common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

じゃがいものカロリーや糖質、栄養素を調査!じゃがいもは炭水化物だから太る?さつまいもとのカロリー比較やダイエットレシピ

2018.12.28
じゃがいもは、イモ類の中でも女性や子どもに人気の食材です。じゃがいもといえば、煮物や蒸し物、茹で物、揚げ物、焼き物と「ホクホク」感を生かした調理方法が多くみられます。そこで今回は、じゃがいものカロリーや糖質、栄養成分と意外なダイエット効果まで徹底調査しました。さらに、さつまいもとの比較やじゃがいも料理のレシピについてご紹介します。

じゃがいも1個のカロリーと栄養素は?

じゃがいものカロリーは、大きめのサイズのじゃがいも1個(180g)で、約137キロカロリーとなっています。じゃがいもは、ほとんどの成分が炭水化物で出来ています。特徴は、ビタミンCとモリブデンが多く含まれていることです。

じゃがいもに含まれる栄養成分の中で、気になる炭水化物は31.68g、次に多いのがたんぱく質で2.88g、脂質は0.18gです。また、食物繊維が2.34g含まれているため、腹持ちがいいです。じゃがいも1個分のカロリーを消費するには、1時間ほどのストレッチが必要です。

じゃがいもの栄養効果は?

続いては、じゃがいもの栄養効果をみていきましょう。

じゃがいもの栄養効果①ビタミンC

ビタミンCは美容効果のあるビタミンです。また、鉄やカルシウムの吸収を促進するなど、身体の調整を図ります。

じゃがいもの栄養効果②ビタミンB1

じゃがいもに含まれるビタミンB1は代謝を促進し、疲労回復に役立ちます。

じゃがいもの栄養効果③カリウム

じゃがいもにはカリウムも含まれています。カリウムは老廃物の排出、塩分の排出を促す成分です。むくみや便秘を改善させます。

じゃがいもの栄養効果④鉄分

じゃがいもに含まれている鉄分は、貧血の予防、改善に役立ちます。

じゃがいもの栄養効果⑤マグネシウム

マグネシウムはミネラルの一種で、骨や歯を形成する、代謝を助ける役割を持ちます。

じゃがいもの栄養効果⑥食物繊維

じゃがいもは水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含んでいます。便秘の改善や満腹感をもたらすため、ダイエットに効果的です。

じゃがいもの栄養効果⑦でんぷん成分

難消化性のでんぷんは、善玉菌のエサになるため、腸内環境の改善に役立ちます。血糖値上昇の予防にもなります。また、一般的にビタミンCの成分は熱によって壊れやすいですが、じゃがいもの場合、でんぷん質の働きによりビタミンCを損失しにくく、効率よく摂取することができます。

Posted by admin