common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

カシューナッツでダイエットできる?カシューナッツ以外にもくるみやアーモンドなどの糖質やカロリー調査

2019.3.8

カシューナッツって、何だか食べるとニキビが出来るイメージがあり、カロリーも高そうですね。しかし、意外にも、カシューナッツはダイエットの味方にもなり得るのです。今回は、カシューナッツとダイエットの関係性についてご紹介いたします。

カシューナッツはダイエットに向いている?

ナッツには栄養素が豊富なことは有名ですね。カシューナッツも、同じくナッツの仲間。とても栄養価の高い食材なのです。そして、カシューナッツの栄養素は、ダイエット中の方に嬉しいものばかり。ダイエットに役立つカシューナッツの栄養素についてみていきましょう。

カシューナッツのダイエット効果成分①不飽和脂肪酸

痩せやすい体作りに大切な視点は、中性脂肪を減らすことです。カシューナッツに豊富に含まれている不飽和脂肪酸は、中性脂肪の減少に関係する悪玉コレステロールを減らす効果があると言われています。

カシューナッツのダイエット効果成分②食物繊維

カシューナッツには、ダイエットのために必要な食物繊維も含まれています。食物繊維は水分と一緒に摂取することにより、体内で膨張しますので、満腹感を感じやすくなり、食べ過ぎ防止に役立ちます。ですが、お腹に便が詰まっている便秘状態でカシューナッツを食べ過ぎると、悪化する可能性があります。また、ダイエットに便秘は大敵。食物繊維は、便秘解消のためにも必要な栄養素でもありますが、食べ過ぎには注意しましょう。

カシューナッツのダイエット効果成分③鉄分

カシューナッツに含まれる鉄分は、血中の酸素を増やし、細胞の活動を活発にさせることで体内の代謝を促進し、ダイエット効果につながりやすくなります。また、ダイエットで不足しがちな鉄分。女性に嬉しい貧血にも効果が期待できます。

カシューナッツのダイエット効果成分④ビタミンB1

カシューナッツには、摂取した糖質を分解し、エネルギーに変換してくれるビタミンB1も含まれています。ビタミンB1は、疲労回復にも効果があります。糖質を体内に溜め込まないためにも是非取り入れたい栄養素ですね。

カシューナッツのカロリーや糖質はどのくらい?

カシューナッツには、ダイエット中の方に嬉しい栄養素がたくさん含まれていることはわかりました。しかし、無闇やたらに食べてしまうことは禁物です。この後からは、ダイエットに大敵の糖質やカロリーについて確認していきましょう。

カシューナッツのカロリーは?

カシューナッツ(味付けされているもの)のカロリーは、なんと100gあたり約576kcalあります。これは、なんとマクドナルドのビックマック(1個524kcal)より多い数値になります。

カシューナッツの糖質は?

カシューナッツの糖質は、100gあたり約20g含まれています。これは、ナッツ類の中でも断トツに多い量になります。カロリー同様、摂取量には注意しましょう。

カシューナッツでダイエット…でも食べ過ぎは太る?一日の食べる目安は

先述したように、カシューナッツは、100gあたり約576kcalのカロリーと、約20gの糖質が含まれています。カシューナッツの食べ過ぎは太る元であると言えるでしょう。カシューナッツを一度に100g食べることは、そうそう無いかもしれませんが、塩分などで味付けされていると食欲も進み、思わず食べ過ぎてしまうということもあります。カシューナッツを食べる時には、あらかじめ、食べる量を決めておくと、無意識で食べ過ぎてしまうのを防止できるでしょう。ちなみに一日の摂取量の目安としては、10粒〜20粒程度が適量とされています。

くるみやアーモンドなどでもダイエット効果や太る要素があるの?

ここからは、カシューナッツ以外のナッツ類のダイエット効果カロリー、糖質を見ていきましょう。くるみやアーモンド、ピーナッツなども、実はダイエットの強い味方になり得ます。カシューナッツだけでは飽きてしまうという方は、他のナッツも活用しながら、ダイエットを楽しく続けてください。

くるみのダイエット効果は?

くるみにも、カシューナッツと同じく中性脂肪を減らしてくれる栄養素が含まれています。それが、オメガ3脂肪酸です。中性脂肪を減らす他に、血流改善の効果もあるので、ダイエットだけでなく美肌効果も期待できます。

くるみの食べ過ぎは太る?カロリーや糖質をチェック

くるみ(煎ったもの)のカロリーは100gあたり約674kcal、糖質は約4.2g含まれています。カシューナッツと比べて、糖質は少なめですが、カロリーはかなり高いことがわかります。
一日の摂取量は、5〜6粒程度に抑えましょう。

アーモンドのダイエット効果は?

アーモンドは、天然のサプリメントと呼ばれるほど栄養素が含まれていますが、中でも食物繊維が豊富です。また、アーモンドは固いため、しっかり噛まなければなりません。咀嚼数が多ければ、満腹中枢にしっかりと信号が伝わり、食べ過ぎを防止することができます。

素焼きアーモンドは太る?上手な食べ方は?

素焼きのアーモンドのカロリーは100gあたり約598kcal、糖質 100gは約9.3g含まれます。アーモンドも、やはり低カロリーの食材とは言い難く、食べ過ぎたら太る元になります。
素焼きアーモンドを食べるときは、一日の摂取量は20粒〜25粒程度に収めましょう。食前に食べると、食べ過ぎを防止し、よりダイエットに効果が出るかもしれません。

ピーナッツのダイエット効果

ピーナッツは、ナッツ類ではなく豆類に分類されますが、カシューナッツやくるみなどナッツ類同様、食物繊維や、良質の脂質、タンパク質などが含まれており、ダイエット効果が期待できます。

ピーナッツは太る要素がある?食べ方

ピーナッツに太る要素があるとしたら、やはり高カロリーな点が挙げられます。ピーナッツのカロリーは100gで約562kcalありますので、こちらも一日あたりの摂取量を守ることが大切です。1日あたりの摂取の目安は、25粒前後とされています。

最後に

カシューナッツは、小さな粒の中に、ダイエットに有益な栄養素がたくさん詰まっていることがわかりました。しかし、カシューナッツの食べ過ぎは太る元。また飽きてしまう危険性もあります。適量を守りながら、上手に活用していきましょう。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin