common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

「ストレッチは痩せますか?」中野ジェームズ修一が5つの疑問に回答

2019.12.20
中野ジェームズ修一ストレッチの疑問解決

柔軟性を高める「ストレッチ」。スタイルの維持やダイエットにも良い影響があるの?トレーニング効果が高まるって本当?そんな疑問を解決すべく、今回は、17万部を突破した『世界一伸びるストレッチ』の著書である、中野ジェームズ修一さんに、ストレッチのあれこれについて伺いました!

1、ストレッチで痩せるって本当?

よく聞かれることなのですが、柔軟性とスタイルの良さは、直接的には関係ないです。

残念ながら、ストレッチをしたら脚が長くなる、細くなるということはありません。ここを誤解している女性は多いですよね。

でも、柔軟性が向上すると疲れづらくなるし、多くの運動が安全に長時間できるようになります。その結果、消費カロリーが増えやすくなります。この一連の流れで考えれば、結果的に「ストレッチでキレイになった」という見解ができると思います。

また、ストレッチで柔軟性を高めることは姿勢の改善に繋がります。それでスタイルが良くなったように見えることはあるでしょう。

気付いていない方が多いですが、姿勢の悪さには柔軟性が関係している場合もあります。二本足で立っている人間は、体の前面と背面の筋肉のバランスをとることで真っすぐな姿勢を保っています。

しかし、何もしないと前面の筋肉、例えば大胸筋(胸の筋肉)は硬くなり、前に引っ張る力が強くなります。一方で、背面の背中の筋肉は年齢と共に弱くなっていき背中が丸まってきます。これが猫背になっていく仕組みですね。

身体が硬い方は、姿勢が悪くなっていないかご自身でも確認してみると良いでしょう。

ストレッチとダイエットの関係性

  • ストレッチで“直接的に”スタイルが良くなることはない
  • 疲れにくくなるので、消費カロリーが増えて痩せやすくなるかも!?
  • 柔軟性が上がると姿勢が良くなり、スタイルアップ!(猫背が改善される)

2、ストレッチで筋トレ効果は高まる?

中野ジェームズ修一 解説

実は「ストレッチしたから筋肉が付きやすい」ということは、証明されていないです。

でも、『フルレンジモーション』といって、動かす部分を最大限に伸ばしたほうが、トレーニング効果が得られることは立証されています。また柔軟性が高いと疲れづらくなります。

なので、さまざまなジャンルのアスリートを指導していますが、運動の前後には必ずストレッチをしています。

運動だけ頑張ってストレッチをしないと、筋肉が収縮したままになってしまうから。

車で言えば、エンジンオフにしなくてはならないのに、ずっとアイドリング状態が続くイメージですね。運動後のストレッチを怠ると、身体が硬くなってしまったり、肉離れなどの怪我をしやすくなったりしてしまいます。

(※アイドリング;再び走行するために、最低限のエンジン稼働を維持し続けている状態。)

よって、やはりトレーニング(運動)とストレッチはセットで取り入れて欲しいのです。トレーニングをしているけれどストレッチはしていないという方は、損をしているかもしれません。

ストレッチと筋トレの関係性

  • 運動(筋トレ)とストレッチは必ずセットで取り入れるべし!
  • 運動(筋トレ)後にストレッチをしないと柔軟性が低下し、怪我にも繋がる
  • ストレッチで筋肉がつきやすくなるわけではないが、筋トレの効果は得やすくなる

Posted by kamoshita