common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

豆腐ダイエットの方法は夜ご飯を置き換えるのが効果的?効果を感じるまでの期間は?ブログで話題のアレンジレシピも

2018.12.7
食事制限をともなうダイエット中、何かと不足しがちになるのがタンパク質です。カロリーや糖質を気にして菜食中心の生活をしていると、肉や魚をとらないためにタンパク質が不足しやすいのです。タンパク質はダイエットには必要不可欠。そんなダイエット中のタンパク質摂取にぴったりの食材が『豆腐』です!今回は『豆腐ダイエット』の方法や効果、成功するコツなどについて徹底解説いたします。キムチやもやし、納豆を使ったアレンジレシピもご紹介します。

豆腐のカロリー・糖質・タンパク質量は?ダイエット中は木綿と絹ごしどちらを選ぶ?

まず、豆腐ダイエットの基礎知識についてお話ししましょう。お豆腐は非常に低カロリー低糖質で、しかも高タンパクの優れた食品です。しかも、お腹にたまりやすく食べた後の満足感を得やすいですので、まさにダイエットにぴったりの食品といえます。気になる木綿豆腐と絹ごし豆腐のカロリーや栄養価をまとめてみました。

木綿豆腐(100g)のカロリー・糖質・タンパク質量

  • カロリー:72kcal
  • 糖質量:1.6g
  • タンパク質量:6.6g
  • 脂質量:4.2g

 

絹ごし豆腐(100g)のカロリー・糖質・タンパク質量

  • カロリー:56kcal
  • 糖質量:2.0g
  • タンパク質量:4.9g
  • 脂質量:3.0g

     

木綿豆腐の方がややカロリーは高めですが、食べた時に満腹感を得やすいです。絹ごし豆腐の方はやや糖質は多めですね。どちらを選んでも大きな差がありませんので、お好みで選びましょう。お豆腐は非常に栄養価が豊富で、ダイエットのサポートや健康に良い成分もたくさん含まれています。

豆腐に含まれる栄養素はダイエット向き?

大豆レシチンのダイエット効果

大豆レシチンはリン脂質の一種。血中コルステロールの改善、中性脂肪を低下させる効果が期待できる注目の成分です。卵などにもレシチンは含まれますが、大豆由来のもの、特にコルステロールが低い豆腐で摂取するのは理想的といえますね。

大豆サポニンのダイエット効果

大豆サポニンは活性酸素の増加を抑えてくれる成分。活性酸素自体は、身体に必要なものなのですが、増えすぎると様々な不調や老化の原因になります。サポニンは、必要以上に活性酸素が増えないようにしてくれるまさにサポート役の成分。サポニンは過剰摂取するとかえって悪影響がありますが、お豆腐に含まれる大豆サポニンは安全性が高く、豆腐を食べたくらいで過剰摂取になることはありません。

大豆オリゴ糖のダイエット効果

大豆オリゴ糖は、多くの種類があるオリゴ糖の中でも、消化されづらい性質があります。つまり、食べても糖質を吸収もされにくいということですね。オリゴ糖は善玉菌を増やして腸内環境を整える整腸作用もあり、ダイエットにはぴったりの成分です。

豆腐にはこういった大豆由来のダイエットサポートにぴったりな成分はもちろん、たんぱく質、鉄分、ビタミンB群など、美容健康に嬉しい成分がたくさん含まれています。

Posted by admin