき、絶対に日本で美容の仕事で起業しようって決意してたんです。それにはやはりお金が必要で。しかも、過去の失敗があるから、今度は自分のお金で起業したかったんです。

common編集H

港区スポンサーの元ではなく、自分の力でやりたいと思ったんですね。

大金さん

お金を貯めつつ、美容の経験値も高めるためにダブルワーク・・・・じゃなくてフォーワークですかね?3個のサロンを掛け持ちして働いて、さらに夜も働くって生活を1年間続けました。

common編集H

それはハード!その資金で、今から4年程前に念願のサロン「LllL(エル)」をオープンされたわけで!

大金さん

今はトータルビューティーサロンですが、当時はフェイシャル専門店だったんです。でも、お肌って内臓が悪いとどんなにトリートメントをしても荒れちゃうんですよ。
そこを突き詰めていくと、私生活から正さないといけない。例えばストレスが多くて、お酒を飲みすぎちゃっているとか。そこでライフスタイル全般を見て、「コアトレエステ」という筋トレも取り入れるようになったんです。

common編集H

ビューティーサロンなのにトレーニングですか!取り入れるようになったきっかけは?

大金さん

ミスコンに出る話があって、エントリーをしたら、あれよあれよと世界大会に出場することが決まって。運が良かったんですけど・・・

common編集H

いや、運じゃない。それは港区で培ったコミュニケーション能力とか、ニューヨークでの挫折の経験とかがあって、バブリサさん自身深みのある女性になったからだと!

大金さん

ははは。ありがとうございます。
世界大会のファイナルでは1か月間70か国近くのミスコン代表でビューティキャンプという共同生活をするのですが、その中のトレーニングがキツイという噂を聞いていて。私運動を全然したことなかったので、これはやばいと思ってジムに週3~4回通い始めたんです。

common編集H

いきなり週3~4回ジムって、なかなかハードですね。

大金さん

元々ストイックな部分があるので、トレーニングしすぎてファイナル大会に出たときはちょっと痩せすぎちゃいました。 でも、ニューヨークで食べずに痩せたときとは大きく違った。まず、メンタルが健康だった。ちゃんと筋肉が付いて絞れていたから、パフォーマンスも良かったです。

common編集H

そこでトレーニングの大事さに気づいたんですね!

大金さん

はい!美しい体のためには、一番は健康であること、それからパフォーマンスが上がるような筋力をつけることだなと。
あとは、他の国のファイナリストを見て気付いたのが、自分の骨格を知ってそれに合ったトレーニングをするべきだということ。ウクライナやロシアの方って骨格がとにかく細くて、反対に南米の方はすごく骨盤が広いんです。その中で、みんな自分の体を理解して自分らしいラインを作るトレーニングをしていました。

common編集H

骨格によってトレーニング方法が変わるってことですか?

大金さん

そう。だから、「ミランダ・カーになりたい!」って言っても私たち骨格が違うので無理!・・・というか、そもそも目指さなくて良いんですよ。自分の素材をもっと生かす方法を考えた方が、絶対魅力的になれる。

common編集H

おおお!みなさん結構ここ勘違いしてそうですよね。

大金さん

ミスコンの世界大会で、美の基準の違いにも衝撃をうけました。日本って小顔が美人の象徴みたいなところがありますけど、国によっては「顔が小さい」って言うと「バランスがおかしい」って意味に捉えられて傷つけちゃうこともある。あとは、エラが張ってる方が横顔がキマって美人っていう感覚もあったりするんです。

common編集H

なるほど。どこの視点に立つかで、まったく美しさって変わってくるんですね。

大金さん

それなのに、日本人は無いものねだりをする方が多い。脚の長さで勝てなくても、肌の綺麗さならアジア人が一番。
いい素材を持っているのに、活かしきれていないですよね。米を持っているのに、パスタ作ろうと頑張ってる、みたいな。

common編集H

米料理を極めた方がずっと美味しい料理が作れると。うんうん。すごい納得。

大金さん

そこで、体幹トレーニングを主にした「コアトレエステ」を始めることにしたんです。その人にあったトレーニングを行って、ただ痩せるとかじゃなくて、活き活きとした人生を送れるお手伝いをしています。

common編集H

痩せるためのトレーニングではない?

