common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

痩せるきのこ大解剖!「キノコキトサン」が含まれるのはアレだけなんです

2019.10.6

きのこの食物繊維は、糖質の吸収を抑える

食物繊維には、糖質の吸収を抑える効果もあります。

食事に含まれている糖質が吸収されると血糖値が上昇します。血糖値が上昇すると、その血糖値を下げるためにインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは血糖値を下げる役割もありますが、脂肪の合成を促進させるという働きもあります。そのため血糖値が急に上がってしまうと、太る原因になります。

食物繊維が豊富なきのこを食べると、そうした血糖値の急激な上昇を抑えることができ、脂肪の合成を抑制。効率的にダイエットをすすめることができ、太らないための食事としても有効なのです。

きのこ特有成分「キノコキトサン」が脂肪の分解を促進

多くのきのこには、「キノコキトサン」という物質が含まれています。

キノコキトサンは脂肪の吸収を抑える働きや、脂肪の分解を促進してくれる働きがあることで知られています。実際に、キノコキトサンを摂取することで痩せることができるかという実験が行われていて、効果が確認されています。(参考:東京農業大学の実験結果

ダイエット効果のあるきのこの種類は?

いろいろなきのこ

きのこには痩せるための要素がたくさん詰まっていることが、改めて分かりましたね。ここからは、たくさんあるきのこの中でも、代表的なものについてカロリーや栄養素を比較してみました。

きのこのカロリー比較(100gあたり)

えのきだけ: 22kcal

なめこ: 15kcal

しいたけ: 18kcal

しめじ : 18kcal

エリンギ: 24kcal

まいたけ: 16kcal

松茸: 23kcal  

きのこの食物繊維量比較(100gあたり)

えのきだけ: 3.9g

なめこ: 3.3g

しいたけ: 3.5g

しめじ : 3.7g

エリンギ: 4.3g

まいたけ: 2.7g

松茸: 4.7g

見比べてみると、どのきのこでもほとんどカロリーは同じだということが分かりますね。気になる食物繊維の量も、どのきのこでも大体一緒という結果になりました。

Posted by admin