common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

低カロリーでも避けたい具材は?痩せる「おでんダイエット」を管理栄養士が解説

2019.12.21

おでんダイエット

コンビニおでんを食べるだけでマイナス5キロ!?そんな、おでんダイエットが話題を集めているようです。ただし、ただおでんを食べるだけでは痩せない可能性もあるようです。今回は、管理栄養士の岡 清華さんに正しいおでんダイエットの方法を教えていただきました。

【医師監修】餅はこう食べれば太らない!切り餅のカロリー、糖質もチェック!

おでんのカロリー別!ダイエット向きの具材を紹介

おでんはカロリーが低く、ダイエット向きなイメージですよね。実際にはどうなのでしょう。まずは、セブンイレブンのおでんのカロリーを、カロリー別にまとめてご紹介します。

・10キロカロリー以下(いくら食べてもOK!?)

味しみ大根 9キロカロリー
やわらか穂先たけのこ 7キロカロリー
白滝、糸こん、こんにゃく 各5キロカロリー

・60キロカロリー以下

ふんわりはんぺん 32キロカロリー
ロールキャベツ 37キロカロリー
味しみ牛すじ串 39キロカロリー
ごぼう巻 43キロカロリー
焼きちくわ 48キロカロリー
餃子巻 56キロカロリー
野菜がんも 61キロカロリー
味しみ絹厚揚げ 62キロカロリー
焼豆腐 62キロカロリー

・100キロカロリー以下

味しみたまご 81キロカロリー
出し巻き玉子 83キロカロリー
あらびきウインナー巻 83キロカロリー
ちくわぶ(ブラン入り) 87キロカロリー

・100キロカロリー以上(食べ過ぎ注意!)

鶏つくね串(なんこつ入り) 106キロカロリー
もち巾着(鶏肉入り) 110キロカロリー
コク旨あらびきソーセージ 148キロカロリー

※一部メニューは地域によってカロリーが異なります。
(参照元:https://www.sej.co.jp/i/products/allergy/oden/

実際におでんは、60キロカロリーの以下の低カロリーな具材がほとんどであることが分かりますね。こんにゃく、大根、はんぺん、ごぼう巻き、たまごを食べても、計170キロカロリーしかありません。

おでんは、1日の摂取カロリーを減らしたいときには大いに役立つと思います。

簡単!おでんダイエットのやり方

おでん

一般的な女性の1日の摂取カロリーは、1800~2000キロカロリー程だと言われています。1食当たり、600~700キロカロリー程摂取していることになります。

そこで1食をおでんに置き換えると、簡単に400~500キロカロリーほど摂取カロリーを減らすことができます。平日の5日間続ければ、2000~2500キロカロリー摂取カロリーが減ることに。

1キロの脂肪を燃やすためには7200キロカロリー分のエネルギーを消費する必要。つまり、1日1食をおでんに置き換えるおでんダイエットを行うと、4週間ほどで1キロの脂肪を減らすことができるという計算になります。(他の食事からの摂取カロリーに変動がないと想定した場合です。)

毎日は無理だという方でも、できるときに1食をおでんに置き換えれるようにすれば、冬の間に無駄な脂肪を減らすことができるかもしれません。

【医師監修】1キロの脂肪を落とすためには、どれだけ運動すればいい?消費すべきカロリーは?

おでんダイエットで太る原因

おでんダイエットをしたら太ったという話も耳にします。

それは食べ過ぎたから、高カロリーな具材ばかり食べたから、もしくは・・・こんにゃくや大根といった低カロリーな具材だけを選んだからかもしれません。

低カロリーなのに太るなんて意外ですが、間違ったダイエットのよくある例です。

低カロリーな食べ物だけでは、あとで必ずお腹が空いてしまいます。間食してしまったり、後で暴飲暴食してしまってはダイエットに悪影響がでてきます。

また、低カロリーだからたくさん食べて、お腹がはちきれるほど食べることに慣れてしまったりすると、普段から食べる量が増えて太る原因になります。

栄養価の面では特にタンパク質が不足すると、お腹が空きやすく、さらに筋肉の分解が進みやすくなってしまうことがあります。美しくなるためのダイエットには、カロリーだけではなく、栄養バランスが重要なのです。

おでんダイエットはたまごを食べて!

たまご

おでんダイエットをするならぜひ食べてほしいのが、たまごです!

セブンイレブンの味しみたまごは、1個にたんぱく質6.6gが含まれています。タンパク質の目安摂取量は、体重×1gとされています。筋トレする方の場合、体重×2gと言われることもありますね。

50キロの女性なら、1日50g(1日3食なら1食当たり16g程度)のタンパク質を摂取するのが理想的です。おでんのたまごを1個食べると、1食に必要なタンパク質量の半分近く摂ることができます。

ちなみに、低カロリーなおでんの具材である大根には0.3g、こんにゃくには0.1gしか、タンパク質は含まれていません。ダイエットしたいからと、これだけ食べているとタンパク質不足になってしまうので注意しましょう。

おでんダイエットで避けるべき具材は?

おでんはカロリーが高いものでも、100キロカロリー前後しかありません。そのため、食べ過ぎなえればカロリーオーバーで太るということはないと思います。

ただ、よりヘルシーにおでんを食べたいなら避けた方が良い具材もあります。

炭水化物である餅を使った餅巾着、ごぼう巻き、ウインナー巻き、餃子巻きなどの揚げたものです。ごぼう巻きは低カロリーの分類なので、食べて太るということではありませんが、健康的に痩せるダイエットを実践してみたいなら避けてみましょう。

それから、今回セブンイレブンのおでんの中で最も高カロリーだったウインナーも、ダイエット中はおすすめしません。

ウインナーを始め、ベーコン、サラミなどの加工肉は、脂質も塩分も多く含まれています。味が濃いため、また食べたくなる中毒性もありますよね。加工肉を食べるよりは、純粋なお肉を食べた方がずっと良いタンパク質を摂取することができますよ。

おでんのつゆのカロリーは高カロリーで太る?

おでんの出汁

おでんのつゆは100mlあたり15~30kal程度です。ラーメンなどとは違い低カロリーであることがほとんどです。なので、おでんのつゆまで飲んだから太った!ということには、なりません。

しかし、気になるのは添加物です。

コンビニのおでんのつゆは、昆布やかつおからとられることはなく、人工的な旨味成分で作られています。

そのため、体にいいとは言えないのが本音。ダイエットの観点から見ると問題ないのですが、健康のことを考えるならコンビニのおでんのつゆは飲み干さない方が良いでしょう。

自宅で出汁からつくるおでんなら、飲んでも良いと思います。

 

おでんで美味しくダイエット!

おでんダイエットなら美味しく健康的に摂取カロリーを減らすことができそうですね!最近食べ過ぎて太ってしまったという方にも、カロリー調整としておでんはおすすめです。ただし、栄養バランスは大事にしていきましょう。タンパク質源を意識することも忘れずに、おでんダイエットにチャレンジしてみてくださいね。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

文:common編集部

Posted by kamoshita