common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

カニクリームコロッケのカロリーは?人気冷凍食品かぼちゃコロッケ、メンチカツ、エビフライ、ハンバーグのカロリーも調査

2018.12.10

まわりの衣はサクサク、中身はとろりと滑らかな舌触りのホワイトソースにカニの身がたっぷりと入った濃厚な味の「カニクリームコロッケ」が大好きだという方は多いのではないでしょうか。洋食屋さんでも昔からある人気メニューですし、スーパーのお惣菜コーナーにも必ずと言っていいほど置かれています。そんな大人気のカニクリームコロッケですが、カロリーが気になるところ。今回は、お家で手軽に作ることができる冷凍食品のカニクリームコロッケについてカロリーを調べてみました。カニクリームコロッケ以外にも人気の冷凍食品メニューであるかぼちゃコロッケ、メンチカツ、エビフライ、ハンバーグのカロリーも調べてみましたよ!

気になるカニクリームコロッケの(冷凍食品)のカロリー

お弁当や夜のおかずにも大活躍の冷凍食品のカニクリームコロッケですが、そのカロリーを見てみますと、どこのメーカーの商品もだいたい100gあたり240kcal程度です。ただ、実際には食べるカニクリームコロッケ1個の重さは20〜25g程度ですので、1個あたりのカロリーは48〜60kcal程度です。

ご注意いただきたいのは、この数値は冷凍食品のカニクリームコロッケを電子レンジであたためた場合の数値です。油で揚げなおした場合はもう少しカロリーが上がってしまいます。
ダイエット中でカロリーが気になるという方は、ご飯のおかずとして他のものと一緒に食べるのであれば、1〜2個程度にしておいた方がいいですね。

ダイエット成功の秘訣とは?

ダイエットには運動も大事ですが、実は食事が8割なのをご存知ですか?

特に糖質を制限することによって、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌量を減らせば、脂肪がつきにくい体になります。糖質制限中の1日あたりの糖質量は70g~130g程度を目安にすると良いでしょう。摂りすぎた糖質を抑制すれば、ダイエットに繋がり、しかも病気のリスクを下げてくれます。

▼参考
ご飯茶碗一杯(150g)の糖質量:53.4g
食パン1枚当たり(6枚切り)の糖質量:26.6g

でも、食事の度に糖質量やカロリーの計算をするって大変ですよね…。そこでオススメしているのが、糖質制限された健康的な食事を宅配してくれるサービスです。これを活用すれば、楽に継続ができるため、ダイエット成功の近道となります。

最近では多くのサービスがありますが、ここでは「nosh(ナッシュ」をオススメしたいと思います。noshの特徴は、【低糖質】で【健康的】なことに加えて【安くて美味しい】ということです。

▼メニューの特徴
1.シェフと管理栄養士が開発
2.全てのメニューが糖質30g以下
3.全てのメニューが塩分2.5g以下


※画像をクリックするとメニューの一覧を見ることができます。

「nosh」がなぜここまで人気なのか?

単純ですが、コンビニ弁当よりも安くて、美味しくて、しかも糖質やカロリーが計算された健康的な食事を宅配してくれる便利なサービスだからです。メニューも豊富なので、飽きることもなさそうです。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。リンクを貼っておきますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

かぼちゃコロッケ・メンチカツ・エビフライ・ハンバーグ…他の冷凍食品のカロリーも気になる!

かぼちゃコロッケ、メンチカツ、エビフライ、ハンバーグと、どれも多くの方に人気のメニューです。みなさんの冷凍庫にも常備しているよ、という方も多いのではないでしょうか。では実際、これら人気の冷凍食品のカロリーがどれくらいあるのか調べてみましょう。

かぼちゃコロッケのカロリー

お近くのスーパーなどで売っている一般的な冷凍食品のかぼちゃコロッケのカロリーですが、1個(約28g)あたり81kcalです。ここでは、テーブルマーク社の「北海道栗かぼちゃコロッケ」を参考にしています。

メンチカツのカロリー

スーパーで普通に販売されている冷凍食品のメンチカツのカロリーですが、1個(21g)あたり75kcalです。ここでは、ニチレイフーズ社の「お肉たっぷりジューシーメンチカツ」を参考にしています。

エビフライのカロリー

続いても多くの方に人気のあるエビフライです。冷凍食品として販売されている一般的なエビフライ1本のカロリーですが、1本(13g)で44kcalでした。ここでは、テーブルマーク社の「サクうまっ!えびフライ」を参考にしています。

ハンバーグのカロリー

ハンバーグが嫌いだという方はいないのではないでしょうか。そんな大定番なハンバーグの冷凍食品のカロリーですが、1個(21g)あたり40kcalです。ここでは、ニチレイフーズ社の「お弁当にGood!® ミニハンバーグ」を参考にしています。

カニクリームコロッケ、かぼちゃコロッケ、メンチカツ、エビフライ、ハンバーグとカロリーを調べてみましたが、これと言って飛び抜けてカロリーの高い商品もなく、1〜2個程度でしたらダイエットを気にされている方にも取り入れられるのではないかと思います。

人気のカニクリームコロッケを大調査

街の洋食屋さんのカニクリームコロッケ、ご自身で材料からこだわって作ったカニクリームコロッケにはかないませんが、冷凍食品やコンビニのカニクリームコロッケもお手軽ですし、かなり美味しく開発されています。冷凍食品やコンビニの商品で人気のカニクリームコロッケを見てみましょう。

イオントップバリュ「境港産 紅ずわいがに使用 かにのクリームコロッケ」

洋食屋やレストランで食べるものと比較をしても遜色ないほど美味しい、という口コミも出ているのが、イオントップバリュの「境港産 紅ずわいがに使用 かにのクリームコロッケ」です。イオンで販売されていますので、いつでも購入することができて便利ですね。

セブンイレブン「特濃かにクリームコロッケ」

2018年9月頃に東京と神奈川のセブンイレブンだけで販売されていた「特濃かにクリームコロッケ」ですが、こちらも100円程度で食べられるクオリティではない!との口コミが多数寄せられた商品です。ぜひ全国のセブンイレブンで販売してほしいですよね。

五島軒「カニクリームコロッケ」

五島軒とは、北海道函館市に本社を置き、洋食店を経営しながら加工品の製造・販売している会社です。カニで有名な北海道にあり、老舗洋食店でもあることから人気の高い商品です。こちらは通販で購入することができます。

「かに屋が作ったカニのクリームコロッケ」

鳥取県のかに屋が開発したカニクリームコロッケです。境港は紅ズワイガニの水揚げ高が日本一で、甘い紅ズワイガニのほぐし身が入って美味しいことは当然ながら、大容量かつお安い価格帯で販売されており、こちらも人気の商品のようです。

最後に

今回は、カニクリームコロッケのカロリーや、かぼちゃコロッケ、メンチカツ、エビフライ、ハンバーグなど、その他冷凍食品のカロリーを調べてみました。そろそろカニクリームコロッケが食べたくなってきたのではないでしょうか?人気のカニクリームコロッケもご紹介していますので、まだ食べたことがないという方はぜひ一度お試しください。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin