common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

夏の紫外線による肌老化をストップ!パプリカの美肌レシピ

2018.7.21

美腸に特化し、食からキレイと幸せを作る専門機関『インナービューティーダイエット協会』にて、インナービューティープランナーとして活動中の片山真美さんが、美に効くとっておきのレシピを伝授。簡単で美味しいことはもちろん、おもてなしにも最適なお洒落なレシピが満載です。今回は、紫外線が強いこの時期におすすめの色鮮やかなパプリカを使った一品です。

紫外線の季節、到来。

6月~8月にかけては、紫外線が本格的に強くなる時期です。

紫外線を含む太陽光は、植物の光合成や生成を助けたり、私たち動物の生体リズムを整えたりと、生命体が生きていくのに必要不可欠な存在です。しかし、紫外線となるとマイナスのイメージが強いですよね。

実際には、紫外線も私たちの体に役立つ部分があります。例えば、人の体内でビタミンDを生成してくれること。ビタミンDは「骨を強くするビタミン」で、食べ物からビタミンが吸収されやすくなるように助けたり、骨や歯に届けたりと、カルシウムのサポート役として働いています。必ずしも紫外線はマイナスな存在ではなく、私たちの体に必要な働きもしてくれているのです。そのため、一日15分程度の日光浴は推奨されています。

肌の老化、9割は紫外線が原因です!

とはいっても、紫外線は、肌荒れやシミ、肌老化の加速、免疫力低下、皮膚がんの誘発など、やはりマイナスな影響もたくさんあります。肌老化の原因の9割が紫外線と言われることも。残り1割は、加齢が原因とされています。

紫外線 女性

対策として、紫外線を浴びすぎない工夫に加え、食べ物の力で肌のダメージを修復、予防する方法もあります!特に野菜に多く含まれるビタミンCやβカロテンには抗酸化作用があり、美肌には効果的な栄養素。お野菜はカラフルに頂くほど、たくさんの栄養効果が期待できます。

そこで今回は夏のビタミンカラー、“パプリカ”を使った美肌レシピをご紹介します♪

パプリカ

赤パプリカのカプサイシンには高い抗酸化力があり、不要なコレステロールを取り除き、新陳代謝アップ、疲労回復の効果が。黄パプリカに含まれるビタミンCは、シミやそばかすを防ぎ美白、美肌へ導いてくれます。オレンジのパプリカは、赤と黄の両方の成分を含み、アンチエイジング効果抜群です!

パプリカとマッシュルームのホットマリネ

パプリカとマッシュルームのホットマリネ

【材料】(1人分)
赤パプリカ(一口大)…15g
黄パプリカ(一口大)…15g
マッシュルーム(薄切り)…20g
水…大さじ1~

(マリネ液)
レモン汁…小さじ1/2
塩麹…小さじ1/2
酢…小さじ1
オリーブオイル…小さじ1/2

【作り方】
①鍋に大さじ1程度の水、パプリカ、マッシュルーム、塩を入れ、弱火にかけて1分程度ウォータースチームする。粗熱をとる。
②ポリ袋/ボウルに①、マリネ液を入れて揉みこみ、味をなじませる。器に盛って完成。

パプリカはピーマンが未成熟の状態で収穫された野菜。赤、黄、オレンジなど、色によって含まれる栄養素も違うため、カラフルにセットでいただきたいところ。レモンでさらに抗酸化力をアップさせてあげましょう。

 

栄養満点で、見た目も華やかなパプリカ。食卓にのぼることの少ない食材かもしれませんが、この夏は、美肌のためにもぜひ積極的に活用してみてくださいね♪

片山真美

『インナービューティーダイエット協会』にて、インナービューティープランナーとして活動中。美腸に特化し、食からキレイと幸せを作る専門家として、旬の野菜や発酵調味料を活かしたレシピを紹介している。バレエ、ダンス、ヨガの経験から現在は「食×運動」についても勉強中。 Instagram @x.x.mami.x.x

Posted by admin