common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

海鮮丼のカロリーはどのくらい?マグロ丼やサーモン丼のカロリーもあわせてご紹介

2018.11.30

白いご飯に色とりどりの海鮮が乗った海鮮丼は男女問わずに人気のメニューですよね。今回はそんな人気のメニューである海鮮丼のカロリーに迫ってみたいと思います。また、マグロ丼、サーモン丼のカロリーもあわせて紹介していきます。

海鮮丼のカロリーはどのくらい?

ではさっそく海鮮丼のカロリーについてですが、だいたい海鮮丼一杯で650~700キロカロリーといわれています。海鮮丼は丼ぶりに盛られたご飯が一杯250ℊで計算すると、白飯だけで420キロカロリーあります。その上に脂ののった海鮮がびっしり乗っていると考えればそのカロリーの高さもうなずけます。もちろん、乗せる海鮮の種類によって摂取カロリーは変わってきます。
次に、海鮮丼の具材のカロリーと栄養素を見ていきましょう。

海鮮丼の具材別カロリー①「マグロ」

海鮮丼のマグロを二切れと考えると約30g。みなみまぐろの赤身だと約30キロカロリーになります。マグロには、DHAやEPAという栄養が豊富に含まれています。この栄養素は血液をサラサラにする効果があり、成人病を予防したり、脳の働きを活性化する健康効果があるといわれています体に嬉しい成分を豊富に含むまぐろですが、気を付けたいのは脂身が多いトロの部分。マグロの脂身のカロリーは赤身に比べて約3倍以上のカロリーとなります。マグロは中トロ、大トロとあり、脂身が多い分だけ旨味もあって美味しく感じますが、その分カロリーは高いということになります。

海鮮丼の具材別カロリー②「えび」

大きめの甘えびが2尾入っていると1尾約9キロカロリーなので約18キロカロリーくらいとなります。えびは高たんぱくな食材と知られ、たんぱく質は髪や皮膚をつくる働きをします。またえびに含まれるタウリンという成分は疲労回復や高血圧の抑制などにも効果を発揮します。えびには脂質はほとんど入っていませんのでダイエット中も安心して食べれそうですね。

海鮮丼の具材別カロリー③「サーモン」

海鮮丼といえば高い確率で入っているサーモン。食べやすいので女性や子供にも人気です。
そんなサーモンのカロリーは2切れ30gで考えると約57キロカロリーになり、まぐろの約2倍近いカロリーとなっています。サーモンにはビタミンDが豊富に含まれており、ビタミンDは体の健康を保ったり、免疫力を強めてくれる働きをします。また、サーモンにはビタミンB群も豊富で、ビタミンBは神経や脳の働きを正常に保ったり、貧血を防ぐ効果もあります。少しカロリーが高いのが気になりますが、サーモンは栄養価も豊富なので是非とりたい食品です。

海鮮丼の具材別カロリー④「ほたて」

海鮮丼のアクセントとしてなくてはならない存在のホタテ。ホタテ1個を20gとして14キロカロリー。2つ入っていると28キロカロリーとなります。ぷりぷりで美味しいホタテですが、栄養効果も抜群です。ホタテにもたんぱく質やビタミンB群が多く含まれており、そのほかにもビタミンEや亜鉛も含まれています。亜鉛は味覚を正常に保つ働きをしたり、ビタミンEはホルモンバランスを正常にする効果があるので月経不順や生理痛の改善にも効果を期待できます。

海鮮丼の具材別カロリー⑤「いくら」

プチプチの食感と色鮮やかな赤色で海鮮丼を華やかにするいくら。いくらのカロリーは10gで27キロカロリー。いくらにはたんぱく質やEPAが豊富に含まれています。また、いくらが赤色なのはアスタキサンチンという成分によるものなのですが、アスタキサンチンには高い抗酸化作用をもち、その効果はなんとビタミンEの1000倍ともいわれています。アスタキサンチンは目を保護したり、美肌効果があります。ただ、いくらは塩分やコレステロールも高めの食品です。海鮮丼に乗っているくらいの量なら問題ございませんが、食べすぎには気を付けましょう。

マグロ丼のカロリーはどのくらい?

海鮮丼も美味しいですが、マグロがたっぷり入ったマグロ丼も人気のメニューです。マグロ丼のカロリーはいくらくらいなんでしょうか。マグロ丼のカロリーは、ご飯が一杯250ℊで計算すると白飯だけで420キロカロリーにマグロの切り身が10枚乗っていると考えると150キロカロリーとなりますので、570キロカロリーになります。もちろんトロを入れたり、漬けにするとその分カロリーはあがります。海鮮丼よりは低めになりますが、高カロリーの食べ物といえます。

サーモン丼のカロリーはどのくらい?

では続いてサーモン丼のカロリーを見ていきましょう。こちらもご飯が一杯250ℊで計算すると白飯だけで420キロカロリーになります。サーモンの切り身が27.5キロカロリーとして10枚で275キロカロリー。合わせると695キロカロリーとなります。マグロ丼に比べて脂身も多いので、そのぶん高カロリーになります。

最後に

丼ぶりの中でも人気な海鮮丼。魚介類が乗っているということで一見ヘルシーに思えますが、意外と高カロリーな食べ物なんです。カロリーを減らすにはご飯を少なめにしたり、今回紹介したカロリーの高い脂身の多い魚介を避けるなど調整が必要ですね。海鮮丼は栄養効果も高いので、疲れているときにもおすすめの一品です!

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin