common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【医師監修】冷える、疲れる、太る。「低体温」は自律神経の乱れが原因!改善法は?

2018.12.27
辛い冷えや疲れ、太りやすい体質の原因となっている低体温。気が付いているけれど、放置しているという方も多いはず。減量外来ドクターの工藤 孝文(くどう たかふみ)先生によると、低体温は自律神経の乱れと深い関係があるんだとか。そこで今回は、自律神経を整えるコツを教えていただきました。

低体温の女性が増加中!低体温のデメリットとは

あなたの平熱は何度でしょうか。「36度以下です。」という低体温の方が非常に増えてきています。辛い冷えを感じている方も多いのでは?単に体温が低いだけと思うかもしれませんが、低体温は免疫力を低下させ、さまざまな病気の原因になり得ます。風邪をひきやすい、疲れやすいといった悩みも低体温が引き金になっていることが多いです。

低体温は基礎代謝を下げてしまうので、ダイエットにも悪影響です。あまり食べていないのに太ってしまうと悩んでいる方は、低体温ではないか疑ってみましょう。最新のダイエット法に挑戦する前に、体温を上げる工夫をした方が良いかもしれませんよ。

理想的なのは、平熱が36度6分以上であること。免疫力が高く、とても健康な状態です。ですが、20代~40代の一般の女性ではなかなか見られない数字ではないでしょうか。多くの女性が平熱は36度ぎりぎりという状態です。

低体温は自立神経の乱れが原因!

不眠の女性

低体温になる原因は多岐に渡ります。ダイエットをして食事の量を減らしていたり、いつも薄着で身体を冷やしていたりすると体温は下がってしまいます。

その中でも今回注目して欲しいのが、自律神経の乱れによるものです。

自律神経は交感神経と副交感神経の二つからなり、交感神経は活動中、副交感神経はリラックスしているときに優位に働きます。外的・内的要因に応じてバランスを変え、身体のさまざまな機能をコントロールしていますが、その中の一つに体温があります。

例えば、暑い時には副交感神経が働き、血管を広げ、身体に溜まった熱を逃がします。反対に寒い時には、交感神経が働き、血管を収縮させて熱が身体から逃げるのを防ぎます。

しかし、生活習慣の乱れやストレス、過度にショックな出来事などが起こり自立神経のバランスが崩れてしまうと、このような体温調整が上手くいかなくなってしまうのです。

Posted by admin