大金さん

筋トレって心のトレーニングだと思うんです。苦しくてやりたくないものだけど、それを続けることによって得ることがある。
なので、エステとトレーニングで、見た目にも心にも磨きをかけるというサービスを始めたんです。

common編集H

美容サロンで、マインドまで見てくれるって新しいですよね。反響はありましたか?

大金さん

すごいありましたね!彼氏ができましたとか、旦那さんとのセックスレスの悩みが解消されましたとか。それって、ただ見た目の変化があったからだけじゃないと思います。
健康とメンタル、美容は「三位一体」で、バランスを取ることが大事。そこに気づけたのは、ニューヨーク留学、ミスコンの世界大会があったからですね。

元祖・港区女子が今目指すもの、本当に伝えたいこと

大金リサ 港区女子 インタビュー

common編集H

そういうことに気づけたら、人生よりもっと楽しくなりそうですね。今後はどんな展開を?

大金さん

今経営しているサロンは一店舗なのですが、「クイーンフォト」という新しいサービスを始めたんです。うちのサロンで磨いた最上級に綺麗な姿を、プロが撮影して形に残すというサービスです。

私、綺麗になって卒業されたお客様がリバウンドしてしまったり輝きを失ってしまうのがすごく嫌なんです。せっかく原石を磨いて宝石になったのなって。
そうならないためには、メンテナンスが大事なんですけど継続するのが難しい方もいらっしゃいます。そういった方に、こんなに輝いていたよっていう証みたいなものを残したいと思ったんです。それがあることで自信が湧いたり、リバウンドしそうになったときに励みになったりするはずって。

現在、その「クイーンフォト」のサービスの予約が殺到していて、でもエステの枠も確保するためにスケジュールがどんどん先になってしまっている状況。ありがたいですよね。 なので、クイーンフォトも一つのコンテンツとして育てていきたいです。

エルのコアトレエステ、自社化粧品、クイーンフォト、そして次の新しいコンテンツへと 今後もいろんな挑戦をしていくつもりです!

common編集H

今後の展開も楽しみです!

大金さん

あとはこういった私のヒストリーを伝えていきたい。
若い世代の女性たちに、ロールモデルの一つとして「こういう生き方もあるよ!」って。なので、これからもっといろんなところでお話できたらなって思ってます。

common編集H

素敵です!最後になりますが、元祖・港区女子から現在の港区女子たちへメッセージを。

大金さん

すごくいろいろ思うことがあります。
今は若くて見た目が綺麗ということだけでいい思いをしているかもしれないけど、中身がないと年を重ねたときに本当に惨めなことになってしまうと思うんです。それこそ、リッチな男性に養われて、物質的には満たされても、男性の顔色を見て生きてくのは絶対辛い。

モノを増やしても、気持ちは絶対に満たされません。しかも、欲は増え続けます。

かつての私のように。

私はこれまで色んな女性たちに関わらせていただきましたが、一見なに不自由なく暮らしている裕福な方々でも、実は日々泣いてしまうくらい悩んでいたりします。

そんな悩みをきいていると、「本当の幸せとは何だろう」「お金や物質では満たされないものって、たしかにある」と思わされます。

人の幸せは人それぞれですが・・・私の場合は、やりがいのある仕事を見つけられた。これは本当にラッキーだと思っています。物質だけじゃない、やりがい。生きがい。これは人生を豊かにイキイキさせてくれる一つだと思います。

だから私は現・港区女子たちにも、この記事を読んで少しでもやりたいこと、自分がワクワクすることに、自分の心の声に 一度目を向けてみてもらえたらいいなと思います!

 

Fin.

 

取材・編集:common編集部

Posted by admin